GARDEN CITY LIFE~annex~

お越しいただきありがとうございます。当ブログは清水玲子先生の『秘密』のレビュー(時にネタバレ)と二次創作(こちらは一部BL要素含)のざっくり二部構成になっております。記事は単純に日付順に表示されておりますので、お読み頂く際はサイドバーや記事一覧などでカテゴリーをご確認またはセレクト頂けますと安心、安全です<(_ _*)>

メロディ2月号『秘密』を読んで~青木と薪さんの関係編②  

蕁麻疹(?)に出してもらったあの眠くなるお薬のせいで、夜にスマホ更新、ができなくなりました(笑)。確実に寝落ちするので、その前に諦めて寝ちゃって早朝にリトライ(笑)。家族が起きるまでが勝負です…寝坊してくれー(コラコラ)。



以前、Misaさんが日常生活で「プレミアム」って聞くとドキッとする、っておっしゃってて、うわぁそれわかります(笑)、でも重症ですよね~的な話で盛り上がったことがあるんですが、しばらくはメロディの薪さんに気をとられて、私の中では症状落ち着いてたんですよね(・・;)。けど、実は総監がプレミアム会員らしい、とかがわかり、川谷親子が絡んでいながら未だにタジクたちとプレミアム繋がらなさそうな気配に、どーしたプレミアム、ちらついて終わりか!?と気になり出してから、またプレミアムが気になるんです病が出ています( -_・)✨

ないようであるんてすよね、プレミアムとの絡み(だからあのプレミアムとは違うって)。セブンプレミアムでしょ、プレミアムモルツでしょ、Y!プレミアムでしょ、プレミアムソフト(これなんてソフトクリームに始まりティッシュ、抱き枕、ピザ生地まで!)でしょ、プレミアムアウトレットでしょ、プリマハムでしょ(違うよー、違いますよー)…。あちこちから見張られてるような気さえする(単なる被害妄想です。上のは皆一切関係ないはず)今日この頃です。……ほら、気になりません?プレミアム、どう絡んでくるんでしょうね、ほんと凡人の私には想像もつきませんが。ジェネシスの後のプレミアムがどういう路線の組織になってるのか、薪さんが押したスイッチの正体並みに気になります。




そんなわけであまり青木と薪さんの関係性は追究していない続きです(タイトルに偽りがありましたすみません。そしてまた強引に話を曲げました。重ねてすみません)。連休中日の日曜の朝にふさわしからぬ内容です、寛容な気持ちでお読みくださいませ(* ̄∇ ̄*)。

ちょっと今回の2月号から話がずれるんですが、前に私、薪さんは性的なことにネガティブなステレオタイプを持ってるんじゃないかと思う、というようなことを書いたことがあって (これ)。それと似たような話になるんですが、最近本編の頃よりは感情も表情も豊かになられた薪さんが時折垣間見せる青木に向けられる感情の正体をまた私なりに推測してみました。どうでもいいよ、青木が好きなんだよ、と思われるのは承知で。 もはや趣味です

前の記事にも書いた通り、4巻のあの目隠しシーンがあるように、私薪さんは人並みに(普通の成人男性並みに)性欲ある人だと思ってるんですが、多分そんな自分を面倒くさいな、と思って持て余してる気がするし、男が好きとか言うのとは別に、女性をそういう対象にできないんだと思うんですよね。だから憂さ晴らしはああなるのでは、と(笑)。理由も前に書いたのと変わってないんですが…。で、青木のことは好きなんだと思うんですが、だからって別に青木を性的な対象として見てるわけではないと思うんですよね。その辺が、薪さんを単純にゲイだって言えない難しいところで…。

ジェネシスで薪さん、「子供を作る気などない」ってコンパ楽しんでた鈴木さん(他の学生さん)ちょっと軽蔑したような物言いをしてますが(笑)、まぁあの頃は年齢に反して薪さん精神的に一部では幼そうだし思春期の(笑)潔癖さもあったかもしれないんですが、この発言自体はその後の人生においてもスタンス変わってないと思います。結婚して、子孫を残す、っていう選択肢は最初から薪さんの中にはないと思う。排除してると思う。自分の血を残すのが嫌なんだと思うんです。澤村さんがああなって、少しは変わったかもしれないし、青木に「ご自分を許してあげてください」って言われて前よりは自分に寛容になったかもしれないけど、自分の中に流れてる血とか出生の経緯とかは依然呪う気持ちがやっぱあるように思うんです。それも多少、薪さんの自己評価に影響与えていそう。別に澤村さんを心底憎んでるわけじゃなく、愛情もあると思うんですが、恨む気持ちもあるはずだと思うので…。育ての親である薪パパや実母への想いも然りで、これもきっと複雑ですよね。薪さんの中の「家族」ってかなり特殊だと思われます。

だから青木が「薪さんは家族を求めてるのにそれを持つことが許されないんだ」って思って薪さんの身の上を不憫に感じ、それを自分の手で与えようとするのは、ちょっとそれはずれてるというか悪いけど思い違いなんじゃないの?少なくとも時期尚早なんじゃないの?と思う…(ごめんよ青木)。

今の連載を読んでて、特に2月号読むと、薪さんは確実に青木が好きなんだと思います。愛しちゃってると思う。けど、薪さんは女性を恋愛対象にできずかと言って男好きでもない、そもそも恋愛感情を持つことを禁じ自分にとっては無意味な、恋愛すること自体を避けてると思われるので(恋愛は相手あってのことだから、いずれ相手を傷つけることになる、だから避けてるのかもしれないですが)、その辺の深層心理をどこまで自分で理解してるのかは謎ですが、少なくとも青木への感情を恋愛だと認めてる、恋しちゃってる自覚があるとは思えない。そこには抵抗しながら、けどどうしようもなく惹かれてるし大切に想ってる、嫉妬さえする、なのに恋愛的なものではない次元で、今の薪さんの中で一番大切な存在なんだと思います(なんか苦しい感情だ…)。ひょっとすると鈴木さんもそんな感じだったのかな。で、雪子さんにこの2人についてズバッと指摘されちゃうと(←デリカシー!!)キレちゃったのかな(笑)。天才薪さんでも整理できない、消化、処理できない心の矛盾と言うか、一番触れたくないところなんでしょうね。まさに地雷。それ踏んじゃう雪子さんすごい(笑)。

で、そんな流れを踏襲してややこしい薪さんなんですが、これを機にちょっとは青木への想いをまっすぐ見つめられたらいいのにな、と思います。人に恋する気持ちがあったっていいと思う。悔しいけど、青木にはその価値があると思う。あんなに見立てに自信がある薪さんなのに、自分への見立てにはとことん背を向けるんですね(笑)。



…なんか連載からだいぶ離れたようですが、そろそろ青木にも触れないとな(笑)。←ちょとだけ



でもすみません、またブツ切れ状態で放置になりそうです(笑)。多分長女起きました。続きます。そういや今回久々に標準語で頑張ってみたんですが違和感ないです…よね?(笑)。こちらはなんか背中がむず痒いんですが…(多分それ蕁麻疹…)気が向いたらまたチャレンジしよう(^^;この方が読みやすいですよね、関西圏以外の方はきっと。

それと、この間から鍵コメなどいただいてるF様、T様、S様、ありがとうございます!読ませていただいて、思うところやお伝えしたいことはあるのですが長くなりそうだったのでまたパソコンを気兼ねなく(笑)使える状態になりましたら記事かコメント欄でお話させて下さいませ。。。






関連記事
スポンサーサイト

Comment

Name - eriemama  

Title - Re: うん

> K@zumiさん

多分普通はもっと薪さんの火遊び(?)のお相手は!?とか青木と薪さんくっつくのか(笑)とかを妄想するのが楽しいんやろうな、と思うので、こんなことを理屈っぽく考察してる私イタイよなあ(-o-;)、って冷静になるとふと悲しくなります💧

けど頷いて頂けて嬉しいです(。-ω-)

> この辺はお酒とかのみながら話したいところですね(´∀`)

あ~、いいですねぇ、お酒進みそう(笑)。
2015.02.07 Sat 16:02
Edit | Reply |  

Name - K@zumi  

Title - うん

わかるー。

この辺はお酒とかのみながら話したいところですね(´∀`)
2015.02.07 Sat 09:34
Edit | Reply |  

Add your comment