GARDEN CITY LIFE~annex~

お越しいただきありがとうございます。当ブログは清水玲子先生の『秘密』のレビュー(時にネタバレ)と二次創作(こちらは一部BL要素含)のざっくり二部構成になっております。記事は単純に日付順に表示されておりますので、お読み頂く際はサイドバーや記事一覧などでカテゴリーをご確認またはセレクト頂けますと安心、安全です<(_ _*)>

メロディ2016年4月号『秘密ー可視光線ーACT.4』を読んで④※ネタバレ要注意です! 

ネタバレの続きです。一気にアップしてすみません…この記事変なところで切れてるんですが、吐きそうなので今日はもう続きやめるかもしれません(ーー;)。調子良かったんですが、急にひどなってきたんです、吐き気(・・;)お昼にご飯食べたせいかな…それとも掃除機かけたりしたせい…?





さて。
青木の車はてっきり空港にでも向かうのかと思いきや、ななななんと!ここは…青木ん家!?
「すみませんとっちらかってて」
いいよいいよ、うちだってこんなだよ(^^;;
というか。
でかした青木!!
薪さんを自宅にお持ち帰り(=´∀`)人(´∀`=)←ヤッタネw
…すみません悪いクセで…取り乱しました。いやぁでも、ここまで土石流や桜木さんと薪さんのわだかまりが解けるいいシーンや、いろいろありましたが…今回はもう、「青木、薪さんを遂に自宅にお招きする編」でいいんじゃないでしょうか。例の週刊誌はスルーしているようですが、むしろこっちをスクープして!しないんだったらこっちでしちゃうよ!?といった感じです(勝手にしたら?)。
一体どういう経緯でこうなったんでしょうか。普通に考えたら薪さんから切り出したんですよね?青木、慌ててるし。そういうつもりでお迎えに上がったんなら、もうちょっと片付けてファブリーズくらいしてるもんね。途中までいつも通り一緒に歩いていた帰り道、急に彼女の方が恥ずかしそうに切り出した。「あの、今日、行ちゃんち寄っていってもいい…
?」ドッキーンΣ(゚д゚)…みたいな?
いや、驚きが中途半端だな。。。キターッ!!!!♪───O(≧∇≦)O────♪って感じか←そんな違いどうでもいい
まず仏壇に手を合わせる薪さんをよそに、バタバタと洗濯物を取り入れる青木…今更生活感隠そうたってもう遅いから。むしろそれこの家の味だから。…ごまかさんでいいからまぁ落ち着きなよ(ーー;)彼女が急に家に来てテンパってる高校生にしか見えないからさ(ーー;)
「ああそのセンタクものよけてくださいねっ」
かえって汚れますからね、って青木あんた、既に着替えた薪さんに向かってなんちゅう失礼な口を!!
「何もしなくていい。お姉さんにお線香あげに寄っただけだから」
…線香行脚の旅ですね(←茶化すところじゃない)。うるさい落ち着け、とはさすがの薪さんも完全アウェイなこの場所で、しかもお姉さんたちのお仏壇の前では言いにくい模様です。
「そんなわけには!ちょっと待ってて下さい今!」
「すぐ帰る」
「そんなっ、せっかくだからゴハンたべてって下さいよっ。ナベとかだったらすぐですから!部屋あったまるの遅いからコタツ入ってて下さいね!」←うちの義母のよう…
青木、薪さんを帰すまいと必死(笑)なんとかおもてなしらしいことをしたい、その気持ちだけは買いましょう(^_^;)
それに、せっかくだから家族に紹介したいもんね、今度俺の家族(もちろん嫁枠)になった薪さんです、って(^^;;←病気です、スルーしてください。。。
青木の家はしかし、洗濯物多いな(・・;)雨の影響ですかね?タオルだけでもすごい数。この光景、畳と線香、部屋干しの匂いまで想像できるわ(笑)和室の長押の上には青木がもらった賞状などが飾られ、隅には舞ちゃんのオモチャコーナー(でもサイコロ状のこのオモチャはもっと乳児期のものですよね…?)、壁のカレンダーには家族の予定がごちゃ書き(うちも綺麗に書くよりこっち派です…名前に丸してみんなの予定を整理せず入った順に書く)。これでもかってくらいの生活感。青木以外は不在だというのに、家族の気配がする部屋。仏壇に向かって手を合わせた後、顔を上げた薪さんはそれらをぐるっと見回し、特に表情を変えるでもなく真顔のままです。
室内の日常を醸し出す雰囲気が一見微笑ましい光景なのですが、この対極的な無言に加え感情を出さない薪さんの顔が、際どいところで一線を画しているといいますか…そこに馴染んでしまわない、そうはできないこの人の性をうまく演出しているようで、複雑です。仏壇に手を合わせ顔を上げ、まずお姉さん夫婦と舞ちゃんのお宮参りの写真を見た薪さんが、やたらガチャガチャとうるさい青木の声を聞きながら部屋中を見回し、青木が去ってから再びお姉さん夫婦の結婚写真に向き直るーーそこで訪れた一瞬の「静」の間の取り方も、ほんと秀逸…。
「あったあったありました」←戻ってきた青木には緊張感ゼロ
昨日舞ちゃんがお友達にもらったお菓子が見つかったと嬉しそうにお茶の用意と菓子袋を一緒にお盆に乗せ、足で襖を開けて騒々しく入ってきた青木…は、俯いて動かない薪さんに気づきます。
「薪さん?」
あんたはもう…空気読みなさいよ(ーー;)お菓子なんかいいから薪さん一人にするんじゃないよ!足で襖パシーン!って、お育ちいいくせに何してんのさ(-。-;もうもうもうっ。
ーーおまえはそうなのか?
薪さんが思い返していたのは、棺に縋って泣く桜木さんが、同じように最愛の人を失わなければならなかった薪さんに対して最後にかけてくれた言葉でした。
ーー死んだらもういいのか?もう守らなくていいのか。
これは嘘をついてまで守ろうとした母親はもういないのだ、とつきつけた薪さんに対して向けた問いなのでしょう。母親のための嘘なら、もうその必要は無くなったのだ、自分のために正直になったって構わないではないか、と。そう訴えた薪さんに悪意があったわけではなく、それが桜木さんをノーダメージとはいかずともギリギリで守りたい、そういう思いから出た言葉であったことは桜木さんにも通じていたと思います。
薪さんが決して非情な人間でないことも、その人の本質が見える、と言った彼にならわかっていたはずです。
ーー死んでしまったからこそ。亡くなってしまったからこそ。
ーー何としても自分がその人の名誉を守り通さなくてはと。
ーーおまえはそうは思わなかったか。
やりがいのある仕事だ、と第九の仕事に誇りと情熱を持っていた鈴木さん…。
ーーおまえもそう思ったからこそ、一人で「第九」をひっぱってきたんじゃないか。
…よかったね薪さん。こんな風に離れたところから、ちゃんと理解してあなたを見守ってきてくれた目があったんだよ(T ^ T)あなたが桜木さんの本質を理解していたように、この人もあなたの本質を理解してくれてたんですよ…嬉しいじゃないですか。こんな風に言ってくれる人がいるなら、悲しい過去ではあったけれど、それを乗り越えて、頑張ってきてよかったと少しは思えるんじゃないですか?生きてきてよかったって思えるんじゃないですか?( ; ; )
「薪さ…」
お茶菓子をコタツの上に置いた青木が、薪さんの傍に片膝をついてその背中に手をかけます。一方顔を伏せたままの薪さんーーその手元にあったのは…。
薪さんの手元にあったのは、黒谷前都知事が桜木さんと警視庁に対し国家賠償請求を起こす構えだ、という見出しの踊る新聞でした。…あおき。洗濯物の前にこれ片付けようよ(ーー;)
訴訟の見出しには青木も気づき、一気に蒼白に…(イマサラ…)
「桜木さんは」
視線は落としたまま青木の方は見ずに、薪さんが口を切ります。
「目の異常、遺伝、永江との関係を公にする意思はないそうだ」
それが結局、桜木さんの出した答え。そして目のことを認めさせる、と宣言していた薪さんも、桜木さんの意思を尊重することにしたのですね…。
「つまり…健常者として有罪になる」
思いつめた様子の薪さんの横顔を、青木はただじっと見つめ続けます。


(変なところで盛り上がりすぎて続いちゃいましたごめんなさい…)

ところでもうすぐ拍手総数2222になるんです。ゾロ目(笑)エンジェルナンバーとも言うようです。詳しくはないんですが、スピリチュアルの世界では、2222ってもうすぐ願い事が叶うよっていうメッセージだそうですw
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Name - eriemama  

Title - Re: わーっ難しいお題もらった…っ

> 舞ちゃんの前ってお仏壇のとこですか??そこちょっと難易度高いですねえ~~;; ハードディスク入れ替えないと…。マウスポイントぐるぐるしてます…(かつ出張中で記憶があいまい…)

出張中に無茶振りしてごめんなさい(笑)
でも私、舞ちゃんのところだけ切り出せばそりゃあほのぼのだけど、全体としてはほのぼのという印象ではなかったもので。
まぁもう、薪さんの幸せを願いつつハッピーオーラに包まれて欲しくはない天邪鬼病なので、いいんですけどね…(笑)

> でも薪さん行くんだっ…ってちょっとびっくりする気持ちもありましたよ?
> あんなに追い返されたり土下座したりしてきたのに。

そうなんですよ、ここはすごく男前だなって思った。強くなったなぁ、と思いました。

> あっじゃなくて、青木家ご訪問自体??;;
> でもなんか、そういうものにすごく憧れてそうではあります…… (いや、実は鈴木のおかげで大学で友達100人できました、とかでもいいんですけどね…ないかなぁ~…;;;)

憧れ…そうか、憧れが詰まってるのが青木だって雪子さん言ってたな(・・;)
薪さんが友達100人?(笑)ないこともないでしょうね、あの警大時代なんか、ねぇ(笑)

> でも青木の世界に果敢に入って行くのめずらしいですね。

ここもこれまでの薪さんにはなかったことだと思うんですが。入らせるのも、入るものしなかったじゃないですか。ノーガードにはまだまだ遠いかもしれませんが、壁が少し低くなったんだろうか、と思いました。

> うーん…この超アメ展開とも思える中に、地獄~…とか入ってくるあたりは、お…?出生の鎖を青木のナウシカパワーで癒し切るつもりですか…?////、と思えなくもなかったり…こじつけ(笑) 僕は桜木さんのような地獄にいるわけじゃない、もう充分だ…なんて身を引いたりしませんように…(;´Д`A;;;

私が引っかかっているのは、もう薪さんの「同じ地獄にいながら」というフレーズ、これに尽きます。これがほのぼので終われなかった一番大きな理由だと思う。確かに救いや変化は見えた気がしますが、そんなにあたたかい気持ちだけでは見送れなかったエンディングでした。

また何か思われることありましたら是非お聞かせくださいm(__)m
2016.03.02 Wed 14:08
Edit | Reply |  

Name - ゆけ  

Title - わーっ難しいお題もらった…っ

舞ちゃんの前ってお仏壇のとこですか??そこちょっと難易度高いですねえ~~;; ハードディスク入れ替えないと…。マウスポイントぐるぐるしてます…(かつ出張中で記憶があいまい…)

でも薪さん行くんだっ…ってちょっとびっくりする気持ちもありましたよ?
あんなに追い返されたり土下座したりしてきたのに。いえ、否定的な意味ではなく、お~行くんだな~って。(私ビビりなので。) だっておばちゃんいるかもしれないのに。(←礼儀!) (いる所に乗り込んで行くのと、今回のように留守で後から帰って来るのとでは全然違うと思う;;; そしてお墓参りに行くのとも全然違うと思う… もちろん、元々行く約束で、お供えとか用意して伺うのとも全然違うと思います……薪さんはビビりではなかった。男前。)

あっじゃなくて、青木家ご訪問自体??;;
ものめずらしかったでしょうねえ~~;;
他人の家なんか、せいぜい鈴木んちに行ったことがあるかないかぐらいじゃないんですかね……? (えっ極端すぎ…?) ましてや一家の生活臭のする家なんか…遠い世界だろうなぁと…;; (あと知識とMRI?) 幼少期の薪家、モデルハウスのようでしたもん…。絶対片付いてた…
でもなんか、そういうものにすごく憧れてそうではあります…… (いや、実は鈴木のおかげで大学で友達100人できました、とかでもいいんですけどね…ないかなぁ~…;;;)
でも青木の世界に果敢に入って行くのめずらしいですね。ご実家訪問てすごい歩み寄り…… やっぱり桜木部長の件で感傷的になってたのかな…? (あげくのはてに俺の嫁紹介まで賜って… ←こらそこでふざけるな)
うーん…この超アメ展開とも思える中に、地獄~…とか入ってくるあたりは、お…?出生の鎖を青木のナウシカパワーで癒し切るつもりですか…?////、と思えなくもなかったり…こじつけ(笑) 僕は桜木さんのような地獄にいるわけじゃない、もう充分だ…なんて身を引いたりしませんように…(;´Д`A;;;

ほのぼの…ではないですねー、読後感。やっぱりほぼやるせない感じで、数%「あ、ちょっと救いがあったかも…」っていうぐらいですよ…正味。ただその数%にどうにか意味を持たせられないかという…(笑)
私、的を絞るのがへたくそで記事読むまで、もや~っとしたものがドベーっとあるだけなので、eriemamaさんが記事を書いたらまた何か思い出したりするかも知れませんね ( ´ ▽ ` )
なんか見当違いなことをいっぱい書いちゃった…です……
昨日の夜書いたコメント…(笑) 長すぎてどうにか端折れないもんかと思ったけど、書き直しとかできるタイプじゃなかった(笑)
2016.03.02 Wed 13:50
Edit | Reply |  

Name - eriemama  

Title - Re: とりあえずコメントしておきますが、がっちり治ってから読んでください…

お返事、遅くなってすみません(・・;)

> 桜木部長が鈴木の想いまで汲み取ってくれたあのシーンはじーんとしましたねえ〜(;▽;)

そうですね、特別親しかった風ではなさそうですが、鈴木さんてそういう相手のこともちゃんと見てそうだし、だから
桜木さんもちゃんと見ていたのかも。もちろんライバル視していたというのもあるでしょうが、桜木さんって、人の何倍も
周囲の人たちの姿をきちんと見るよう努力する姿勢が子供の頃にできたのかもしれないですね、ずっと見えなくて
苦労してきたんだから。時々わからなくなる、って言っていたけど、真面目なんだろうと思う、向き合い方が。
…取り調べで鈴木さんのこと出して薪さんを挑発した時はこやつ、言ってはならんことを!って思いましたが(笑)
見直しました。

> しかし今回、桜木部長もゆかりさんも桜木母も関口長男も関口父も、みんながみんないろんな想いをどっさり置いていってくれるので;;、私のCPUでは処理しきれなくて…かんじんの薪さんのことが置いてけぼりに……;;;

いや、私も…そんな感じです。レビューはほら、テキストを写すだけだから、ちゃっちゃと書けるんです(笑)
でも、それとお話の消化は別です(−_−;)今回の話、単純だっただけに一人一人に思うことはいろいろ…。
でも、この頃なかなかそれを文章にしてアップするのが難しくて、途中で止まってしまうんです→そして次のメロディが出る

> だって薪さん控えめだから……もにょもにょ。

そう、肝心なところで下向いちゃいましたもんねぇ…(笑)
薪さんに関しては、口パク告白もそうだろうけど、徹してるなぁ、先生(笑)
ところで。ゆけさんも今回のお話、ほのぼのとしていい終わり方だったなぁ、でした?もし薪さんが置いてけぼりでなくなったら、お聞かせいただきたいです(^^)特に舞ちゃんに持ってかれる前あたり(笑)

> 舞ちゃん天使で、すごくほわわわ~んとできたのですが、薪さんはそれでも、いつか舞ちゃんがあの事件の真相を理解するかもしれない時を思うと、その笑顔に癒されながらも心臓を掴まれるような思いを同時にしてたりするのでしょうか……きっと舞ちゃんなら大丈夫だよ…薪さん……気休めでごめんなさい……(;´Д`A なんて思ったりして。←思考が暗いんだよっ

舞ちゃんが真相を理解することは、青木と薪さんがくっつかない限り無いような気もしますが…でも、癒されるのは表面の感情だけだったんじゃないかって気もします。だって、まだ「地獄にいながらも」ですよ…?←私もたいがい暗くてすみません

> も~~清水さん~~;;; なんちゅうお話を薪さんに与えてくれたんですかっ 進んでも進んでも全然抜け出せないじゃないですか~…っ;;;

進んでも進んでもって(笑)私はこの抜け出せない感じがクセになってますけど(笑)
2016.03.01 Tue 22:35
Edit | Reply |  

Name - eriemama  

Title - Re: やっぱり無理してた( ;∀;)

> 私も数年前インフルエンザになった時、たぶんタミフルの副作用で眠れませんでした。神経作用?するみたいですね。

あ、やっぱりですか?あれ、しんどいですよね(・・;)神経が興奮するみたいで…体の奥からイライラがくるんですよ…。←すっかり危ない子

> そうそう、薪さん助手席に座るんですね~~!所長なのに!!

でなきゃ青木、すぐ後ろ見ちゃうからじゃないでしょうか(笑)

> 桜木さんのことで薪さんの「家族」に対する思いが少し変わったような気がするのは私だけでしょうか?
> 自分はそばにはいられないけど必ず守る、的だったのが、青木姉に線香あげたいとか自ら近づいて。事件の後で精神的に参ってただろうけど、今まではついてくるなだったのが素直に青木の前で泣いて。

私も変わったんだろうな、とは思いました。心境の変化?でも、どういう変化かって聞かれるとまだあまりわかってないです。
薪さんも青木もお互いの前で泣いてはきましたが、今回はなんか、王子の前で泣くときのように安心して泣いていたように見えましたね。

> いやぁ、式はいつかな!?(°▽°)

桜木さんが知事と和解したのが3年後ですよ。もう、この時は結婚してる!きっとそうだ!と確信しつつ涙を流すおじさんの背中を見送りました(笑)
2016.03.01 Tue 15:57
Edit | Reply |  

Name - eriemama  

Title - Re: それはわたしです

> 2222を踏んだのは私です……

はい、ありがとうございます!(=゚ω゚)ノ

> 書き込まないと忘れちゃうんでね………(T_T)

私は書き込んでもほぼ見なくて、よくど忘れする人です(笑)
最近すごく大事なことでも忘れそうになるので、やっとスマホのスケジュールアプリ使うようになりました(⌒-⌒; )

> そうそう、桜木さんの「そう思ったからこそ第九を……」には泣けた!あれは名シーンでしたね!

鈴木さんと薪さんの仲を正しく(笑)理解していて、その後の薪さんが立ち直っていくところもしっかり見てくれていて。薪さんの警察人生を肯定してくれたような気がします。最初は薪さんとの確執、っていうのに目がいって胡散臭く思っていたのですが(笑)、ありがとう桜木さん(T ^ T)
2016.03.01 Tue 15:48
Edit | Reply |  

Name - eriemama  

Title - Re: 2228!

> ありゃ、Nさんの3連続記事アップを上回る4連続! って思ったら大丈夫ですか……? ちょっとよくなったと思って無理したらダメですよー。

病んでる時ほど燃費が良くなるみたいで(笑)でも、行き詰ってます;;;残り数ページの解釈が定まらずでして。
どう読めばいいんだろう。今回のお話の印象が決まるところだと思うんですが、多分私、ズレてます(・・;)

> 拍手は残念ながら2222ゲットできなかったけど2228でした♪ にゃんにゃんニヤッ?

一気に記事アップしたので早かったんです(⌒-⌒; )次は2345かな(笑)←1は?

> 壁のカレンダー、家族だとやっぱり使うんですね。室内物干しも使わないし、この辺の描写は自分も薪さん視点と同じだと思うので、なんか新鮮でした。

うち、カレンダーも花粉の時期の室内物干しも同じ感じかも(笑)居間におもちゃコーナーも同じです。コケシも(笑)

> このあとのeriemamaさんの妄想劇場を超楽しみに待ってますよ♪

ありがとうございます。今日中にはアップできそうです…寝てしまわなければ(笑)
2016.03.01 Tue 15:37
Edit | Reply |  

Name - ゆけ  

Title - とりあえずコメントしておきますが、がっちり治ってから読んでください…

桜木部長が鈴木の想いまで汲み取ってくれたあのシーンはじーんとしましたねえ〜(;▽;)

しかし今回、桜木部長もゆかりさんも桜木母も関口長男も関口父も、みんながみんないろんな想いをどっさり置いていってくれるので;;、私のCPUでは処理しきれなくて…かんじんの薪さんのことが置いてけぼりに……;;; …だって薪さん控えめだから……もにょもにょ。ちょ、デフラグかけますから…っ ちょっと待ってっ…;;; っていう感じでした私。eriemamaさん、そんなスラスラ文章にできてすごいです。インフルに侵されながらも……

舞ちゃん天使で、すごくほわわわ~んとできたのですが、薪さんはそれでも、いつか舞ちゃんがあの事件の真相を理解するかもしれない時を思うと、その笑顔に癒されながらも心臓を掴まれるような思いを同時にしてたりするのでしょうか……きっと舞ちゃんなら大丈夫だよ…薪さん……気休めでごめんなさい……(;´Д`A なんて思ったりして。←思考が暗いんだよっ

も~~清水さん~~;;; なんちゅうお話を薪さんに与えてくれたんですかっ 進んでも進んでも全然抜け出せないじゃないですか~…っ;;;
舞ちゃんが成長して赦してくれるまでなんて、私待てないよう~(ノД`)・゜・。青木がんばれ青木がんばれ…!岡部さんたすけてー。す、鈴木ぃ~。e、eriemamaさん~~ (病人さんを呼ばない!ハイ!うそです!スミマセンっ……ほんとうそです…ゆっくりしててください…;;;
2016.03.01 Tue 01:30
Edit | Reply |  

Name - なみたろう  

Title - やっぱり無理してた( ;∀;)

ゆっくり寝て下さいよ~。
(と、言いながらコメントしている。後でゆっくり見て下さい)
私も数年前インフルエンザになった時、たぶんタミフルの副作用で眠れませんでした。神経作用?するみたいですね。

そうそう、薪さん助手席に座るんですね~~!所長なのに!!
思えば大統領を守れなかった青木を叱責して、その後自ら傷ついてまで活躍し、また今回は大統領を庇った薪さんと同じことをしてくれた青木に
「ありがと❤」
て心境か?そうなのか?嫁になってやってもいいぞ?なのか?
桜木さんのことで薪さんの「家族」に対する思いが少し変わったような気がするのは私だけでしょうか?
自分はそばにはいられないけど必ず守る、的だったのが、青木姉に線香あげたいとか自ら近づいて。事件の後で精神的に参ってただろうけど、今まではついてくるなだったのが素直に青木の前で泣いて。
いやぁ、式はいつかな!?(°▽°)
2016.02.29 Mon 22:41
Edit | Reply |  

Name - ねこじゃらしにゃんたろー  

Title - それはわたしです

2222を踏んだのは私です……

あまりご無理をなさいませんよう!続きも楽しみに待ってますが!

私、壁掛けは使わないけど卓上カレンダーにがっつり予定書き込んでます。
書き込まないと忘れちゃうんでね………(T_T)

そうそう、桜木さんの「そう思ったからこそ第九を……」には泣けた!あれは名シーンでしたね!
2016.02.29 Mon 22:34
Edit | Reply |  

Name - たきぎ  

Title - 2228!

ありゃ、Nさんの3連続記事アップを上回る4連続! って思ったら大丈夫ですか……? ちょっとよくなったと思って無理したらダメですよー。
拍手は残念ながら2222ゲットできなかったけど2228でした♪ にゃんにゃんニヤッ?

壁のカレンダー、家族だとやっぱり使うんですね。室内物干しも使わないし、この辺の描写は自分も薪さん視点と同じだと思うので、なんか新鮮でした。

このあとのeriemamaさんの妄想劇場を超楽しみに待ってますよ♪


2016.02.29 Mon 22:26
Edit | Reply |  

Add your comment