GARDEN CITY LIFE~annex~

お越しいただきありがとうございます。当ブログは清水玲子先生の『秘密』のレビュー(時にネタバレ)と二次創作(こちらは一部BL要素含)のざっくり二部構成になっております。記事は単純に日付順に表示されておりますので、お読み頂く際はサイドバーや記事一覧などでカテゴリーをご確認またはセレクト頂けますと安心、安全です<(_ _*)>

青木のこと。 

鈴木さん。薪さん。…ときて、呼び捨てしてごめん青木<(_ _*)>ひどく申し訳ないけど私の中ではこのおふたりとは違うの( ;∀;)。



でも青木のこと考え初めてから、記事にするまでは過去最高に時間かけました。この辺が他にはない愛情です(笑)。←色々よそ見してただけやろ(-o-;)。

連載の、というより、これまでの青木と繋がってると思うのでこの前の続きにするのはやめました。でもって、清水先生の意図とか他の見方は気にしない私目線の青木についての印象です。理想の、とか妄想の、とかおいてけぼりです(・・;)。がっかりさせたらすみません…。




前々から、カザフがらみの話になってからの青木、薪さんへの気持ちが募ってるように見える、って書いてきましたが、確かに本編ラストあたりより、ずっと気持ちは膨らんで、大きく深くなってるんだろうな、と思ってます。それは相変わらずなんです。

けど、ある面においてはものすごく(無自覚な)堅物…石頭であることも、変わってないんやないかな、と思うんですよね。まぁそれが青木の持ち味というか、青木なんですけど(笑)。おかげで薪さんは余計に青木から逃げざるをえないのかもなぁ、と…。



連載が再開してからしばらくハラハラさせてくれたあの青木のややこしい手紙なんですけど、薪さんがどうとったか、は置いといて、あくまでも書いた青木サイドオンリーで考えると、やっぱりあれは、プロポーズというか、愛してるから家族になって下さい、っていうような、一般的に好きな女性に向けて書くようなものとは、文面がまさにそんな雰囲気なんですが、違ったんやないかな、と思います。原作青木の気持ちの高まり方は、恋愛感情の高まりとは違う、と未だに私、しつこく思ってるんですよね(笑)。加えて青木、河原での薪さんの手紙絡みの仕打ちを、あれは薪さんが自分を遠まわしに窘めたのだ、って捉えて自分の浅はかさを恥じたようですが、それも別に、上司にラブレターまがいの手紙送って職場に返事聞きに押しかけてお前恥ずかしくないのか、って叱られたよグスン、じゃなくて、薪さんが自分に課していることをわかっていて、その覚悟に守られて仕事をしている自分が、感情に揺さぶられるまま横槍を入れる(水を差す、かな)ようなことをしてしまった、そのことを恥じたんじゃないかな、と。

薪さんが求めているのは、薪さんが突っ走っている人生のレールに、たとえちょっと遅れても沿うようにレールを伸ばしついていく、そういうことで、薪さんのレールを途中でちょっと曲げて、自分のレールにつなげて一本にしてもらう、あるいは自分のレールの方を曲げて、薪さんのレールに連結してもらうことでもない。そこはわきまえなくちゃいけないんだ、みたいな感じですかね(あくまでも青木的には、の想像ですが)。薪さんは基本、誰かと寄り添って生きていくタイプではないと思うんですよね。いくら傷ついても寂しくても孤独でも、一人で前向いて顔上げて生きてくんだろうな、という気がするし。愛しいと思う人ができても、同じ時間に生きていければいい、的な。だから青木のアプローチで、薪さんがその手を取ることはきっとこの先ずっとないんじゃないかと思う…そんなー、って思うんですけど、薪さんも別に青木の想いが迷惑だったりするわけじゃないとは思うんです。きっと嬉しさはあると思う。けど、そこでありがとう、と言ってしまうには、過去が重すぎる。普通に生きてきたなら青木の手を取ることは全く身勝手でも後ろめたい事でもましてや悪い事でもないんだけど、自分の幸せに正直になれないのは、今の薪さんがたくさんの犠牲の上に生きている、生かされていることを自覚しているから。誰かと共に歩んではいなくても、自分だけの自由な人生では既になくなってしまっているから。そんな風に自分を厳しく戒め誰の人生にも重ならず深入りしない生き方を歩んでいる薪さんを変えることは、いかに青木でも無理なんじゃないでしょうか。

ただここで、そんな手紙を出した青木を擁護するなら、彼もまた自分の薪さんが好きとか大切とかいつまでも薪さんだけに我慢させちゃいけない、いつも自分を後回しにするあの人を見ていたくないとかいう気持ちだけであの手紙を書いたわけじゃないと思うんです。自分の気持ちを満足させるだけのために出た「提案」ではないと思う。

今まで青木は第九に入るまでまっすぐすくすく幸せ街道まっしぐらに育ってきた、純粋栽培されて来たみたいに書いてましたが、これはあくまでもそんな印象を受けちゃうくらい彼ってまっすぐで純真な心の持ち主ですよね、ってつもりなんですが(今更誰も信じませんかね…そうですよね)…だってほら、お父さんが亡くなった時は本当は自分の仕事のこと良く思ってなかったんじゃないか、みたいな不安を抱えていたようだし、自慢の息子、というわけじゃないのかもしれないな、みたいなちょっと屈折したものを両親に抱えてるようだったし。実際あのお母さんなんて、あんまり息子思いでもなさそう。どっちかというと自分のために生きてそうだし。パッと見幸せを絵に描いたような家庭でそれなりに裕福で恵まれた育ち方はしたんだと思うんですが、別に愛情に飢えてたとかではないと思うけど、実の親子でも、家族でも心の底から分かり合えないこと、っていうのはある、素直に認め合えない苦しさもある、みたいなことは一応経験してきたのかもしれないよな、って思っていて。まぁそこで脇道へそれちゃう、ひねくれちゃうパターンもあると思うんですが、そうはならなかった、ってだけかな、と(笑)。

けど、お姉さん夫婦の死、っていう悲劇があって、舞ちゃんを自分の元で育てることになって…叔父と姪、って言っても、同じ被害者だって言っても、見方を変えれば舞ちゃんは青木の姪でなければ両親を奪われることはなかったわけで、青木が第九に進まなければ悲劇を背負うことはなかった、とも言える。将来はひょっとするとわだかまりを抱えることになるかもしれない。青木だって、あれは青木に落ち度があったわけじゃなく、何か悪いことをした報いとかでもないけれど、舞ちゃんに対して何の罪悪感も抱えていないわけではないと思う。でも今は、そんな感情に負けずに、寄り添って生きてる。互いを支えに、本来は家族として生きる関係ではなかったけれど、「家族」でいられてる。この先だって家族でいられる、そう信じているんだと思うし、そこに幸せも感じているんだと思う。それは、何より舞ちゃんを純粋に愛している、慈しむ気持ちがあるから。そんな関係に青木は、同じように舞ちゃんや青木を巻き込んだことできっと負い目を感じ自分を責めているだろう薪さんとの関係の未来を見つけたのかもしれないって思うんです。一度はもう共に過ごすことは、時間を共有することはないかもしれないなと思ったけれど、そんな風に諦めない、過去にしない、未来の可能性を見出した…望んだのかもしれないな、とは考えられないかなぁと。もちろんそれは、青木と薪さんとでは背負ってきたものが違うから、そこをまだ青木が理解できていないが故の浅はかな希望、なんだとは思うんですが。青木にとっては傷付いた者同士が労りあって寄り添いながら生きていくことは罪ではないのだと思う。一人で生きる強さより支え合うことで得る強さ、それが薪さんを孤独から救うんじゃないか、と思うことを責めちゃいけないのかもしれないな、と思う。だって青木には薪さんが内に抱えてるものなんて、知りようもないんだから。悲しいけれど、経験した者にしか辿りつけない境地とか、見えない景色、というものは厳然とあって、青木と薪さんが立っているところは、いつも近いけれど別の場所だ、っていうことなんだと思う。薪さんは待っているから、と言ったけれど、ふたりが同じところに立って、同じものを見て、同じ気持ちを共有する、という結末は、この話にはこないような予感がします(ああごめんなさいでもだからってハッピーエンドじゃないとか最悪な結末になるんじゃないのとかは言ってないです!本編の終わり方も、微妙だったけどあれはあれで不幸ではなかったと思ってるし!←何故慌てる)。




それとですね(まだあるんか…)、さんざん扱き下ろしたEND GAMEの時の、「秘密なんてどうでもいい、どうでもいいんです」は今更ですがちょっと見方を変えて、青木のこと見なおしてるんです(笑)。あれって、薪さんの秘密に関心があるんじゃない、俺があなたを好きだってことだけわかって下さい、だと思ってなんて勝手な、それじゃ薪さん根本的に救われへんやんって思ったりもしたんですが、違ったのかなって。

薪さんの抱えてる秘密は、ひとりで守らなければいけない、誰かと共有することなんて許されないもので…だから大切なものを諦めたり失っても必死で守ってきたんですよね。それを他人が知ってしまったら、世界どころか薪さん自身を壊しかねないもの、だと思う。そういう、大きさやその影響力は違えど誰もが抱えてる、死ぬまで守り切らなければいけない、どんな理由があれ踏み込んじゃいけない秘密があるという事を知った青木が、その秘密ごと薪さんを認めた、秘密を抱え込んだままでいいんです、それがあなたなんだから、という思いから出た言葉なのかな、と今頃思い至りました(ああもうみなさん気付いてますよね青木馬鹿にし過ぎてそこまで気が回らなかった私こそ馬鹿なんですよ)。

秘められたものがあっても、それをさらけ出してくれないからと言ってその人を愛さない理由にはならない。すべてを見せてくれないから、踏み込ませてくれないからと言って、許さないなんてことはないんです、あなたのことが好きな人は、そんなことで誰もあなたを責めたりしない、傷付いたり、離れて行ったりしない、そういう人は自分の他にもたくさんいるじゃないですか、っていう切実な思いだったんだろうな、って思う。薪さんを取り巻く皆が、そんな風に同じように秘密ごと薪さんを認めている、今、守りたいと思っている。だからもう後はたったひとりだけ頑なにそんな自分を許せずにいる自分を、自分自身で許すだけでいい。それだけがあの時の薪さんを絶望から救い上げる、たった一つの方法だ、っていう答えにたどり着いたのかも。それは薪さんを大切に大切に想うからこそ至った青木の結論なんじゃないかなぁ…。LOVEじゃなくても、こういう想い方が、青木の想い方なんだろうな、って妙に納得しました(勝手に)。



さて。で、最初の方で言ってた青木の気持ちが膨らんでる、という話なんですが。青木が薪さんに向けている気持ちって、前に青木がアメリカの薪さんの元に視察に行ったときに「おまえは僕になろうなんて思うな」って言われたように実際第九に入った時からずっと憧れ、これに尽きてるような気がするんですよね。雪子さんが前に青木には薪さんが憧れているものがつまってる、みたいなことを言ってたと思うんですが、薪さんには青木が持ってない、憧れてるものがつまってる、それで、ちょっとでも近づきたい、認めてほしい、必要とされるようになりたい、その一心。そんな思いが強すぎて、本当は人が羨むようなものを持っているのに、それには気付いてない。それじゃ勿体ない、誰かのコピーじゃなく、おまえはおまえらしく生きた方がもっと輝くんだぞ、って薪さんが言ったのはそういうことだったと思うんですが、相変わらず基本的な青木の姿勢は変わってないように見えます。うっかり薪さんにお仕えしちゃうところなんかはもう、薪さんを敬愛してるからこそだと思うし。誰だって尊敬する恩師みたいな人には認められたいと思うし役に立ちたいと思いますよね。そういうところから脱してないなぁって。そこを出られたら、きっともっと人間的に伸びる…今も本編の頃と比べたら成長したと思うけど、もっと成長して、薪さんの抱えてるものも、今より見えるかもしれないのに。まぁでも、そんな未熟な青木だから共感するというか、同じ目線で薪さんが見られりするんですけどね、私なんかは。青木のこの、届かなさがいいなんて言ったら怒られそうですが鈴木さんのようにできちゃってない感じが好きなんですよね。…うわ、結局私やっぱ、青木が好きなのか(←ちょっと不本意)。

それにしても薪さんと青木って本当にお互いに違う形ではあるけど想いあってる。想いの重ねあいじゃないですか?雪子さんが羨むのもすごくわかるいい関係だと思う(じれったいしもどかしいけど)。




うーんなんだかたくさん書きましたが何回も書き直しましたが相変わらず表現力が追いつかずうまくまとめられませんでした。ええっと、結局どういうことですか?って思われると思うんですが……。

…さぁ?

なんて言ったら叩き潰しますか?どなたかうまくまとめて下さい…。というか、おかしいですよねいろいろ。でも、どうか流して下さい。ただの一意見ですので。まだいろいろ考える余地があるって読み手にとってはありがたい、幸せなお話ですよね。




最後に全然関係ないですがこの間からはまってる「村上さんのところ」で村上春樹さんが言ってた言葉がおかしかったので噴出しちゃったんですよね。「世界の墓場は秘密であふれてるとおもいます」って(笑)。墓場まで持ってかなきゃいけない秘密は、生きてると必ず生まれて誰もが持って旅立つものなのかもしれないよ薪さん、って思ったりしたのでした(笑)。


関連記事
スポンサーサイト

Comment

Name - eriemama  

Title - Re: こちらでははじめまして!

>ちえまるさん

> 先日は当ブログに遊びに来ていただいてありがとうございました^^早速リンクはらせていただきましたので、問題ありましたら言ってください!(事後承諾でごめんなさい!)うちはあんまりもう、更新してないマイペースブログですが!こちらの更新は楽しみにしています^^

いえこちらこそ!こんなところに来て頂いちゃって。。。すみませんなんかごちゃごちゃした感じで(;・∀・)
ひっ散らかして掃除もしてない部屋見られちゃった感じですi-229。しかもリンク。。。いいんですか???ここ、更新だけはしてるけど全然秘密に一本化してないブログなのにi-238
途中で気が変わったらいつでも遠慮なくはがしちゃってくださいねほんまに。。。でも、ありがとうございます。なみたろうさんもMisaさんもですが、本格的に秘密ブログされてるみなさんに声かけてもらえて、ちょっとずつ混ぜていただけて、もう、幸せもんです(*^^*)。
私もさっきリンクはらせていただきました。これで人様のブログ経由でなく直にお邪魔できるようになりましたi-202

> 私も「青木の感情」が、恋愛感情か否かってところに興味があります。「秘密」全体で、そこは「触れてはいけない核心」みたいなところがありますよね。

うわほんとその通りですよね。「触れてはいけない核心」だなんて名言(*'▽')!これ以上に形容の仕方ないかもですね。。。


> 本編の終わりでは、私としては「親子の愛」のような感覚で落ち着いたのかなって思ったんですが。青木と薪さんがお互いに、「自分の命よりも大事な存在」になったような。でもこのスピンオフで、恋愛感情に踏み込むのか!?しかし、あの清水先生が、そうそう簡単に腐女子を喜ばせないよな~とも思ったり…
> こーやって「秘密」に振り回されてるのが、苦しいけど楽しい…のかもしれませんね!

親子愛(笑)。確かにそんな感じかも。私も師弟愛っぽく見えたから似てますね。でも命がけでも守りたいとか言ったらもう親子愛しかないですね( *´艸`)青木みたいに鈍感な息子嫌だな(笑)。爆弾スイッチ放して青木の元に駆け寄ろうとする薪さんとか見てると、「自分の命よりも大事な存在」(これもすごい!名言すぎる!)っていうの頷けちゃいますね。青木にとってもきっとそうですよね、撃たれても駆け寄って抱きしめたわけだし。。。あぁもう、一度でいいから死ぬまでに清水先生が本格的に描かれるBLが読みたいです(笑)。秘密でなくてもいいから(笑)。

私はごちゃまぜでブログやってるので、またあとひと月くらいブログでは秘密には触れないと思うんですが(゚Д゚;)、またメロディ発売された頃にでも一緒に盛り上がらせていただけると嬉しいです(笑)。こちらこそよろしくお願いします。また過去記事、読ませていただきにお邪魔しますね~(楽しみ♪)。
2015.01.23 Fri 16:30
Edit | Reply |  

Name - ちえまる  

Title - こちらでははじめまして!

先日は当ブログに遊びに来ていただいてありがとうございました^^早速リンクはらせていただきましたので、問題ありましたら言ってください!(事後承諾でごめんなさい!)うちはあんまりもう、更新してないマイペースブログですが!こちらの更新は楽しみにしています^^

eriemamaさんすっごく考えてますね!とゆーか、秘密自体が考えさせられる漫画ですよね~

私も「青木の感情」が、恋愛感情か否かってところに興味があります。「秘密」全体で、そこは「触れてはいけない核心」みたいなところがありますよね。

薪さんが青木に対して抱いてる想いは、クロ(恋愛感情)っぽかったけど。雪子に嫉妬とかしてたし。でも青木が薪さんへ抱いてる想いって…ちょっとよく解らないところありますよね~;;;;やたら「ノーマル」を強調されるし;戦友とか、そういうニュアンスも強調してくるし。薪さんの青木への気持ちなんて、岡部や雪子ですら気づいてたのに、青木は気づかず…最強の天然っぷりでしたしね!

でもって、その、恋愛か否かのギリギリのラインを楽しんでる~ってところもあります(私だけかな…;)この、もどかしさ!

本編の終わりでは、私としては「親子の愛」のような感覚で落ち着いたのかなって思ったんですが。青木と薪さんがお互いに、「自分の命よりも大事な存在」になったような。でもこのスピンオフで、恋愛感情に踏み込むのか!?しかし、あの清水先生が、そうそう簡単に腐女子を喜ばせないよな~とも思ったり…
こーやって「秘密」に振り回されてるのが、苦しいけど楽しい…のかもしれませんね!

これからも宜しくお願いします^^
2015.01.23 Fri 00:39
Edit | Reply |  

Name - eriemama  

Title - Re: タイトルなし

>Misaさん

色々考えたんですが、やっぱ青木は誰が演じるのか、の方が考えるの楽しいです(笑)。

そういえば最近パタッと読み返さなくなった本編、また読み返してて(笑)。本編について、Misaさん記事書かれる予定なんですよね。またちょっと懐かしい薪さんのイラストなんかも描いていただけるのかな✨密かに楽しみにしてます♪私は今の連載始まった頃からブログ始めたのもあって、自分では好きなシーンとか話についてしか書いてないし、誰かが本編について書かれたのもほぼ読んだことないので、他の方がどう読まれたのかな?ってシーンとか話が結構あるんですよね。特に最初の数巻なんかは、今の連載に絡めて語られる、ってこともあまりないように思うし。せいぜい滝沢の辺りからじゃないですか(´∇`)?でもどの巻も名作ばっかで、語らずにいるのは勿体ないよなあってよく思うんですよね(笑)。

……映画はどの辺の話を描くんでしょうね。きっと最初の頃の話だと思うんですが…そこは興味あるなあ。誰が薪さんやるのか、と同じくらい(笑)。実はジェネシスからで、青木出なかったら笑えますね。薪さんのややこしい想いも中途半端に描かれずにすむからいいかもですが(笑)。
2015.01.21 Wed 23:27
Edit | Reply |  

Name - Misa  

Title - 

eriemamaさんにこんなに考えてもらって青木は幸せ者ですね
私は少しづつ考え方が変わってきて今はほぼ固まっちゃってるので最近は余り考えてないかも(((^_^;)

…さぁ?
に笑っちゃいました~
でも気持ちわかります
こんな風に悩まされるのも秘密の魅力の一つなんだろうなぁ

2015.01.21 Wed 22:44
Edit | Reply |  

Add your comment