GARDEN CITY LIFE~annex~

お越しいただきありがとうございます。当ブログは清水玲子先生の『秘密』のレビュー(時にネタバレ)と二次創作(こちらは一部BL要素含)のざっくり二部構成になっております。記事は単純に日付順に表示されておりますので、お読み頂く際はサイドバーや記事一覧などでカテゴリーをご確認またはセレクト頂けますと安心、安全です<(_ _*)>

メロディ2015年12月号『秘密―可視光線―ACT.2』を読んで④※ネタバレここまでです 

これで12月号のネタバレ、終了です。



「一本!支え釣り込み足!薪!」
なんじゃそりゃ(;゚Д゚)
よくわかりませんが、薪さんが華麗に技を決めましたよ!バアン!ってあの巨体を倒した!舞の海みたい(古いですか?)。薪さん皆が心配するほどちんまりしてて軽いのに!で、自分で一番びっくりしてるような顔がまた可愛いのです(笑)
「すげっ」
「無敗止めた!」
「薪!」
「大金星!」
「カッケ―!」
教官からお叱りが飛ぶほどのギャラリーの興奮!…あぁなんちゅーかもう、これは鈴木さんの苦労の賜物なのか、薪さんが馴染んでるっぽい。一気に小さなヒーローになった薪さんがもみくちゃにされてるのが、ただただ嬉しいです…岡部さん見て、薪さんにもこんな時代が……>_<…
今でこそ一人で凛と立ってる孤高のイメージだけど普通に学生。しかも可愛がられてるよ…(T_T)
鈴木さんに頭から抱きすくめられて勝利を祝福され、嬉しそうに笑う薪さん、もう私もあの中に入りたい…キーッ!(←ちょっと雪子さん入った?)
でも、負けを喫した桜木さんは息を切らしながら涙…な、泣くなよ(-_-;)


「まぁ、綺麗なお嬢さん。ねぇ正」
時間は少し戻りまして、こちらは桜木さんのお母さんの病室です。窓際でかつての悔しい思い出を噛みしめるように拳を震わせていた桜木さんが、我に返って振り向きます。お母さんが持っているのは由花里さんの写真です。
「ゴメン母さん。なに?」
「このお嬢さん、黒谷さんのお嬢さん…本当に綺麗で優しそうな方…こんな素敵なひととおつきあいしているの?あなたが?本当に?」
桜木さんの方に嬉しそうに写真を掲げて見せるお母さんのちょっと元気そうな笑顔には桜木さんも息子の顔で嬉しそうに微笑みます。彼女は優しく控えめで本当に素敵な女性だ、少しお母さんに似ているかもしれません、と言って、今度お嬢様を連れてくる、と約束をする桜木さんは、きっと孝行息子なのでしょう。忙しいからかうまくいかなくなっているのか、見舞いに訪れるでもない兄や姉を装ってお母さんにお花を贈っていたようですが、母の目はさすが、お見通しだったようです。お姉さんがお義母さんに見せてってたくさん子供の写真を送ってきてくれた、とかいうのも嘘なんでしょうね。ほんとはメールのやりとりもしてないのかも。
「お花はもういいわよ…正。あなたのそういう気の配り方は亡くなったお父さんにそっくり」
「…お父さんならこんなに簡単にバレてませんよ」
「いいえ…そっくりよ」
桜木さんが、昔お母さんが永江の暴行を受けて身籠った子で間違いないなら、お父さんは桜木さんとは血縁関係にないわけですが…それでもそういう事情があっても桜木さんを生む決断をお母さんと一緒にし、おそらく心身ともに傷を負った彼女を支え、共に生まれた子を他の兄弟と同じように愛情をかけて育ててきた、ということになりますね、このお父さんは。なかなかできないことだらけだと思います。ちょっと薪パパを思い出すけど、人間的にできた人だったんでしょうね。桜木さんはお母さんっ子のようだけど、お父さんのこともきっと尊敬し、慕っていたのは彼の言葉や表情から何となく感じられます。
ここからは桜木さんの回想ですが、まだ彼が幼かった頃(額にキズがないので10歳未満、お姉さんがまだセーラー姿だから結構幼い頃です)、家族写真で一人だけ浮いている桜木さんのことを「何でみっちゃんちのお母さんよその子抱っこしているの?」と友達にからかわれた、ホント誰にも似てないよね、と言って笑う姉と、一緒になって笑っているお兄さんの食卓での会話を、涙を浮かべながら黙って聞きつつ小さくなって箸を進める桜木さん…こんなんじゃご飯なんて味もわからないでしょう…。他愛ない会話のつもりなのかもしれないけど、残酷なこと言うなぁ…。
――正は
――正はひいおじいちゃんに似ているのよ
傷付く正少年にそう言って仏間のひいおじいちゃんの写真を見せ、慰めるお母さん…いいシーンですがお母さん、それ似ているとかじゃなく正くんが老け顔なだけなんじゃ…もう「おじいさん」ならだれでもオッケー、とかいう話なんじゃ…(-_-;)いや、でも心の傷を癒してあげ自信を持たせるのが目的なんだから、長じた彼があの時はそう言われたけどよく見るとやっぱ似てないよな、その場しのぎだったんだな、でもありがとう母さん、とかチクッとした胸の痛みと共に当時を振り返ったとしてもしゃあないでしょう(^^;)
正はひいおじいちゃんににている、ひいおじいちゃんは市長にまでなった偉い人だったから、その人に似ているあなたはきっとお姉ちゃんやお兄ちゃんよりずっとエラくなるよ、というお母さんの言葉に救われる少年…。
――似ている
――ひいおじいちゃんに「ちゃんと」似ている
この、ちゃんと、という言葉。学校で、多分人の表情が見えないからでしょうけれど泣いている子を笑ったり嫌がっている子に気が付かなかったり、「このままではお友達の中で孤立してしまう」「お母さんがよく気をつけてあげて下さい」と言われトラブルが多かった様子の桜木少年にとっては、「ちゃんと」していること、は強迫観念みたいに植え付けられていたのかもしれないなぁ、と思います。だから、「ちゃんと」見えていたのか、で、どうしても見えていなかったことにはできなかった。答えを出さなきゃいけない、間違わずに、って思ったのかも。できない、を自分に許せなくなってくると辛いですねぇ…。
学校で親を呼び出され、話をした後の帰り道、ぎゅっと手を握りしめてくれるお母さんの手に顔を上げた桜木少年を、その手の主は――お母さんは優しく励まします。
「大丈夫よ正。お母さんはわかるから」
でも、自分を見下ろし、膝を折って目線を合わせてくれる母の顔が、彼にはやはり見えていません。…真っ白で。
「こうして…さわるとわかる。手をつないだらわかる。抱きしめたらわかる。愛されてるのがわかる」
自分を抱きしめてくれる母の存在に、顔はわからなくてもただ安心し、お母さん、と涙する桜木さん…本当に深い愛情に守られて支えられて大きくなったんですね。彼も、お母さんも、大変だったろうに…。


「待っていてください。必ず由花里さんをご紹介しますから。だから早く元気になって下さい」
今度はそっと自分が母の手に手を添え、そう約束する桜木さんに、お母さんはそうね、と言って微笑みます。
(見ていて下さい)
(必ずあいつに勝ちますから)
(必ず。勝って、必ず一番上にーー警視庁長官に)
…いや、だからなんでそこで薪さん?(-。-;←あいつ=薪さん
そしてなんであなたの人生の最終目標は警視庁長官になったんだ?(-。-;←適任…かな?頭がいいだけではなれないと思うよ?(←ヒドイ)
いつも高みを目指して、お母さんの言葉は決して期待しているから絶対に偉くなってね、ではなくただただ息子の心を支えたいっていう気持ちから出たものだったと思うのだけど、それを裏切りたくなくて、ちゃんと応えなくては、っていう気持ちだけで…そしてある時から行く手を阻むようになった薪さんに負けたくない一心で頑張ってきた桜木さんの人生が、徐々にあの夜へとつながっていきます。…むぅー。



そしてラストは2066年、現在の科警研。
「これが現場に落ちていた眼鏡と同じレンズ?」
「はい、元通り復元いたしました。桜木部長のスペアの眼鏡と同じ物です」
手に取った眼鏡を、なんでも実証しなきゃ気が済まないタイプであろう薪さんはおもむろにかけ、自分でその視界を確認しますーーと、ここでそう!ラストを飾るのは(別に飾っちゃあいませんが!)眼鏡っ子薪さん!!特におしゃれ眼鏡ってわけでもないのに似合う!今度は青木とオソロですか所長!?←いや、だから…(・・;)
「一見普通の…ていうかコレ度が入ってないんじゃ…」
「それは所長が『可視光線』のみをとらえる正常な眼だからで」
言いながら、研究者風の職員の男性がパチっと壁のスイッチを切り替えます。照明が切り替わりフッと暗くなる室内。
「特殊な状況下でその眼鏡を見ると…」
説明を聞くまでもなく、薪さんの視界には明らかな変化があったようです。きっと大きく見開かれたその眼が捉えたのは、桜木さんの見ている世界と同じ光景…
(これは)
(桜木さん!)
薪さん、いよいよ推測が確信になりましたね…。


「桜木部長の、過去…ですか」
青木と再び通信中の薪さん。明るみに出ていなかった永江の余罪とその後の調査の次は桜木さんの出生や生い立ちを母や祖父母の代まで遡り調べること。またまた重いものを青木に命じたようです。彼の目の遺伝は、永江のものと無関係に自然発生した可能性も考えて。
そして31年前、彼が証言し関わった久留米の一家惨殺事件についても洗い直す、という薪さんに青木もさすがにたじろいだ様子。エンジンがかかった所長は誰にも止められませんね…。
『証言の信憑性、裁判、容疑者家族の生き残りの長女の足取りまでーー』
この薪さんのセリフ。容疑者、の後に点が入ってないから続いていたとしたら容疑者一家の生き残りは男の子だったし長男の誤植なんでしょうが、容疑者、で切るんだとしたら生き残りの長女、っていうのは惨殺された一家の生き残りの長女、ってことでしょうね。流れ的にはこの時点で薪さんがもしこの長男をあのストーカーとして怪しんでいるなら誤植の線の方が話が早くつながる気がするんですが、そんなことはなく生き残りの長女から当時の状況を詳しく聞きたいだけ、なら長女でもおかしくない…。どっちでしょう?さすがに同じ号で誤植2つはなぁって思いたいので後者にかけたい気もするんですが(笑)
「…しかし…桜木部長のプライバシーをそこまで…」
困惑の表情を浮かべる青木に、薪さんはきっぱりとそうだ、と告げます。躊躇いは全く見せずに。
『場合によっては桜木さんのみならず桜木さんの家族や母親ーーさらに31年前の「事件」当時の被害者加害者その家族ーーそして今回の遺族、一人娘を失った黒谷夫妻、関わった人間総てをさらに不幸にするおそれもある』
鈴木さんに再捜査の重要性を説いていた若かりしころと違い、そういう見通しも予測でき、真実の向こう側で薪さんたちがそれを知る代償に傷つくかもしれないたくさんの人たちの顔が浮かぶようになっている薪さんに月日を感じる…。あの時は鈴木さんに桜木さんを傷つけかねないことを指摘され一瞬怯んでいたようにも見えたけれど、今は静かにたくさんの人生をめちゃくちゃにするかもしれないっていう覚悟をもう固めているような薪さんが一層頼もしく見える。けれど…それを、同じ覚悟を求められた青木、応えられるのかな。
『真実を、秘密を明かすべきかーーどうかわからない。だが調べる必要がある。だから、だ』
切々と、青木の目を見ながら語る薪さん。
真実を、秘密を紐解き、目の前に晒して。それを知ることの必要性ってなんでしょう。それで救われるものの方が、壊されるものより少ないかもしれないのに。明かすべきかどうかもわからないものに手を伸ばす、そんな頼りない正義を青木が信じられるかどうか…。
『だからおまえに頼んでいる。桜木さんの目の「異常」が裁判で証明され「身障者」と判断されれば裁判にも関わってくる。やれるか、青木』
なんだかものすごくたくさんの人生を左右する決断が青木に迫られてる…のですよね(・_・;
大丈夫か青木…。だからだ、なんて薪さんもそれ殺し文句だよ…(・・;)←珍しく青木に同情



厳しい決断を迫られた青木の続きは、次号12月28日、師走発売の2月号に続きます。で、12月18日には新装版の『秘密』1、2巻も発売されますよ!これ以上保管できないし買うまいと思ってたけど新装版のみの特典も巻末にあるとか…う、商売うまいな白泉社さん…。←買っちゃうのか?(ーー;)

コメントのお返事遅くなってすみません。バタついているあれこれが済んだらお返しします(>人<;)
そしてお邪魔したものの読み逃げ状態の皆さんと早く盛り上がりたい〜( ; ; )
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Name - eriemama  

Title - Re: マイマイ舞の海ーーっ!わらった(笑)

> ドゥルルルルルルル…ドゥンッ (byピスタチオごめんなさいお笑い好きで///)
> 残念、女の子でした。 (…子?汗) ←わかっとるわ

そうか外れたか…(ーー;)でもおっさん?(笑)じゃあ中年コンビ岡薪さんとは気が合いそうですね(笑)

> そうだろうとは思ってましたけど、実際こう目の当たりにすると感慨深いものがありますよね。

本当に…まだ薪さん、未完成な感じはするけど随分人間らしくなって、あんなに屈託無く仲間と笑い合えて、
お顔の心配までされちゃって、余計な虫もついてなさそうだし(笑)…鈴木さん、薄毛の家系じゃなくてよかったね…←?

> でも桜木母は素晴らしい方でした。
> 琴美さんとはまた状況が違うので、囚われた闇からは抜け出せないと思いますけども……って何をゆっているんだろう私。;;

そうですねぇ。儚げだけど、芯が強い人なんだろうな、というのは一緒かな。あと愛情深い。自然に愛しているのが
素晴らしいと思います。自分の夫には似ていないその子の顔を見るたびに思い出さないことはない気がするんですけど、
きっとそういうのは超えているんだろうな。産むっていう覚悟の後も多分幾つも覚悟をしてきたんだと思うと、
こんなお母さんを悲しませるのか桜木さん…、とやりきれなくなる(T ^ T)

> 昨日(今朝?)、けっきょく世界体操を見てたら6時になっちゃって、いやすごく感動したのでそれはそれでよかったし12時出勤だったのでちゃんと寝たんですけど、アタマがほわ〜〜んとしてきて……。(あ、別にしんどい自慢をしているわけではないです!ただほんとに頭が回ってないだけで。だらだら書いちゃってるのがその証拠。)

体操好きなんですか?私はこれからフィギュアかなぁ(笑)←羽生くんというわけではないですよ?(笑)
私は一昨日眠れなかった分昨日は早く寝て今朝は寝坊するほど(笑)。おかげでスッキリ!です。たまってる雑用片付けなきゃ(^^;;
もう今月も終わりですね。月が変わっても忙しいのかな?ゆけさんも薪さんと同じワーカホリックの匂いがしますが無理しないでくださいよ?w
2015.10.30 Fri 09:03
Edit | Reply |  

Name - eriemama  

Title - Re: 読み応えありました!

> さすがだわ~eriemamaさんっ!4回分じーっくり読ませて頂きました!面白さで一気に読めましたよぉ(´∀`*)

ありがとうございます(⌒-⌒; )月末でお忙しいのに4つもすみません…

> 今回、コスプレ祭りに、鈴木王子の復活に、事件も急展開で!
> 青薪の萌えも薄れ気味かと思いきや…ちょいちょい「綺麗な指」とか「はじき出されてしまう」とかあって大忙しでしたねぇ(´∀`*)これでまた年末まで、じーっくり盛り上がれますね♪

はいもう!気が早いですがとりあえずクリスマスに向け順調に盛り上がれそうです(笑)鈴木さん復活はないだろうと
思ってたんで棚ボタ気分です、ハイ。浮かれすぎてちょっと霞んだんですが青薪も良かった!詩人青木に次号も期待してます!

> 「さまようふたり」あったかい読後感でジンワ~リきましたよ^^メロディ読後に、また創作意欲湧きますね?湧きますよね(ウフフ…♪)←ごめんなさい自分創作してないくせにwひと様のは新作どんどん期待しちゃう♪

SSの方まで、ありがとうございます(。-_-。)ギリギリでした、ほんまに…でも今回のお話でつながらなくなる?
という心配も杞憂に終わり、ちょっとホッとしました。
創作意欲ですか?(笑)多分私の場合わいてるのは頭の方ですね(ーー;)
2015.10.30 Fri 08:47
Edit | Reply |  

Name - eriemama  

Title - Re: おつかれさまでした!

たきぎさん!飴でしたでしょ!?どうですか創作意欲湧きませんか(笑)←真っ先に期待が湧いた

> あらすじの所々に挟まれるツッコミがもう的確すぎて、笑いがとまりません。特に岡薪のくだり!! 仲良しですよね~(笑)。

アハ(≧∇≦)この2人はもう、ニコイチか!ってバシバシ背中叩いてつっこんでやりたいです!薪さんも、
同じ女房役でも鈴木さんとはまたちょっと態度っていうか空気が違うじゃないですか。そこがいいんですよね。
恋心がないから、バディーって雰囲気がたまらんです(笑)

> そして薪さんと青木くんが大画面で会話してるの、つい最近どこかで見ましたねwww

私も見た!どこでしたっけ(笑)

> 長女はやっぱり皆さんひっかかってますね。
> どっちでしょうね。一回で誤植2つだと、ちょっと白泉社さんしっかりしてよって感じだし。

白泉社さん、先月のに続き威信がかかってるぞ(笑)次号もやらかしちゃったらEIXTから退場させちゃうぞ(笑)←鬼畜


2015.10.30 Fri 08:25
Edit | Reply |  

Name - eriemama  

Title - Re: お疲れ様でした!!!

> すばらしい!一気に4本!

薪さん病のなせる技ですかね(^◇^;)今ちょっと灰になりそうですけど、早く終わったので今度は
ブログ巡りが楽し〜(笑)

> そうですよねえ。薪さんにもこんな時代がっ……岡部母さん嬉しくて泣いちゃう!

これは私ももみくちゃ薪さんに萌える前にジーンと来ました。鈴木さんありがとう…(T ^ T)

> eriemamaさんのレビュー、すっごく面白かったです。

面白いって言ってもらえるのが一番嬉しいです。けど、普通にあらすじだけ追いたいんやけど、って人には
ひたすら申し訳ないです…(-。-;

> そして、なみたろうさんの疑問についても書いたかも……です!先生!!

読ませていただきました!私もほぼ同感、あのトイレトーク浮かびました。でもこの前SS書いてて、
微妙に違う解釈になだれ込んでるので時間できたら書こうかな…色気があるような気がする解釈の方も、
実はそうでもないんですよ(笑)
2015.10.30 Fri 08:15
Edit | Reply |  

Name - ゆけ  

Title - マイマイ舞の海ーーっ!わらった(笑)

③>←ゴメンなさいゆけさん(-。-;
いえいえっ何をおっしゃいますやら!なんぼでも使ったってください!(笑)

そして前から思っていたんですね(笑)
ドゥルルルルルルル…ドゥンッ (byピスタチオごめんなさいお笑い好きで///)
残念、女の子でした。 (…子?汗) ←わかっとるわ
でも中学の時から「おっさんか!」と言われます…。今も(笑)。なんでばれちゃうのかな…

>これは鈴木さんの苦労の賜物なのか
ねー!これだけで、ここまで2人がどう関わってきたのかがうかがい知れようというものです!
そうだろうとは思ってましたけど、実際こう目の当たりにすると感慨深いものがありますよね。

でも桜木母は素晴らしい方でした。
琴美さんとはまた状況が違うので、囚われた闇からは抜け出せないと思いますけども……って何をゆっているんだろう私。;;
ごめんなさい、モウロウとしてて何が言いたいのか自分でもよく……
昨日(今朝?)、けっきょく世界体操を見てたら6時になっちゃって、いやすごく感動したのでそれはそれでよかったし12時出勤だったのでちゃんと寝たんですけど、アタマがほわ〜〜んとしてきて……。(あ、別にしんどい自慢をしているわけではないです!ただほんとに頭が回ってないだけで。だらだら書いちゃってるのがその証拠。)

あーもう余計なこと書きたくないのに…
せっかくすごいレビュー書いてもらってるのにーーー
(にゃんたろーさんの方もわけわからなくてごめんなさいーってなぜここで謝る………なぜならもう限界だから…でも御三方ともほんとにありがたくてー……ああもう最悪……わやくちゃだー
2015.10.30 Fri 01:15
Edit | Reply |  

Name - ちえまる  

Title - 読み応えありました!

さすがだわ~eriemamaさんっ!4回分じーっくり読ませて頂きました!面白さで一気に読めましたよぉ(´∀`*)

今回、コスプレ祭りに、鈴木王子の復活に、事件も急展開で!
青薪の萌えも薄れ気味かと思いきや…ちょいちょい「綺麗な指」とか「はじき出されてしまう」とかあって大忙しでしたねぇ(´∀`*)これでまた年末まで、じーっくり盛り上がれますね♪

「さまようふたり」あったかい読後感でジンワ~リきましたよ^^メロディ読後に、また創作意欲湧きますね?湧きますよね(ウフフ…♪)←ごめんなさい自分創作してないくせにwひと様のは新作どんどん期待しちゃう♪
2015.10.29 Thu 22:35
Edit | Reply |  

Name - たきぎ  

Title - おつかれさまでした!

さすがeriemamaさん! 私が1ページ書いただけで力尽きたのに、4ページの大作。それなのに巻物感うすいとかコンパクトとか…。これが、レベルが違うということか! と妙に納得致しました。

あらすじの所々に挟まれるツッコミがもう的確すぎて、笑いがとまりません。特に岡薪のくだり!! 仲良しですよね~(笑)。

そして薪さんと青木くんが大画面で会話してるの、つい最近どこかで見ましたねwww

長女はやっぱり皆さんひっかかってますね。
どっちでしょうね。一回で誤植2つだと、ちょっと白泉社さんしっかりしてよって感じだし。

新装版、買うんですか? どうしよう…。

2015.10.29 Thu 18:36
Edit | Reply |  

Name - ねこじゃらしにゃんたろー  

Title - お疲れ様でした!!!

すばらしい!一気に4本!

>…岡部さん見て、薪さんにもこんな時代が……>_<…
これに吹きました。
そうですよねえ。薪さんにもこんな時代がっ……岡部母さん嬉しくて泣いちゃう!

eriemamaさんのレビュー、すっごく面白かったです。

私も鈴木愛を爆発させて後編描きましたよ!!
そして、なみたろうさんの疑問についても書いたかも……です!先生!!
2015.10.29 Thu 17:19
Edit | Reply |  

Name - eriemama  

Title - Re: おお、更に二本!!

今回は巻物感薄いなー、って思ってたんですがやばいでしょうか?(^◇^;)分割してコンパクト化をはかってみたんですが…。

> 事件関連でわかんないことが、桜木さんがなぜ薪さんを目の敵にしてるのか。単にイケメン天才が自分に無いもの全て持ってるようでコンプレックスの塊には憎かった、のか。前回まではお嬢様挟んで、だったのでそうかと思ってたんですが、警大時代からってことはなんかきっかけがあったんですかね?
> あと、ラストの青木に頼むのはどうしてなんでしょうね?

ハイ!いい質問です!では文化の日あたりまでに1000字以内でレポート化してください。
提出は所長室まで!(笑)
いやもう、そういうの、今回ばかりは考える気になれないですダメでしょうか(笑)
薪さんも青木に頼みたいならおまえが一番気安いからだ、くらい言ってあげればいいのにねぇ。

> ヤバいことだから元部下で遠くにいる青木?それとも信頼してるから青木?経験積んで欲しいから青木?早く成長して追い付いて来い青木?待ってるから青木?愛してるから青木?(笑)えっ口実?(°▽°)

何ですかこれ(≧∇≦)ラストに行くほど核心に近いんでしょうかw

> 妄想膨らみますが、1話にこれだけぶっこんできた先生のこと、まだまだ新事実ありそうなのでおとなしく腐って待とうと思います。

え?ぶっこんできた?あぁそれは腐系のぶっこみですね!o(^_-)Oもう青薪でも鈴薪でも妄想のしがいがありすぎてどーしましょーw

> 落ち着いたら遊んで下さいね♪

落ち着く日が来るのでしょーか…(笑)ハイでも、遊んでください(^^)
2015.10.29 Thu 16:50
Edit | Reply |  

Name - なみたろう  

Title - おお、更に二本!!

お忙しくなっちゃったんですね?それでも巻物!Σ( ̄□ ̄;)すげえ。

今コスプレ大興奮して少し落ち着いたところですが、後でまたジワジワきます。

事件関連でわかんないことが、桜木さんがなぜ薪さんを目の敵にしてるのか。単にイケメン天才が自分に無いもの全て持ってるようでコンプレックスの塊には憎かった、のか。前回まではお嬢様挟んで、だったのでそうかと思ってたんですが、警大時代からってことはなんかきっかけがあったんですかね?
あと、ラストの青木に頼むのはどうしてなんでしょうね?
ヤバいことだから元部下で遠くにいる青木?それとも信頼してるから青木?経験積んで欲しいから青木?早く成長して追い付いて来い青木?待ってるから青木?愛してるから青木?(笑)えっ口実?(°▽°)
妄想膨らみますが、1話にこれだけぶっこんできた先生のこと、まだまだ新事実ありそうなのでおとなしく腐って待とうと思います。

落ち着いたら遊んで下さいね♪
2015.10.29 Thu 09:50
Edit | Reply |  

Add your comment