GARDEN CITY LIFE~annex~

お越しいただきありがとうございます。当ブログは清水玲子先生の『秘密』のレビュー(時にネタバレ)と二次創作(こちらは一部BL要素含)のざっくり二部構成になっております。記事は単純に日付順に表示されておりますので、お読み頂く際はサイドバーや記事一覧などでカテゴリーをご確認またはセレクト頂けますと安心、安全です<(_ _*)>

『秘密』特別篇 2013年8月号(まっクロクロスケのお話)レヴューその④ 

昨日過去記事にたくさん拍手下さった方ー!ありがとうございます。過去記事なんて最近じゃ珍しい…のでびっくりすると同時に久々にどうか読まないで!っていう恥ずかしさを味わいました。あれは気まぐれピンポンダッシュですよね?ね?(^◇^;)ネタバレ、最終回ですw...
Read More

『秘密』特別篇 2013年8月号(まっクロクロスケのお話)レヴューその③ 

昨日は関東地方で大きめの地震があったようで…大丈夫でしたでしょうか?関東地方はついこの間も揺れましたよね?なんか気になりますね。昨日はうちの夫も関東出張中だったんですが、本当によく地震に遭遇する人です。続きです。ネタバレでしかありません。...
Read More

貝沼さんのことなど。 

クロスケの途中なんですが、すみません、早よ書けよ、なのは承知で、でも中休み的に昨日ヤマネさんの記事にコメント書こうと考え出したら長くなりすぎた考えなんかをまとめてみました(^_^;)。ちょうど鈴薪祭りでにゃんたろーさんもこのあたり書かれていて、それぞれ面白く拝読していたところで、今なら言ってもいいかも!ってまた例によって乗っかりました(笑)。これはヤマネさんがご自身のブログやまねの森の秘密で指摘されてい...
Read More

『秘密』特別篇 2013年8月号(まっクロクロスケのお話)レヴューその② 

引き続きネタバレです!...
Read More

『秘密』特別篇 2013年8月号(まっクロクロスケのお話)レヴューその① 

鍵付きにはしてませんが、リアルタイムで読まれていない方には盛大にネタバレになります(2年も前のお話ですがまだ単行本には未収録です)。本当に読んでいいですか?YES→このままどうぞNO→U切って(=引き返して)下さーい...
Read More

先日の『MOE』の対談に追加のお知らせです 

先日書きました萩尾先生と清水先生の美少年談義の対談ですが、萩尾先生の対談集「愛するあなた・恋するわたし」に収録されているそうです。あやさんから教えていただきました(ありがとうございます!)。私は萩尾先生の作品は存じ上げないのですが、お二人のお話はとても面白くてひき込まれました。自称美少年マニア、とかじゃなくても一種の文化として興味深いですよ(笑)。個人的には、中島梓さん(「クイン・サーガ」の栗本薫さん...
Read More

清水先生雑誌インタビュー(13:30追記してます) 

今回は対談ではなく、インタビューです。ひとつは季刊『エス』2007年(以下E)、もうひとつは『ぱふ』2008年1月号(以下P)です。あと、追記で『ダ・ヴィンチ』2006年7月号。←13:30追記部分前回の『MOE』対談はあまり『秘密』にクローズアップしない内容でしたので特に限定記事にすることもなかったかもしれないんですが、中にはあまり作者の語る作品以外の言葉は聞きたくない、という方もいらっしゃるかと思いまして、一応限...
Read More

ひとつ前の記事に、補足 

すみません、いっこ下の記事ですが、清水先生の対談記事が読めたので『秘密』に絡んでいそうな部分だけ抜粋して記事にしてみました。多分それほど中身は濃くないし、この前のたきぎさんの和訳によるインタビューほど内容は『秘密』に迫っていません。興味があり、暇つぶしに見てみよう、と思われる方は読んでみてください。パスワードはhimitsuです。...
Read More

清水先生『MOE』対談から 

この前の清水先生のインタビューを読ませていただいてから、追っかけのようにいろいろ読んでみたくなり、とりあえず地元の図書館にあったはずの『MOE』を探しに行きました。最初に行った時は4月の整理期間中に昔のものは蔵書から外れた、っていうようなことを言われたんですが、あまり日をおかずに長女の予約していた本を取りに行ったので、すみませんありました、って司書の人が覚えていて声をかけてくださって、今日借りてくる...
Read More

先日のインタビューを読んで。。。 

最近珍しく書く気が全く起こらなくて、書く気はなかったんですがこのまま書かないともういいや、ってなりそうなので先日の清水先生のインタビューを読んで感じたことを書いてみました。こんなのをあの圧巻の翻訳の上にかぶせてスミマセン…。個人的な考え、一意見です。※注 言うまでもありませんがなみたろうさんのリアル薪ニャンと脳内で遊ぶ方が遥かに楽しく有意義です。あのインタビューで何が良かったと言うと、まず私的には『...
Read More