GARDEN CITY LIFE~annex~

お越しいただきありがとうございます。当ブログは清水玲子先生の『秘密』のレビュー(時にネタバレ)と二次創作(こちらは一部BL要素含)のざっくり二部構成になっております。記事は単純に日付順に表示されておりますので、お読み頂く際はサイドバーや記事一覧などでカテゴリーをご確認またはセレクト頂けますと安心、安全です<(_ _*)>

メロディ10月号『秘密season0ー可視光線ーACT.1』を読んで②(ネタバレ含みます) 

引き続きネタバレですー。





再び時間は現在へ。

「桜木さん!桜木さん…!!桜木さん…!銃を置いて下さい。僕にあなたを撃たせないで下さい」

ああああ…!と叫びつつ半狂乱の桜木さんに懸命に呼びかける薪さんです。よく見ればさっき桜木さんに撃たれた由花里さんの他にも倒れている人物が。しかも男。え?誰…?(゚Д゚;)それで銃声2発だったのでしょうか。あと、これも謎だけどウイッグのようなものが落ちてます。このせいで誤射?…なんにせよ今の段階では全くわからないので、このあたりはいいかな…。

由花里お嬢さんを抱きかかえたまま、銃口は相変わらず自分の頭に押し付けたままの桜木さん…。それを片膝をついた姿勢でまっすぐに銃を構え、いつでも引き金を引けるよう見据えている薪さん。でも薪さんがそうまで必死に銃を構えその時に備えているのは、間違いなく桜木さんを狙い撃ちするためなどではなく、彼が自ら命を断つのを何としても止めるため…なんだと思う。鈴木さんの時のようにお互いに銃を向けあっているわけじゃないし、きっと薪さんが狙っているのは桜木さんの腕なり手なり、ですよね。けど、もう撃ちたくないんだろうな、1発も。きっとこうして銃を人に向けること自体が薪さんにとっては罰にも似た痛みを伴うことだと思うし、きっと桜木さんを止めたい、という気持ちが強くなければ耐え難い状況ではないでしょうか。

でも薪さんのそういう気持ちは、周囲に向けるささやかな愛情は、残念ながらごく一部の人にしか理解されないし届かないんですよね、往々にして。好意を向けても情けをかけても何も返ってはこないのに、それでも向けてしまう、かけてしまう。そういうところが好きなのだけど…この報われなさ。しかも今目の前にいる桜木さんは全く相手のこと考える余裕なんてなさそうで、、涙を流しながらも、恨みとも憎しみともつかない負の感情のこもった形相で薪さんのことを睨みつけているし。逆恨み?
「おまえにわかるか…薪。…おまえにオレがわかるか」
イヤだー(ーー;)ちょっと貝沼っぽいよ桜木さーん;;;; ←失礼
すみません若干苦手です、桜木っち…(・・;)
桜木さんに向けられた言葉に何を思ったか、薪さん一瞬ハッと目を瞠ったものの、すぐにまた険しい表情に戻り桜木さんを見据えます。なんだろう。どういう感情の表出だろうが意識が自分に向いたことで完全に錯乱しているわけじゃない、理性が残っているならとっかかりを掴めば何とか収拾がつけられるかも、とか考えた?それとも別の何かが過ったんでしょうか。
「おまえに…わかるかあっ」



ハイ、いいところですが、またかよ、ですがここでコマーシャル、…じゃなくて3ヶ月前に戻ります。行ったり来たり…。

警視庁警務部の自分のお部屋にいらっしゃる桜木部長さんです。ガッと怒りに任せて蹴りつけた机(多分)から、飾ってあった家族写真(誰の目にもわかるほど、家族の中で幼い桜木さんが浮いているのはやっぱそういうことなのか…)が床に落ちてフォトフレームが派手な音を立てて割れちゃいました。東大卒のキャリアには破壊癖のある方が多いのでしょーか。背を丸め、立っているのがようやく、という感じで机に手をつき、片手で口元を覆って大きな息を繰り返していますが…あまりの屈辱とか怒りで吐きそう、という図?なんだか後ろ姿のシルエットはだいぶ違うけど、床に倒れたゴミ箱とか落ちてる書類や割れたフォトフレームのガラスとか、どっかで似たような光景を見たような…と思ったら何となく6巻で見た不安定だった頃の薪さんin室長室?もちろん薪さんがコーヒーメーカー割ったのは鈴木さんの幻覚に苛まれていたからでかなり事情は違いますが、出生のきっかけが似ていたりさっきの銃口向ける緊迫のシーンとかこのシーンとかデジャブが多くないですか?気のせいすぎますか?何か意図があってなのかなー?とか思ったんですが気にしすぎかな…。

一方青木のプレゼンは薪さんが雰囲気変えたのもあるんでしょうが、あれで青木もシャキッとしたのでしょう、兎にも角にもラストはスタンディングオベーション(←オーバー?)。成功のうちに幕を閉じた模様です。会場を包む拍手(←オーバー?)にジワっと涙ぐむ青木。こういう感動を忘れないでこれからも日々精進して下さい。そしてもっともっと薪さんを惚れさせないとあの人自分から告白なんてしないよ?

ホッとする青木を囲む、今井さん、小池さん、曽我さん。可愛い旧第九の末っ子の発表会の成功を喜ぶお兄様方、の図のようですw
「青木…!よくやった…よく最後まで頑張ったな」(今井さん)
「おー青木!また泣いちゃうんじゃないかってハラハラしたぜえっ」(小池さん)
青木、完全にお子様扱い。小池さん、残念だけどさっきちょっと涙してましたよ?感涙だけど…。
「今井さん…!小池さん」
青木青木、曽我さんもいるんだけど(^^;; ←宇野さん忘れてた奴が何を言う
ちょっとした同窓会のような雰囲気になったところで、気を利かせた今井さんが薪さんの許へ向かいます。ちょうど薪さんの傍には駆けつけてきた岡部さんの姿もあり、今井さんたちに気づいて母さんも笑顔。そして小池さんたちに促されて進み出た青木はようやく薪さんと感動のちゃんとしたご対面。前の連載では晩餐会の一件の後ずーっと寝こけていて(いや、大活躍だったけどね…ちょっと休んでただけだけど、でも、でもでもその間に色々あったんだよ…)いざ動けるようになって九州に帰る時にはタジクに薪さん持ってかれて(嘘です)会えなかったから、中途半端に別れてましたものねー。あの時はいいんです、とか悟ったようなこと言っていた青木ですが、いざ麗しの薪さんを目の前にするとデレデレ(笑)。顔が緩みまくってパアッとバックにお花が咲いているかのようなときめきっぷりに見えるんですけど(笑)。何で?ねぇ、何で?(笑)

その青木に澄ました表情で髪をかきあげたかと思うと、薪さん、「…あい変わらずおまえは」と満面の笑み。青木のメガネの奥の瞳はこれ、もう完全に恋に落ちてるようにしか見えないんですが(^^;;違います?「ま…」と言いかけた青木、薪さんってば相変わらずなんて可愛らしい…とか続けようとしてないですか?違う?(笑)

この薪さんの天使のような微笑みに思わずハグでもしようとしかけたのか、単に握手でも求めようとしただけなのかは知りませんが、青木、どさくさに紛れて薪さんに向かって手を伸ばしかけて…た?え?どうした青木、と思ったのも束の間、そうそう気安くお触りを許して下さる薪さんじゃあございませんでした。パシッと手持ちの書類で青木の顔をはたいたかと思うと、「バカで詰めが甘い」とのありがたいお言葉…。そのまま手にしていた書類を青木に進呈です。残念青木、リベンジするなら一応二人きりでないとね、ここ、人がまだいっぱいいそうだし。薪さん小さいけど目立つし、ほら、トイレとか、ねぇ(・・;)得意でないの?
「永江のこの特性が遺伝するとわかっててなぜ追跡調査していない」
まだお仕事モード全開な薪さんからはさっきのプレゼン絡みのお話が続きます。永江は独身のままだったため、青木は必要ないと判断したようですが…(本人談)。
「自分で読み上げた永江の罪状を思い出してみろ」
「?は?」
きょとんとする青木を残し、必要なことは言ったとばかりくるっと方向転換しちゃういつものマイペース薪さんに慌てる青木。おなじみの光景を前に、え?もう?とこちらも見慣れた反応の岡部さんです(笑)。薪さん照れるとそっけなくなるから…。まったく岡部さんったらあなたが早く手紙の件、アシストしてくれないからですよー?頼みますよ?でないとこのふたり…というより薪さん?ずっとこのまんまかもしれませんよ?いいのかな放っておいて…(そわそわ)。
「あ、あの薪さん!薪さん!さっきはありがとう…」
つれない薪さんに追い縋る青木(笑)。行け行け頑張れ!今日の薪さんは車じゃないからね〜、急発進とかしないし!
「ありがとうございましたぁ!」←岡部さんも恥ずかしくて赤面ものの大声
…よかったね久々に言いたいこと呑み込まされずにすんで。ちゃんと言わせてくれたね、薪さん( ; ; )
しかもその青木に、去り際の薪さんが肩越しに見せた優しい微笑みったら!!美人すぎる!!青木の果報者!!
薪さんの微笑みには言葉以上のものがあります、いつもいつも。
そしてここで、てっきり青木と私くらいしか見てない微笑みだと思ったらそんな麗人薪さんを惚けたように見つめるもう一つの視線が!全都知事のご令嬢、黒谷由花里さんです。
そりゃあ魅入っちゃうよね…当然の反応ですが、ごめんなさいその方には想い人がいらっしゃいますので残念ですが…(以下略)。背後からお車の用意ができました、って言われてるのにガン見しすぎです(笑)。どれだけ想っても報われない人に恋している者同士、同情は禁じ得ませんがちょっとムムムッ!(笑)

一方その頃青木は例の場所に一時退避。例の場所…ハイ、お約束のトイレ(笑)
いやまぁ、薪さんからもらった書類誰かに見られたくないのかもしれませんし静かで落ち着ける場所を求めてトイレで新聞読むお父さんの習性に似たアレかもしれないんですが、もしくは薪さんを前に舞い上がった気持ちを静めるための頭冷やせ自分なノリかもしれないんですが……いい加減、他あたろうよ、青木(ーー;)。もしかしたらそういうところのせいで未だに新米室長呼ばわりされてるのかもよ?(-_-;)
すっかりトイレは青木の一時避難先と薪さんとの密会の定番の聖地と化しておりますね(・・;)

個室にこもった青木は書類に目を通しながら、さっきの「逮捕されるまでわかっているだけでも『婦女暴行』13件」のくだりを思い返していました。薪さんの何故追跡調査しない、の声が頭に響く青木ですが暴行された女性のリストには当時高校生だった少女も。性犯罪の追跡調査は、被害者にとって触れられたくない記憶をしまっている領域に踏み込まなくてはいけないから、懸命に当事者が癒そうとしている傷をまた開く恐れがある…そんなことを考えて、躊躇してたのかもしれませんね、どっかで。でも「わかっているだけでも」ってことは、被害届が出されなかったりして明るみになっていないものがある可能性があるし、ひょっとすると被害者が永江の遺伝子を持つ子を産んでいないとも限らないわけです。追跡調査をしろ。薪さんがこの資料を青木に託したということはつまりそういうことなんですが。
「でも薪さん…!」
苦悩する青木。ちょっと、絹子事件の時露口のMRIを見ろって言われた時の青木を思い出します…。

それで。本当に今回視点がコロコロ変わるので忙しいのですが、今度は引き続き薪さんに一目惚れ、多少わからなくもないけど複雑な由花里お嬢様です。興信所でも使ったのかなんなのかはわかりませんが、薪さん情報とついでに隠し撮りっぽい写真を手に入れて嬉しそうなお嬢様。おかげで薪さんの経歴おさらいできたのでいいんですが、写真嫌いの薪さんの貴重な写真…しかもなんかチーッス!みたいなポーズで微笑…どんなシチュ(^◇^;)。岡部さんが見切れてはいるけど入ってるのもいいなぁ(笑)←マニア

ええー、ここで薪さん情報をせっかくなので整理しておきます。
●薪さん、ギリギリ40手前でした。39歳。
●名家、薪家の出身(澤村さんとのことは身辺調査とかで出てこないんですかね)。
●東大法卒(青木の先輩)、2049年卒。現在は科学警察研究所所長(でもこの役職、飼い殺しに近いとか言われております。そうなの?飼い主はやっぱあの長官?)で警視長。
●MRI捜査の第一人者で海外での国際プロジェクトにも参加、表彰されたことも(世界的に有名?)。
●鈴木さんの射殺事件、チメンザール絡みの映像流出事件では責任を取って一度第九を去るなど暗い傷も多い。
●キャリア組の中でも異端で、人物評価が分かれている(笑)←表裏激しいからな…(^^;;

…たくさんの情報が提供されましたが、お嬢様は多分最後2つは聞いてないな(笑)。わかりました、ありがとうございます、ってすごく嬉しそう(^^;;

そんなお嬢様はこの人前でも構わない素直すぎる反応ぶりなどからして結構な箱入りなのではないかと思われますが、もう20代とかいう若さでもないようです。きっとご両親はいつまでも嫁に行かない娘を心配してあちこちあたられたんじゃあないでしょうか、お見合いが来ておりまして。

相手は東大卒のキャリア、2049年卒、階級は警視長の出世頭。お父さんから話を聞いた時点では相手の写真は見ていなかったようですが、ここまでかぶってくるともう、薪さんしかいないでしょう…何それー!?お見合い!?あの薪さんが!?ああ口からザザーって砂出そう…( ̄◇ ̄;)

お嬢様の脳裏には先日のシンポジウムでの薪さん迫真の「続けろ!(何ボッとしてる!)青木続けろ!(この僕に鍛えられたお前がこれくらいでビビんな!)続けるんだ!(さもないともう第九には出禁だからな!)」が…(←すみません( )内の置き換えは捏造です)。あれを見ても、こえーなこの人、とか何このヒステリックな殿方、とかではなく、ステキ!と思っちゃったわけですね、恋の病で…。でもあの時も「青木!」って言ってましたが薪さんが見ているのは彼ひとりなんですよ…?近しい人ならみんな知ってるよ?

しかし愛しの薪さんの写真をポーッと見つめ胸に抱いたお嬢様(どうせ今だけだし好きにしてください…)「本当にいるんだ…こんな人…」(←『秘密』に薪さんの美しさがきっかけでハマった乙女の声を代表するかのような呟き)

それにしても…嘘だ〜ぁ( ; ; )薪さんがお見合いなんてありえないよ!煮え切らない青木への腹いせで目隠しの次はお見合いですか!?
…と、思ったら。

口から砂が出きらないうちに次のコマで早々に勘違い発覚(ホッ)。
お見合い当日、ありがちな日本庭園の橋の上にはじめまして、と挨拶に現れたのはやっぱり超多忙な薪さんではありませんでした(ホッ)。←どうでもいいですが「ザ・見合い」って感じの展開…
「はじめまして!!桜木正といいます」
…あんたか!!(でもありがとう!)…雲泥の差、青天の霹靂…そんな感じでしょうか。一瞬狐につままれたような失礼な顔でポカンとしてしまったものの、お嬢様も無表情に(引き続き失礼やな…ショックでも作り笑いくらいしようよー^^;)頭を下げ、自己紹介。お見合いの話は都合が悪いと言って一度断っていたのに、桜木さんが諦められず頼み込んだようです。写真だけで断られてしまうのは諦めがつかないから、って…あれ?じゃあお嬢様、ポカンとしてたけど初見じゃなかったんですかね?桜木さんの風貌…。今初めて勘違いに気づいたのかと思ったけど、そういう驚きではなかったのかな?

どうも桜木さんは由花里さんにすっかり惚れ込んでいる様子ですが、お嬢様の方は顔に「ごめんなさい」って書いてあるし明らかにどのタイミングでなんと断ろうか思案してる感じです。でもそんな相手の様子にもめげず、桜木さん粘る。
「もう一度逢って頂けますか?もう一度逢って頂けたら、それなら断られても諦めがつくと思うので」
意外と押しが強いおじさんなようです。
そして次のデート(?)でも、同じ手。この前はもう一度で諦めるって言っておきながら、もう一度だけチャンスください。…個人的にこういう人は苦手なんですが、お嬢様には新鮮だったのか断りきれなかったのか、これで終わり、にはなりませんでした。ふぅん?←もちっと興味を持とう(-_-;)

由花里母によればお嬢様は34歳でバレエや歌舞伎好きの面食いなようだけど(えっ、何この設定(;・∀・)もしかすると同類かもしれない…(ーー;))、そろそろ自分でも「ゼイタクは言えないでしょ」「身の程を知りなさい」なんていう母に言われた気がした言葉が実は自分の声だった、と現実に気づき始めたようです(まだ遅くはないぞ)。窓辺に飾っていた(飾ってたのか^^;)薪さんの写真を、パタンと伏せるお嬢様。桜木さんで妥協する(←失礼)気になったんでしょうか…?
そして次の逢瀬でも、すみませんもう一度攻撃を仕掛ける桜木さんは、さすがに悪いと思ってきたのか遠慮がちです。でも、この日は由花里お嬢様がそれを遮りました。
「一つお尋ねしてもいいですか?その…額のキズのこと…お尋ねしてもいいですか?」
憧れのお嬢様の口から出た言葉にパッと額を手で隠す桜木さん。その様子に自分が失礼なことを聞いてしまったと今更気づいたようで、慌てた由花里お嬢さまはすみません、いいですやっぱり、と謝ります。確かに不躾な質問だけど、聞きにくいことでも知っておきたいという気持ちの変化があったってことなのかな?まぁでも、こういうことはもう少し仲が進展してからの方がいいですよね…。
ただ、桜木さんを傷つけたとお嬢様は思ったようですが、どうやらそうではなかったようです。
「いえ――は…はじめて自分の事を聞いてくれたなぁと思って…」
…同じことを言っていても薪さんなら可愛い!って思ったと思うんですがいやあの…その…いいですやっぱ(;´・ω・)かわいいよ桜木っち(⌒-⌒; )←精一杯
そんな桜木さんの一面に、お嬢様も初めて微笑…。美女と野獣のパターンですね、清水先生のお好きな…ノブオとミラーみたいな…



(続きます)


関連記事
スポンサーサイト

Comment

Name - eriemama  

Title - Re: ……あっ!?続く?

> んーあの、差し込まれる映像が鈴木さんのときと激似で、なんだかもうどうなることやら……

あれには鈴木さんの時を連想させる意図があるんですよね…?何だかいろいろ薪さんの過去とダブらせてる要素があって、清水先生…まだ薪さんを苦悩から解放される気はないんですね(笑)←苦悩と薪さんが縁を切るとき=秘密が終わる時?

今回のこの流れ、ひょっとすると青木が手紙に書いてた「あなたのことを知っていけたら」が期せずして叶うことになるかもしれませんね…まあもっとも、青木は薪さんの言葉で、本人の意志で語って欲しいんでしょうし、知っていく、と言うより知っちゃうになる可能性もあるからそうなってくると複雑ですが。

> 青木くんの薪さんへのハグ疑惑

アハハ(^。^;)
ノリと流れだったらすごいですね(笑)でも薪さんがノリも流れも塞き止めるっていう(笑)今井さんたちが総出であの流れを演出してやっていたとしたら凄いな(^^;)
あ、子供が小さいとスキンシップへの抵抗は薄れるかもしれませんね。でもハグが日常的と言えばむしろ海外生活歴もある薪さんの方が近い気が(笑)

> しかしそれを許してくれる薪さんじゃにゃかった……。惜しい!

うーん惜しい!(笑)ガード堅いですね、薪さん…。
2015.08.29 Sat 22:38
Edit | Reply |  

Name - eriemama  

Title - Re: チーッス!

> レビューお疲れさまッス!
> 相変わらずすごい詳細…すごい。

こんなの書く意味があるのか?と思うのですが書きながら整理しないと感想が書けそうになくて結局書いちゃいました(゚∀゚;)

> 桜木さんの「おまえに俺がわかるか」はこの先キーワードになってくる気がしますねぇ~ワクワク。

すべてはわかりあえないでしょうが、桜木さんの中のわだかまりと薪さんの中の壁を取れば結構わかり合える気もするんですけどね。

> 今んとこ、単純に「ただしイケメンに限る」略してただイケ(笑)お嬢様を営業スマイルだけでかっさらって無自覚な薪さんへの妬み?

ただイケ(笑)。いいなぁそれ。しかしこの薪さんの罪作りっぷり、長年傍にいた鈴木さんのついたであろうため息の数が思いやられます( ̄▽ ̄;)

> いやたぶん、青木に指示した追跡調査が桜木さんに行き着くんじゃないスかね?永年の自分の出生への疑問、(もしかして知ってたかも)不義の子である負い目、色々と。

永江→桜木さんを追う中で薪さんが青木に自身の生い立ちを話すことができて、距離が縮まるといいなあ。薪さんには鈴木さんのように、共有できる誰かを作って欲しいです。

> そうなるとやっぱり…自分もそうである薪さんの苦悩が、また掘り返されるんじゃないかと。そこが心配です。きっと薪さん、桜木さんを助けようとする~( ;∀;)

そうですねぇ。さすがにもう過去の傷もそれほど生々しくはないだろうけど、一気にくるとパンチ力あるかもですね。桜木さんとの関係はまだどんなだったのかわからないですが、きっとまた頑張っちゃうんでしょうね( ;∀;)

> 自分のために薪さんが責められるとなるとブルブルしちゃう青木と、聞きようによっちゃ愛のこもった激励?にカクカク動き出す青木!

ただならぬ仲ですよねぇ、既に。誰か…お嬢様とかタジクみたいにつっこんでやって(笑)
2015.08.29 Sat 21:01
Edit | Reply |  

Name - ねこじゃらしにゃんたろー  

Title - ……あっ!?続く?

お疲れ様です
あっ……まだ続くのですね!(笑)

すごい詳細だ!

んーあの、差し込まれる映像が鈴木さんのときと激似で、なんだかもうどうなることやら……

青木くんの薪さんへのハグ疑惑、私も「ん?」と思ったのですが「あ、書類を受け取ろうとしたのか?」と思ったり、小池さんがヘッドロックでスキンシップが激しかったからつい薪さんにもハグしちゃいそうになったのか、はたまた舞ちゃんとおなじようにぎゅーってしてしまいそうになったのか……(余談ですが小さい子供と暮らしているとハグが日常になって誰とでもしそうになりませんか?)
しかしそれを許してくれる薪さんじゃにゃかった……。惜しい!
2015.08.29 Sat 20:40
Edit | Reply |  

Name - なみたろう  

Title - チーッス!

レビューお疲れさまッス!
相変わらずすごい詳細…すごい。

桜木さんの「おまえに俺がわかるか」はこの先キーワードになってくる気がしますねぇ~ワクワク。
今んとこ、単純に「ただしイケメンに限る」略してただイケ(笑)お嬢様を営業スマイルだけでかっさらって無自覚な薪さんへの妬み?
いやたぶん、青木に指示した追跡調査が桜木さんに行き着くんじゃないスかね?永年の自分の出生への疑問、(もしかして知ってたかも)不義の子である負い目、色々と。
そうなるとやっぱり…自分もそうである薪さんの苦悩が、また掘り返されるんじゃないかと。そこが心配です。きっと薪さん、桜木さんを助けようとする~( ;∀;)

そしてお嬢様の秘書?まさか身辺調査の末に薪さんの出生の秘密にたどり着きやがったりしませんよね?それも心配。

やだなにこの事件簡単そうで意外とヤバそう!!( ;∀;)

しかし自分のために薪さんが責められるとなるとブルブルしちゃう青木と、「大丈夫だ!」とか聞きようによっちゃ愛のこもった激励?にカクカク動き出す青木!
もうなんなのあんたたちどんだけ繋がり深いのもう結婚しちゃえ。
2015.08.29 Sat 19:26
Edit | Reply |  

Add your comment