GARDEN CITY LIFE~annex~

お越しいただきありがとうございます。当ブログは清水玲子先生の『秘密』のレビュー(時にネタバレ)と二次創作(こちらは一部BL要素含)のざっくり二部構成になっております。記事は単純に日付順に表示されておりますので、お読み頂く際はサイドバーや記事一覧などでカテゴリーをご確認またはセレクト頂けますと安心、安全です<(_ _*)>

メロディ2015年12月号『秘密ー可視光線ーACT.2』を読んで①※盛大にネタバレです 

大阪のおばちゃんと一緒に薪さんを愛でる会、にお越しいただき、ありがとうございます(←まるきり嘘ではありませんがそれだけじゃあないですよ?^^;)

いつもご覧くださっている方はご存知だと思いますが、最初から最後までネタバレでしかないので、知らんかった、とかどうしてくれるの、といったことのないよう十分ご注意の上ここから先へはお進みくださいませ。

今回、表紙をめくると結構丁寧なあらすじが付いておりました。まだ2話目だからやる気出してくれたんでしょうか?3話目以降もだるくなったりしないで(笑)、コンパクトすぎないあらすじ書いてくださると読み手にはありがたいですね。

というわけで、内容に参ります。いつもは表紙から描いてるのですが、今回も美しい薪さんと、表紙登場の際と眼鏡取った時は際立って薪さん仕様の美形になる青木(ごめんなさい…)の後ろ姿がカッコよかったのですが、それより何よりまず真っ先に叫びたいんですけどいいですか…?

先生!!ありがとうございます!!←読了直後の心の叫び。まさに心が狂喜乱舞。

今月号をひとことで言うと薪さん怒涛のコスプレ祭り!…でしょうか(^◇^;)←ちゃうわ
※初めてお越しくださった方がいらっしゃるといけないので申し上げておきますと、このブログの管理人は薪さんに気持ち悪いくらい惚れていますごめんなさい。もう少しできっと魂持ってかれちゃいます。
※同様に申し上げておきますと管理人は薪さんの制服姿ですらコスプレと認識してしまうくらいスーツ以外のお姿に目が眩んでしまいますごめんなさい。

いろいろままならないことばっかな日常ではありますが、そういうの、全部読んでる間だけは忘れさせてくれます。ほんと、ありがとう薪さん…(←早く幼稚園の書類書いて町会の議事録まとめようね…( ; ; )※現実)

ええっと…そうだ、ストーリーです(^^;;



前回のラストに鳴り響いた銃声、その後からのスタートです。
やっぱり、薪さん撃ってしまわれていたんですね( ; ; )しかもまぁ、相変わらず百発百中なんじゃないかと思うくらい正確な射撃の腕前。ちゃんと銃を持っていた方の桜木さんの肩を撃ち抜き、結果自殺は防ぎ切りました。
衝撃で銃を取り落とし、吹き飛ばされたように肩から倒れる桜木さん…にはもう構わず(笑)、薪さんは彼の銃を足でガッと蹴飛ばしてそっちは見向きもせず倒れているお嬢様の元へ…。まぁ、桜木さんは同業の警察官で、命に別状ないのはわかっているから真っ先に民間人に駆け寄るのは賢明な判断です。あの銃を構えて向かい合うシチュエーション、トラウマなんじゃないかと心配していましたが結構冷静かもしれないなぁ、薪さん…良かった。
由花里お嬢さんの元に駆け寄るとその場に膝をつき、その顔を手で包み込むように(でも殆ど触んないんですけどね…)して額を弾が撃ち抜いているのを確認し、目を伏せて「黒谷さん…」と痛々しそうに呟いた薪さん…そっと見開かれたままの彼女の目を閉じてあげます。多分、即死?もうとっくに絶命しているのは明らかですよね…。それにしても薪さんのこの仕草、何度見ても胸が痛みます…。
そんな薪さんに、その時背後からかけられたのは「生きてるか…」という桜木さんの声。ええっと…?
「…由花里さん…生きてるか薪」
振り向いた薪さんの顔。なんちゅうか、驚きとか呆れとかやっぱり?とか色々混ざってそうな複雑な表情で言葉にしにくい…(ーー;)ただ、私のように何言ってんのオッチャン、ではないのは確かではないかと…いや、どうかな(ーー;)
「由花里さんは俺が病院へ連れていく…っ、俺が…っ」
必死に身体を起こし、言い募る桜木さん。病院てあなた…。
この状況でも、薪さんが彼女に触れるのとか自分を差し置いて傍にいることには耐えられない様子…よっぽど愛してたんでしょうね。ほとんど自分の全てになるくらい、他が目に入らなくなるくらい。いつもたやすく人の心をさらってしまう(と、おそらく桜木目線には見えていただろう)薪さんと違って、きっと彼には奇跡のような、自分に好意を向けてくれた女性だったんでしょうから無理もないですけれど…でも、無理だよ(T . T)?
「…桜木さん…?」
「…俺が…連れていくから…っ」
「桜木さん!」
この人、ショックで気が触れちゃったのか、というような憐れむ目ではなく、薪さんは困惑した様子で桜木さんを振り向き、しっかりしてくれ、とでも言うように名を呼びますが…。
「俺の由花里さんにさわるなァ…!!」
おいおいおい…(ちょっと怖い)。
薪さん、口を開いたまま、呆気←違う
いえ。多分だけど、露骨に嫉妬心向けられたこととかなくてびっくり、だとか(今更桜木さん、そんなに黒谷さんを…?とかなら薪さんにおいおいおい、ですが…)、この状態のお嬢さんを見ているはずなのに生きてるか?とか病院へ、とか言っている桜木さんにびっくり、とか(もしくはやっぱり、とか)、あ、この人は彼女を撃っていないのか、と思い至ったとか、それが全部とか…(以下略)。
…そこで。ようやく警官が数名到着です。ここどこだか知らないけど遅いよ!(-。-;もう終わっちゃったよ!
口をぽかんと開けたままの薪さんですが、その時自分の足が何かを踏んでいることに気づいて視線を落とします。そこにあったのは、薪さんが踏んじゃった?(^_^;)片方のレンズが割れた眼鏡。負傷者と死体に一気に騒然となる現場の空気と、息を詰めたように表情が固まった薪さんが対照的ですが、今度はそこに岡部さんが到着します。あ、桜木さんは由花里さんの名前を叫びながら救急隊に連れてかれちゃいます。
落ちていた眼鏡は現場をそのまま保存するっていう鉄則に乗っ取れば勝手に持ってっちゃったらいけないと思うのだけど、薪さん咄嗟にハンカチ?か何かにそれ包んでゲット(・・;)…所長は自由だ…。
「おケガは?大丈夫ですか?大丈夫ですね?…?何です?何を手に持ってるんです?」
薪さんの肩をがっしりつかんでまず正面から無事と無傷を確認して薪さんの粗相にツッコミを入れる岡部さんは相変わらずかっこいいです。「ツヨシ大丈夫?怪我はない?大丈夫なのね良かったわ…あら?ちょっとあなた何隠してるの?見せなさい!」って感じのママのようです…。が、やっぱ聞いちゃいねー、な薪さん発動中なので…
「考えられない…!」←ママの質問の答えになってないよ?(^^;;
険しい表情をキープ中の薪さんの頭の中には、隠しようもないほどとってもとっても由花里さんLOVE!だった恋心ダダ漏れの桜木さんの映像と共に、さっきの「俺の由花里さんにさわるなァ!!」がフラッシュバック中です。あんなに大切にしていたのに、その桜木さんがお嬢さんに発砲、しかも頭を、なんて考えられない、動機が見えない、そういうことでしょう。少なくとも薪さんにとって、裏があるようには見えなかったんですね、最後の「俺の…」なんかはもう、剥き出しの本音で、それとそれまでのお嬢さんに対する態度に矛盾はないのだもの。一貫してる。なのになんで?ってなりますよね、普通。
一体何があったんです、と問う岡部さんに、薪さんは手元に持っているガラス片を見せます。
「?眼鏡のカケラ?」
「桜木さんが由花里さんを撃つとは考えられない」
よっぽどありえない、と思っていらっしゃるんですね…(多分友情ゆえではないのが悲しいところ)。
「このレンズの分析を頼む」
「…これは…桜木部長の?」
腹心岡部さんにレンズを託す薪さん。また勝手なことして!って責めない岡部さん、好き。しっかり薪さんの考えを察してるし、さすが。←ええのか…?
二人の外野では、
「何だこれは」
「気色わるう…?」
「鬘?」
と警官たちが騒いでおります。落ちていた、例の女物の鬘ですね。目ざとくその様子を見咎め、
「おい!!そこ!!触んなよ!鑑識待ちだからな」←注:岡部さん(元捜一の猛者)
………あなた方、今しがた何を隠し持ってコソコソしてたんでしたっけ…。さっきのやり取りとかこの叱られた警官のお二人が聞いたらすっ転びますよ…?
警察官になるにはクリアしなきゃいけない条件がいくつかあるわけですが(このうち本人と家族の犯罪歴の有無は、公式には本人にあっても償っていればクリア、だそうです)、拳銃を携帯して現場に出る警察官は裸眼で0.6以上の視力が求められるそうです。でも、現場に出ることが限られるキャリアは矯正視力が1.0以上あればクリアになる。
いつも眼鏡をかけていた桜木さんが、さっきは裸眼だったことに気づく薪さん。眼鏡をしていなかった桜木さんは、薪さんに「生きているか」と誰が見ても明らかだろう由花里さんの生死を問いました。薪さんが駆けつけた時、彼女を抱き起こして傍にいたのに。普通なら、一目見れば確認できる状態だったのに。
ーー眼鏡なしの目で見て桜木さんは由花里さんを撃った
ーー何故
ーー何故
薪さんの脳内には、黒い長髪の鬘をつけた由花里さんを見つけ、銃を向ける桜木さんの様子がイメージされます。その目に彼女は、一体どんな風に…、と自問しながら思い描いている振り向いた女性の顔は、真っ白な目も鼻も口もない人の顔…つまりやっぱり、薪さん桜木さんの目に気づいてた…あるいは疑ってた?



さて。お話はまた二ヶ月前に戻ります。
例の薪さんの隠し撮り写真を手にしたお嬢様が科警研をご訪問…でも今回は見学ではなく、はっきりと目的を持って、薪さんをご指名で訪ねてきた模様。…なんでまた写真やねん…桜のおじさんはどうなってるんでしょうか…不憫な(・・;)
「薪さんに面会?しかも?」
岡部さん…別にいいじゃん、面会希望者が男だろうが女だろうが(笑)いや、でもそこ強調したくなる気持ち、めっちゃわかる!めっちゃ言いたいことはわかる!(笑)
「どーかなあ今いるかなあ。あの人局長のアポすらすっぽかすしなあ。ていうかそもそも…」
女性ってだけで会わないんじゃないかなあ?とか?(^^;;
しぶしぶ応対に出てきた岡部さんに気づき、立ち上がるお嬢様。「……そもそも…」っていいかけた言葉が行き場をなくして宙に浮いてますよ岡部さん。
「お忙しいところ申し訳ありません。薪所長様におり入ってご相談したい事が…どうか…お取り継ぎお願い致します!それからこの件桜木部長には内密によろしくお願い致します!」
ペコリ。
え。ええーっ。←やっちゃん心の絶叫


一方その頃、薪さんはタイムリーに大切な青木との通信タイム(笑)でもいつものように口元に手をやって見ているのは例の、永江明の起訴されていない14件目の犯行の画像です。そうか、青木と通信中だったからそもそも会わないと思ったの?岡部さん?w
モニターの向こうでは、その画像に解説をつける青木がこっちを見ています。
『この時女性は動いていませんが致命傷に到る程の暴行ではなかったと思われます。永江の目にはこのように人の顔は白く発光して同じように見える為この被害に遭った女性の特定は未だ出来ていないのですが…』
「驚いたな。本当に調べたんだ」
Σ(・□・;)びっくりぽんや!(←や、ほぼ見てないんですけどね^^;)
…忠犬青木に指示したんあんたや(ーー;)
「は?」←青木、珍しく私も共感する真っ当な反応
『おまえには到底無理だと思っていた。「このテ」の事件は』
頬杖ついて意地悪そうに青木を見つめる薪さん。もしやこれはあの、絹子事件の時のお見通しだ、の目でございますか?(笑)
えっ、と戸惑う青木…言いたいことはわかる(>_<)でも堪えて青木!(笑)だってこれが薪さんだから!そりゃあ君もあの頃のままじゃあないよね?ココロだって強くなったもんね。薪さんひどいよ(~_~;)※管理人は最近やや青木寄りです
『で。現場はどこだって?』
話逸らしたー!!(T . T)
「えーー福岡の久留米市竜田山近く…午後5時頃ですが冬の1月で雪も降り出したため暗く…日が落ちると近所の人でも出入りしないそうですが近道として利用する人が…」
『久留米?』
久留米ラーメンに八女茶に焼酎も美味しい久留米?←言ってません。
「ハイ」
『犯行が2025年の1月?確かか?』
「??ハイ?」
バサバサと資料を慌てて確認する青木。いや、薪さんが誤って記憶していることはないから確かだと思うよ…。
「ーー薪さん?ま…」
不意に額に手をやったまま黙り込んだ薪さんに青木が呼びかけますが、薪さんはもう自分の思考の森の中…。
『同じだ。桜木さんと同じだな…』
「え?」
『久留米市の竜田山ーー桜木さんの出身地だ』
「ーーあの桜木部長…?薪さんまさか…っ」
青木、良からぬ予感(^_^;)君も苦労が絶えないね…。
『…いや…合う…桜木さんは今年40。誕生日がきて41だから2025年なら…彼の誕生日はいつだった…?確か……早生まれではなかった筈』
あなたの頭の中って一体どーなってるんですかなんでそこまで行っちゃうんですか桜木さん情報詳しすぎやしませんか彼だけですか?…とは思っていないわけですが、青木、ちょっとフリーズ。
(こういう時この人の頭の中ではいろんなピースがはまって高速で画を組み立てている。組み立てるのに夢中で)
(綺麗な指で隠された口元が面白そうに歪んでいく)
(たとえそれがどんなに残酷な画でも)
そうそう、こういう時の薪さんて近寄りがたいくらい壮絶に美しいんですよね…。そして、楽しそう。
「ーー…警察官全員の出身地と誕生日をご存知なんですか?」
青木の問いに、危なかった薪さんもふっとこっち側に戻ってきます。
(そんな時)
(俺はこの人からはじき出されてしまうのだ)
…うーん。青木の苦悩はここにあるのかなぁ。薪さんという人を、遠くにしてしまう一番の理由っぽい。でもメゲるな、諦めるな青木。そんな時今みたいに連れ戻すのが君の役目なんだからね!
『桜木さんだけだ。彼は2035年の隣家の「一家惨殺事件」の被害者で』
…薪さんてば嘘つきさん(。-_-。)桜木さんだけじゃないでしょ?青木の出身地と誕生日と身長体重その他いろいろもインプット済みなんでしょ?もう( ^ω^ )
『これは「久留米の一家惨殺」と地名がついた事件名で連日報道されていたから僕でなくても彼の出身地はみな知っている』
皆って薪さん(^_^;)…そうなの?
とそこに、またまた岡部さんが入ってきます…そう、お嬢様がお見えになったから(笑)
『薪さん』
『わかった今いく。青木、悪い』
「あっハイ!こちらこそお忙しいのに済みません!!また何かありましたらご連絡致し…」
慌ててお礼と挨拶を済ませようとする青木、そこでストップ。何故なら(笑)
『貴女は……』
貴女!!(笑)
青木のつぶらな目は立ち上がった薪さんの前に岡部さんが連れてきた由花里お嬢様を捉え、静止。これが郁子のような女性だったらこうはならなかっただろうけれど(←お嬢様、そう若くはないけれどむしろそれすら薪さんに釣り合ってしまいそうな、可憐な容姿だから…。顔を赤らめた由花里お嬢様が、「す」と口を開きます。
『すみません突然…おりいって…ご相談したい事が…』
おりいって!ご相談したいこと!いいよお嬢様!その調子で青木の心を思い切りかき混ぜちゃって!(笑)←意地悪か^^;
現れたお嬢様にびっくりしたのは、でも薪さんも同じ。由花里お嬢様を困った目で見下ろしていた例の手紙を持って帰ってきたまんまの岡部さん、そのまま薪さんからもモニターの青木からも目を逸らしあらぬ方を向いちゃうその複雑な心中、お察しいたします…。そしてやっぱりその様子を見せられてしまった…いや、見てしまった青木がまず思ったのが、
(女の人…)
カチ。
…いや、爆弾起爆じゃありませんよ?(←このネタいつまで引っ張るんや(-。-;)ある意味爆弾的展開ですが、モニター上の通信切断の音です(笑)
ブッ、と前触れもなく暗転した画面に、「あっ」と一瞬つぶやく青木。ヤラレタ、ですね、かわいそうに。ここまで見せられて、ここでカットとは…なんちゅう仕打ちや薪さんったらドSですか?
ザーッ、と砂嵐になっているモニターの前で固まったままの青木の背中に漂う悲愴感がもう…(^_^;)
「室長。青木室長、通信切れてますよ」
…うん、わかってるよ、そっとしといたげて(笑)


(続く)




関連記事
スポンサーサイト

Comment

Name - eriemama  

Title - Re: またまた来ちゃってすみません(しかも長っ)

> また来ました!

いらっしゃいませ!うちは消耗品で、味わっていただくようなものじゃあないというのにそんなもの好きな方、ヤマネさんくらいですよ(笑)ありがとうございます。

> で、今回も実は読みながらメモを書いているという状況です。
> あとで、考察しようと思って。

ドキッ!メ…メモ?あとで考察?え?(ーー;)つっこまれちゃうんですかもしや私…?どうぞお手柔らかにお願いしますね(^◇^;)

> 実は桜木さんの視覚、見えてないんだろうけど、いろいろ気になるところもあるんです。よく考えてみます。とりあえず、裸眼状態では永江と見え方も同レベルでいいのかな。

これはやはり遺伝なんですかね?薪さんはそうじゃない可能性も残していたようですがどうなるでしょうね

> 最初の、岡部母さん(ママ?)って感じでしたよね。もう、いいよ、完全に岡部さん=お母さん認定(笑)

そうw途中から私、奥さんなのかママなのかわからなくなりましたが(笑)

> あと、今回は青木くん薪さんに翻弄されてましたね。ああもう、なんかかわいそ。それすらも快感かもしれないけど、青木くん。

青木M決定ですかね(笑)それすらも快感、ウケます(^o^)

> 前半はダークサイド薪さんがやはり一番でした。
> あの頭が高速回転している感じ、もう大好きだわ。

そうですね、あの薪さん!薪さんにハマった人は皆さんああいうとこも好きなんじゃないですかね(^_^;)
青木目線で見ると余計に危なく見えて、彼の感じる置いてけぼり感が身に染みてわかるようでした。こりゃもう踏み込めんわ、戻ってきてもらうしかないわ、な感じ。薪さんも「近づくな」って言い捨てたけどその前に近づく余地時々ないですからねあなた(笑)でもいくらあっち側に行っていても、青木のひとことでこっち側にすぐ戻ってくる薪さんが好き(笑)「ああそうだったおまえと話してたんだっけ」みたいに呆気なく(笑)
青木にはずっとこのまま、薪さんのストッパー的存在でいて欲しいものです。

> そうそう、この記事の最後のシーン、青木くんが茫然としているとき、後ろから「青木室長、通信切れてますよ」ってあるじゃないですか。職員が後ろにいるってことは、薪さんと通信していたのって、モニタールームでも結構オープンなところだったんですね。ほら、薪さんが滝沢とこもってたような部屋とかもあるはずなのに。

私もこれ気になりました。何の捜査中かわからないのに、薪さんや岡部さんに事前連絡もなく桜木さんがお嬢様連れて第九に来た時も思いましたが「こんなに軽い組織なのか?」って(笑)コンプライアンスとか何処へ…?(笑)
あれなんですかね、正面からしか画像が見えない(これは金融機関の窓口とかでありますよね)、音声も聞こえにくいシステム?(^_^;)

> そんなにオープンにしていいような映像や捜査じゃないと思うんだけど。あーどうでもいいことなんでしょうけど、気になるわー。第八管区の職員は青木くんがこういう内密調査しているってこと&薪さんにドS対応されていること知っているのかしら?

薪さんとの楽しい関係は噂になってそうですよね(笑)青木室長はM、関東の第九への出張はああまた薪さんね、みたいな(笑)

2015.10.31 Sat 11:27
Edit | Reply |  

Name - ヤマネ  

Title - またまた来ちゃってすみません(しかも長っ)

また来ました!
eriemamaさんのところ、すっごく細かいので読んでいると気になるとこがいっぱい出てくるんですよ。いつも。
で、今回も実は読みながらメモを書いているという状況です。
あとで、考察しようと思って。
薪さんじゃないけど、考え始めちゃうと吹っ飛んで言っちゃうから、メモだけにしてます(の割には結構書いていたりする)

実は桜木さんの視覚、見えてないんだろうけど、いろいろ気になるところもあるんです。よく考えてみます。とりあえず、裸眼状態では永江と見え方も同レベルでいいのかな。

今回は、コスプレ祭りで、ついそこに目が行っちゃったんですけど(あと王子ね)、結構細かいやり取りとか、いいところありますよね。岡部さんとのは特に楽しかったです。
最初の、岡部母さん(ママ?)って感じでしたよね。もう、いいよ、完全に岡部さん=お母さん認定(笑)

あと、今回は青木くん薪さんに翻弄されてましたね。最初の「本当に調べたのか」から、自分の世界に入り置いてきぼりを食わされ、「女の人」が面会に来たかと思ったら、あっという間に通信切られて茫然自失。ドSの連続かと思いきや、最後はムチャブリされてるのに「だから だ」の決め台詞で。ああもう、なんかかわいそ。それすらも快感かもしれないけど、青木くん。
自分のところで頑張れ青木くん、って連呼しちゃった、私(笑)

前半はダークサイド薪さんがやはり一番でした。
あの頭が高速回転している感じ、もう大好きだわ。
あーこの人頭いいんだーって(いや、もうそんなレベルじゃないくらいの天才なんだけど)、集中しちゃっている感じが。しかもダークなのが。
もうこれだけでしばらく生きていける、そう思いました!

そうそう、この記事の最後のシーン、青木くんが茫然としているとき、後ろから「青木室長、通信切れてますよ」ってあるじゃないですか。職員が後ろにいるってことは、薪さんと通信していたのって、モニタールームでも結構オープンなところだったんですね。ほら、薪さんが滝沢とこもってたような部屋とかもあるはずなのに。
そんなにオープンにしていいような映像や捜査じゃないと思うんだけど。あーどうでもいいことなんでしょうけど、気になるわー。第八管区の職員は青木くんがこういう内密調査しているってこと&薪さんにドS対応されていること知っているのかしら?
2015.10.30 Fri 17:39
Edit | Reply |  

Name - eriemama  

Title - Re: とりあえず

> やーもう、こちら解説が面白くていつも困っちゃう(笑)

ありがとうございます〜!面白い頂いちゃったのでお返事書いちゃいました(笑)いや、おしゃべりしたくてw
ヤマネさんとこもパチダッシュ(忍び込む→読む→拍手→逃げる)してるんですが!(^^;;でも、
読ませていただいて考えたいことが出てきたのでコメントできずですみません、私も後ほど(⌒-⌒; )
いつもすごく触発されますわ〜、ヤマネさんとこは…また更に緻密な考察(鈴木さんの黒さの深度について、などなど←?)
期待しとります!

> 今回はコスプレ万歳。
> ダークサイド薪万歳。
> 岡部さん百面相万歳。

フフフ(*^^*)この三拍子はどちらに伺ってもみなさん同じで、ワチャワチャ盛り上がってるのが嬉しいやら楽しいやら、
興奮を分かち合えるのってクセになります(笑)

> 楽しかった。のでので、ゆっくりまたコメント書きに来てもいいですか。←ならコメント書くなっ、ごめんなさい。
> なので、このコメントは読み流しで♪

お返事してしまった(笑)落ち着いたらまた絡んでくださいw
私もまた絡みにいきますよ、オネーサンどこ行くの?ちょっと時間ある?とか←いらんわ(-。-;
2015.10.30 Fri 08:37
Edit | Reply |  

Name - ヤマネ  

Title - とりあえず

やーもう、こちら解説が面白くていつも困っちゃう(笑)
考察もいっぱいあって、どこから手を付けてお話一緒にさせていただこうか、迷ってしまって。
今回はコスプレ万歳。
ダークサイド薪万歳。
岡部さん百面相万歳。
楽しかった。のでので、ゆっくりまたコメント書きに来てもいいですか。←ならコメント書くなっ、ごめんなさい。
なので、このコメントは読み流しで♪
2015.10.29 Thu 19:38
Edit | Reply |  

Name - eriemama  

Title - Re: eriemamaさんっ

> とうとうレビューにまで青木がっ(笑)!

入ってますか!?ヤバっ!(笑)

> もうセットで歩んでください!逆におもしろいです(笑)←だから次宇野らしいから…って、え…?宇野…?

はい、今後は二人三脚で人生を…って隣の人でかすぎて転びそうですタスケテ(笑)
宇野さんはねー、ちまちま描いてて次かどうかわからんのですが書きたいなぁ。ウフフ〜。

> やー私、この「内密に…ペコリ」のあとの岡部さんのえぇーっ!のバックの薪さんの意地悪顏がすごいツボで!(笑)
> すっごい悪い顔(笑)!!!なんなの岡部さん〜〜っっなにそのチョイス(笑)!

これ悪意ありありでしたよね〜(笑)何あの目つき(笑)でも岡部さんらしい!


2015.10.29 Thu 11:59
Edit | Reply |  

Name - eriemama  

Title - Re: わたしも

> やっべえ今回サービスショットの嵐じゃなかったですか?

ハイ!!ヤバいよヤバいよ!ってもう走り回りたいの我慢するの必死で(笑)

> 連れ戻すのが青木の役目かー。なるほど……。
> 岡部さんは帰ってくるまで待ってる感じですもんね。

そうですね。岡部さん、いつも困った顔して見守ってはいるけど、それが薪さん、って感じに見える。待っててくれる人も貴重ではあるんですけどね、薪さん気付いてるのかなぁ(^^;;あんなに岡部さん健気なのに(よくスルーされるのに怒らないし^^;)

> 今回岡部さんの微妙な表情がなにげにいろいろ面白かったです。

清水先生、細かいですよね。薪さんに比べるときっと描きやすいだろうけど、描き込んでる感は岡部さん、引けを取らないです。視線の動きとか立ち位置とかどうしても追っちゃいます。
2015.10.29 Thu 11:49
Edit | Reply |  

Name - eriemama  

Title - Re: 待ってました!!

> 昨日は、お昼にこんな衝撃的なもの読んだ後
> クール顔で仕事をしないといけないのが、苦しかった〜。

そうですよね、体に悪い!(笑)

> すごかったですね、開けど開けどお宝ショット満載でしたね。
> そして本当に久しぶりにS顔薪さんが拝めました。

ハイもう〜( ; ; )この号は捨てられないかも(笑)
Sっ気たっぷりでダークな薪さんもバッチリで、これぞ秘密、コスプレは甘くてもぬるくはない!ってところが
最高でした。

行方不明になりそうな連れ戻すのは、やっぱ青木でしょうね、あの子はなんとなくわかっちゃう子ですから、居場所(笑)
今回も小さな声かけだけですっと引き戻しちゃえるのがすごいなー、と感心しちゃいましたね、おばちゃんは(笑)

早速にコメントいただいてありがとうございました。フライングトークも、ありがとうございます(笑)
2015.10.29 Thu 11:43
Edit | Reply |  

Name - ゆけ  

Title - eriemamaさんっ

とうとうレビューにまで青木がっ(笑)!
もうセットで歩んでください!逆におもしろいです(笑)←だから次宇野らしいから…って、え…?宇野…?

やー私、この「内密に…ペコリ」のあとの岡部さんのえぇーっ!のバックの薪さんの意地悪顏がすごいツボで!(笑)
すっごい悪い顔(笑)!!!なんなの岡部さん〜〜っっなにそのチョイス(笑)!
おいしいとこいっぱいあるのに、すごい食いついてしまいました……

ささっ続き早く早く……!←Sっ気
2015.10.28 Wed 13:38
Edit | Reply |  

Name - ねこじゃらしにゃんたろー  

Title - わたしも

わたしも読みましたよ〜〜!!

やっべえ今回サービスショットの嵐じゃなかったですか?

連れ戻すのが青木の役目かー。なるほど……。
岡部さんは帰ってくるまで待ってる感じですもんね。

今回岡部さんの微妙な表情がなにげにいろいろ面白かったです。
さ、後半も早く!!
2015.10.28 Wed 12:37
Edit | Reply |  

Name - ふわふわです。  

Title - 待ってました!!

昨日は、お昼にこんな衝撃的なもの読んだ後
クール顔で仕事をしないといけないのが、苦しかった〜。
すごかったですね、開けど開けどお宝ショット満載でしたね。

そして本当に久しぶりにS顔薪さんが拝めました。
薪さん、あなたやっぱりこうじゃなじゃ!
「連れ戻すのが青木の役目」って、ホントにそうですね。
やっぱ青木って大事。これは残念ながらやっちゃんには無理なのね。

さてさて今回のお楽しみはこれからです!
eriemamaさんの解説と突っ込みめっちゃ的確。
後半(特にあの方の登場あたり)、楽しみにしています。
2015.10.28 Wed 11:59
Edit | Reply |  

Add your comment