GARDEN CITY LIFE~annex~

お越しいただきありがとうございます。当ブログは清水玲子先生の『秘密』のレビュー(時にネタバレ)と二次創作(こちらは一部BL要素含)のざっくり二部構成になっております。記事は単純に日付順に表示されておりますので、お読み頂く際はサイドバーや記事一覧などでカテゴリーをご確認またはセレクト頂けますと安心、安全です<(_ _*)>

薪さんと青木の公式(?)紹介を見て。。。 

この間自分で白泉社オンラインの『秘密』の映画化決定告知ページを紹介しておきながら、あんまりきっちり平常心で下の方まで読めてなかった私…今日、改めて下まできっちりのぞいてみました。これ、映画化の告知ページって言いうより、『秘密』について紹介してるページやったんやな(今更…)。

で、はじめて公式な(?)薪さんと青木の紹介文を読みました。

まずは薪さんの紹介文…ほぼ素直に読んでたんですが、でも、最後の方、身長いりますかね???…じゃなくて。部下の青木には厳しい反面「特別な信頼」も寄せている…って(「」は勝手につけてます)。「特別な感情」やなく?なんて言ったら不謹慎なんやろうけど、このへんの表現が限界なんやろうけど、高校生くらいの頃ならここもすらっと読めてたでしょうがさすがにツッコミました。それだけかい、って(笑)。

うーん。でもこのあたりさわりのない解釈が映画にも踏襲されるんやろうな、と思うとちょっと切ないなぁ、薪さん…。青木との関係、世間には海猿の仙崎(伊藤英明さん)と池澤(仲村トオルさん)のようにうつるんですかね(わかりにくいたとえでスミマセン…しかも池澤さん殉職してるし。青木も薪さんもきっと筋肉とは無縁やし。…違いすぎるか)。でもって青木は、薪に憧れと絶大な信頼を寄せている、まぁ、これもおっしゃるとおりなんですが。

信頼の寄せあい。上司と部下の、男どおしの美しい信頼関係、というやつか。そういうのも好きですが、男の友情とかも好きですが、でも『秘密』は薪さんのあの隠された微妙な青木への思い(少なくともただの信頼やないはず…そりゃもちろん信頼もしてるんやろうけど他にメインの感情があるはず)があるからこそ深いんだけどなぁ…そこを抜かれると、ほんまに私の中の『秘密』とは別物になりそう。


もちろん映画では原作にとことん忠実、そのまんま、一切ぼかさず描いてくれる可能性も無きにしも非ずですがそんなことになったらなったで怖いような(;゚Д゚)

あぁなんかジレンマ。すみません、まだ脱却してません、あの衝撃。早く立ち直ろう…。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Name - eriemama  

Title - Re: タイトルなし

> なみたろうさん

わかってもらえる人がいてよかったです💧ネガティブすぎるかと思ってたんで…

> まさか今回の連載再開は映画の前フリ?(いやそれは。そりゃ宣伝大切だもん多少はあるかもだけど、だったら手紙の返事メインとかファンが号泣するような内容にしないと)
私もちょっと思いました(笑)。でも卑屈になるなよー、ってカワコに言われてしまっときました(笑)。

> 喜ばないと。「秘密」が更に有名になるんだし、薪さんも少なくとも美しすぎる警視正として有名になるんだし。私達の神、清水先生も有名になるんだし。
> 変わらず愛してるのは間違いない!
なんか、好きな人の幸せのためならこのくらい我慢しなきゃ、諦めなきゃ、な気分でいろいろ呑み込んでます(^^; 呑み込みきれなくてまた吐いちゃったらごめんなさい💦(←汚いって…)
2014.12.20 Sat 00:40
Edit | Reply |  

Name - なみたろう  

Title - 

わかるーわかるーわかるー

んでイケメン俳優が演じた映画の二人しか知らない人が原作見て「なんか違う~」とかゆう。うわ。怒りしか覚えない。
まさか今回の連載再開は映画の前フリ?(いやそれは。そりゃ宣伝大切だもん多少はあるかもだけど、だったら手紙の返事メインとかファンが号泣するような内容にしないと)

やなことばっか言ってますね私。
喜ばないと。「秘密」が更に有名になるんだし、薪さんも少なくとも美しすぎる警視正として有名になるんだし。私達の神、清水先生も有名になるんだし。
変わらず愛してるのは間違いない!
2014.12.20 Sat 00:29
Edit | Reply |  

Add your comment