GARDEN CITY LIFE~annex~

お越しいただきありがとうございます。当ブログは清水玲子先生の『秘密』のレビュー(時にネタバレ)と二次創作(こちらは一部BL要素含)のざっくり二部構成になっております。記事は単純に日付順に表示されておりますので、お読み頂く際はサイドバーや記事一覧などでカテゴリーをご確認またはセレクト頂けますと安心、安全です<(_ _*)>

メロディ2016年6月号『秘密 THE TOP SECRET season0-特別編-』レビュー① 

初めましての方もお久しぶりですの方もいつもどうもな方もこんばんは。
大阪のおばちゃんと薪さんを愛でる会(隔月開催)にお越しいただきましてありがとうございます。
こちらの記事からしばらく、メロディのネタバレが続きます。未読の方は充分ご注意いただき、ネタバレなんてごめんよ!という方はこのままUターン、一緒にツッコミを楽しんで頂ける方のみお進みくださいませ。

では、相変わらず需要があるのかないのかよくわからない(笑)レヴューです。





今回は表紙からネタいや、お話が始まっております。

――一週間「第九」の捜査員総出であたった事件の報告書データが消えた

何ですと!!?

待って?なんかこれ、前にも似たようなことが…(^^;)?(番外編のお約束でしょうか?)
それに第九ってみなさん一応東大京大はじめ一流大学出身の選りすぐりエリート集団なんですよね…???バックアップは?経緯は?(もしかして今度はクロスケの子供あたりがデータ入ったディスクか何かをかっさらっていった…?)私のSSやレビューじゃないんだから途中保存忘れてクリック一つで間違って消したりしてないでよ…?(;´Д`)

「え」
デスクに向かって座る薪剛所長に報告。勿論「あ、そう」で済むはずがありません。切腹モノです。←それはない
「………何だって…?」
手にしていた書類をバサッとデスクに落とし(投げ捨てたの?)、キィ、と椅子を引いてこちらを振り向かれる薪さん…。おっと、苛々のお供、ボールペン(シャープペンでも可)をお忘れですよ、さささ、どうぞどうぞ…、と差し上げずとも、まぁ何ということでしょう、タイムリーにデスク上には薪さんの美しいお手元にちょうどいいサイズ感のペンが…(間違いなく今回の犠牲者だな…;;;;お気の毒に)。
そのペン先をデスクに力いっぱいグググと押し付け(「キャーやめてしょちょー!!イタイっすー!どうかおなさけをー!…あ、あおきさぁんっT^T」(ペンの声))、
「…ちょっとよく聞こえなかったな…もういっぺん」
ペンの限界が案じられるところですが、それより何よりこっちを見据えるその鬼気迫る真顔が超コワイです所長…

「言えるもんなら言ってみて?」

Σ(゚△゚;ノ)ノキャー!!!

誰が報告に赴いたのかわかりませんが、もうそれだけでちょっとした勇者です。

――普段から絶対そのボールペンで人殺してますよね?もう5人くらい殺ってますよね?ってくらいいつも機嫌の悪い薪所長に、この最悪なニュースを伝えなくてはならないという自爆ミッション発生

……自爆ミッション(爆)←まんますぎて笑えません…(-_-;)
っていうか、皆薪さんのボールペンはやっぱ凶器扱いなのね(笑)いつブスッとやられるか気が気じゃないのね(笑)
そしていつも機嫌の悪い薪所長って…(^▽^;)そこまで…?

【トライその① 青木一行:元部下。現九州第八管区室長】←ハイハイハイ!ここからにゃんたろーさんの今日の青薪かと思った人「ハーイ」!(私だけ?)

「事件のデータが消えた!?うわ…バックアップとっておかなかったの?一体またどうしてそんな…っ」
一番薪さんが甘い顔をしそうな彼にまず泣きついてきたのは、岡部さんの部下、波多野ちゃんと山城さんです(以下波多山コンビ←どこかで…;;;)。
あのー、それダイレクトに薪「所長」に持ってくつもりなんですか…?
あなた方の上司、一応岡部さんですよね?岡部さんは?青木の前に岡部さんだよね?(-。-;
っていうか青木、何でいるの?(笑)ここはどこ?(笑)
「ああ、まあでも…」
さすがの青木も冷や汗ものですが(だって前に曽我さんのデータ紛失事件がありましたものね…曽我さん、「バカ坊主」言われてましたからね)、大丈夫です。何故なら。
【〈性格〉非常識に前向き(ポジティブ)】
だから!(笑)
非常に前向き、なのではありません。上を行っています。非常「識」に前向き(笑)
…先生、確か青木の初期設定「普通の感覚を持った人」ではなかったですか…?いつの間にか生みの親でいらっしゃる先生までそういう認識に?(笑)
「グッ!w」と親指を立てるポーズで「ドンマイ!」と天使スマイルを見せる青木に波多山コンビもさすがに「え」と引いてますが(^^;)…わかってんのかなこの人?みたいな感じ…?(笑)
一応確認しておきますが「ドンマイ」って「ドントマインド」…、気にしなさんな、という意味ですよね(^^;?この状況でどうすればそんな前向き思考が生まれるのでしょう…。気にせんなあかんでしょ(笑)←いや、多分青木のドンマイただの励まし…(ご存知の方も多いと思いますが相変わらず私、青木に当たり強いです、すみません。でも好きですから(笑))
と、その理由が間もなく明かされます。
「でででも、薪所長が何とおっしゃるか…」(波多野)
「ああそうだなあ…」←「そうだなあじゃねーよ!」(波多野、心の叫び)
一瞬だけ考え込む青木ですが、すぐに鈴木さんばりの爽やかイケメン風に(ナゼ?;;;)。
「でもあの人あれで時々すごく優しいし……」
青木がその時思い出していたのは、全国250万乙女が涙した(ホントか?)かの名シーン、「おまえのかわりに僕が見るから」です。。。
うん、優しかったよねぇ(泣)あと、飲み会の後の号泣したあなたに付き添ってコーヒー奢ってくれた薪さんとか、忘れちゃいけない「待ってるから」の時の薪さんとかも―!めっちゃ優しかったやんなぁ…、わかるわぁ!←友達?
――おっといけない。つい青木に流されるところでした(-_-;)
いやね、確かに優しいんだけどぉ。それ、あなたしか見てない薪さんの顔だからね?(^^;)賛同を得るの、多分すごく難しいよ?(^^;)旧第九メンズの皆さんならともかく、波多野ちゃんとかにはまだ、ねぇ…?っていうか、もしもし?目の前の波多山コンビ見えてる???(^^;)
あの時の健気に一生懸命慰めようとする薪さん(でもこの直後青木が死んじゃう白昼夢見てますこの人…)、を思い出しデレっデレになる青木に、人選間違ったか?といった風情で無言になる波多山コンビ(ちょいちょい崩れた青木が別人に見えるの気のせいでしょうか…^_^;)。
「………青木室長?」
ホラホラ山ちゃんなんて白けちゃってるよ(;´Д`)ごめんね山城さん、彼、悪い子じゃないんだけどね、たまにこういうことあるの、薪さん超至上主義だから…(山本氏のコメント?)。
「あっゴメン、今ちょっと昔のこと思い出しちゃってっ」
「………」
デレる大男にイラッとくる波多野ちゃん…(笑)
「ああ何ならソレ俺から薪さんに伝えてあげようか?」
オレも久しぶりにお会いしたいし、と青木。薪さんにお会いしたい、と堂々と言う関係者なんて多分この子くらいなんですよ?山城さん…(←何が言いたいのよ。。。)。
青木スマイル全開。後光が射してさえいます(;・∀・)
いや、そんな部外者のアンタが報告したらきっと薪さん余計に…;;;;やめよう?やめとこ…?(今なら間に合う)
けど、哀れ恋は盲目、「おかわいらしい」(?)薪さん映像しか思い出せず、今井さんに言わせれば「あれは『前向き』というよりただの『バカ』」だそうですが(笑)、薪さんへの対応に根拠のない自信を見せる青木…。
しかし。
薪さんへの凡ミス報告は誰がやっても自爆ミッションには変わりはなく――
見事破壊されたペン(合掌)の一部(?)がビュッと空を切って頬を掠め足元にパラパラ落ちるに至り、さっきのあのポジティブシンキングが導き出した「なんくるないさ〜」(←あくまでも雰囲気です)はこと薪さんに関しては通じない、ということを悟ったであろう青木…いい加減学習おし(-_-;)あなた一体何度旧第九でえらい目に遭う先輩方を目にしてきたの…?「褒めてるように聞こえるのか!」とか「生ぬるい覚悟で近づくな!」とか色々あんたも言われて来たけど、あんなもんじゃなかったでしょ?岡部さんも今井さんも曽我さんも小池さんも山本さんも、とばっちりで雪子さんさえ…宇野さん以外ほぼみんなやられてるよ???背筋凍ってるよ?
でも言った言葉はもう無かったことにはできません…。
薪さんの秘密兵器「壊れたペン」飛来(?)によりほっぺに流血イン第九、な青木、思わず腰を抜かさんばかりにドアを背に青ざめます。。。遅い、遅いよアンタ(・・;)すべてが後の祭りだよ。。。(そして青薪すとがドキドキしている最中&ふたりがいいムードになった時は入ってくるのにこんな時には入ってこない、わきまえているのかいないのかが全くわからない岡部靖文室長…)。
ガタッと席を立って振り向く薪さんの目の凄みと怖さったら(笑)

「データが…何だって?青木」

ここで青木の惚けていたせいでストップもしくはスローモーションになっていた思考回路がようやく復活。かつては飛び級で高校を卒業、東大ストレートコースで地元の星と称えられていた(だろう)優秀な頭脳が回復したおかげで(笑)状況が正確に見えてきます。
そう、薪さんが優しいのは「時々」ではありません(笑)
「時々」じゃなく「まれ」だった。いや正確にはあの「一回」だけだった、と振り返る青木。…そ、そうかな?そこまで行く?そうでもないかもよ?
(「大抵」はこんな風にいつも凄く怖かったんだった!!だった!!)←極端
「どうしよう!」
と取り乱しまくったせいで心の声がうっかりダダ漏れてしまう青木…。
「じ…じ…事件のデータが…事件の」
詰め寄る薪さんの前で、動揺のあまりフルフルと小刻みに震える高学歴高身長のハイスペック天使青木。
「データが?え!?」
ざーとらしく(笑)片耳に手を当て、下からよく聞かせてみ?なポーズを取って迫る第九の絶対神薪さん(^^;)
「き…き…消え」
恐怖に顔をこわばらせ泣き出す青木(笑)恋しかった薪さんに自ら「久々に会いたいし」とか言ってこの役かって出たのあんただよ;;;;
「ん?消え?
わー!とプチパニックに陥った青木…面白い…いや、ゴメン。でもこの状況、かわいそうだけどトイレに駆け込んで舞ちゃんの写真見て心落ち着く猶予、ないからね?(;^ω^)
「ま…舞が…舞が…」
「?舞が?
「舞がまた薪さんに会いたいって…ああっすいませんごめんなさい何でもありませんっっ!!
青木撃沈……(舞ちゃん脈絡なさすぎでしょう…)
ドアの外では一部始終を立ち聞き(…いえ、きっと心配で待っていたら全部聞こえてきたんだよね?(^^;)そこ、ドア薄そうだし)していた波多山コンビがひそひそ当てが外れた発言(笑)
「何だよ唯一青木室長には甘いんじゃなかったのかよっ(←波多野メモ?)。混乱しまくってんじゃねーかよっ」(山)
「まったく口程にもなかったですね」(波)←波多野ちゃんのキャラ…

そういうわけで次、今日の岡薪(笑)←もうそういうことで…(すみませんにゃんたろーさん…)

【トライその② 岡部靖文:関東第三管区室長。「第九」前時代から薪の腹心の部下として支え続け薪から全幅の信頼を寄せられている〈性格〉気は優しくて力持ち(力持ちって性格?^_^;)・温厚】

期待してます!我らがやっちゃん登場!(笑)

できる男岡部さんが決戦の舞台に選んだのは、おそらく仮眠室?ちょっと休んでくる、とでも言って薪さんがそこに入って行ってから少し経過した頃が狙い目です、多分(笑)。
さすが、わかってらっしゃる。これから寝ようとしている人間ならそうそう簡単には沸点に達しないだろう、そういう読みが感じられます(そう?)。そして、酔っていれば騙くらかすのはシラフの時よりずっと容易い、つまり青木のように正攻法ではダメ、と…(笑)
なぜかドアは全開だったようですが、コンコンと壁をノックして入室してきた岡部さん、まずは相手の状況をナチュラルに探ります。
「薪さんすみません、今、よろしいですか?もう休んじゃいました?」
薪さんはソファに横になってますが本か書類のファイルを開いて起きていらっしゃいました。でも、相手のフリーな姿を確認してもここですぐに本題に入らないのがやっちゃんのうまいところ。急いてはことを仕損じる、です。
「ちょっとおり入ってお話が…出なおしましょうか?」
「いやいい、ちょうど眠れなかったんだ。何だ?」
ドアの外では波多山コンビが経過を見守っ……ドアに張り付いて聞き耳立ててるー!?(笑)っていうかあんた方耳に何当ててるの!(笑)紙コップ…?(^◇^;)
「お?何か今薪さんちょっとおだやかじゃね?」(山)
「仮眠を取る前っていう話を切り出すタイミングがいいですね!やっぱ青木さんより薪さんのことわかってますね!」(波)←言われてるよ青木…
「よかった、じゃあコレ」
薪さんのご機嫌がまぁまぁなことを確認したところで、ドン!とおもむろに岡部さんが薪さんの前に置いたのは何とーーええっ!?一升瓶ですっΣ(・□・;)やっちゃん…じゃあコレってまさかの賄賂?そうなの?それとも酔い潰して本当にうやむやにしようと…?
「………」
コレは…、ともの言いたげではありますが相手は岡部さんなので無言のまま酒を指し上目遣いでおい岡部、をする薪さん…(かわいい…)。そんな薪さんの背中をポンポンと叩き、「まあまあまあ」と笑顔で宥めるやっちゃん…うん、いい感じです(笑)
「今日はもう仮眠とって寝るだけっしょ!!いー酒手に入ったんすよ!」
波多野ちゃんによると薪さんは日本酒好き。第九の飲み会でも日本酒飲んでましたしね。さすが腹心の部下岡部さん、薪さんの好みは熟知しています。これで懐柔すると…(笑)
どうでもいいですが仮眠にしろ本格的にせよ寝るだけならお家に帰りませんか所長(⌒-⌒; )要はもう、仕事終わってるんでしょ?(薪さん今は第九に住んでる疑惑浮上しちゃうよ?)
それにいくら薪さんが第九の絶体神だとしても職場で公務員がお酒はちょっと……ほら岡部さんっ、ダメだってやっぱ栓抜いちゃったりしちゃあ……あ、ポーズだけ?ですよね?え…?

トポトポトポ…。

飲むんかい!!(^◇^;)

番外編は自由です…。ここから仮眠室家飲み状態と化します(笑)
「いやーーしかしここだけの話、俺あんまり奴等の前では褒めないんですけどね?波多野も山城も頑張ってるんすよ…初めの頃に比べたら見違える程…」
「…ああ。しってる。2人ともひろいもんだった」
酒を口に運びつつ、そんな話をして穏やかに微笑む岡薪さん…(注:しつこいですがいい雰囲気だけどここ居酒屋ではありません)
ドアの外では聞き耳をたてていた2人が思わず事態を忘れて感動…。とりあえずデータ紛失は置いといて良かったね(^^;;
「…それで話というのはね…薪さん」
お?ここでやっと?
「まあ…おひとつ…」
トクトクとおかわりを注いであげる岡部さん。行くの?ついに仕掛けるの爆弾?…じ、自爆しちゃ嫌だよ?岡部さん!
ドキドキドキドキドキ……

「たまったま!たまたまですよ!」
そう叫んで机にドン!と拳を振り下ろしたのは…お、岡部さん???さっきのトクトクからドン!までの間に一体何があった…?(-。-;
「『物欲しそうにこっち見んなヒゲゴリラ』って…!!たまったまっ2回目があっただけっすよ?だだっ!!誰が…っ、誰があんなケツの青いガキ…!!」
「岡部、もう帰って寝ろ」
酔いのせいで赤らんだ顔の岡部さんが薪さん胸ぐら掴んで何やら力説…(絡み酒?)。ガクガクやられても手に持ったお酒は離さず大して困惑した様子でもないあたり、薪さん…もしかして慣れてる…?この話何回目?(-。-;
「薪さんアンタ人事だと思ってますね?自分はそんな目に遭わないってバカにしてますね!?あーあー薪サンや今井は格好いいからきっと一生わかりっこないんだねっ、オレ達山本や曽我や小池や青木の気持ちなんかねっ」
「青木も入るのか…」←薪さん小さくナイスツッコミ(笑)いいんですか?僕の青木、非モテ組扱いですよ?(⌒-⌒; )
岡部さん、コンプレックス根深そうですね(ーー;)薪さんと今井さんだけがイケメン枠なのか…アメリカの彼が抜けてますが?(笑)そして山本さんは既婚者だからまぁ、ね?(^^;;
「岡部さんのが酒弱いってもう!計画そのものがダメじゃん!」(山)
「オカベさん…T^T」(波)
クッソ使えねーあの中年ヒゲゴリラが!と山城さん思わず暴言…;;;;コラコラ、上司上司(^^;;
こうして岡部さんもある意味自爆に終わったのでした(切り出せてもないという…やっちゃーん!)

(続く)



関連記事
スポンサーサイト

Comment

Name - eriemama  

Title - Re: タイトルなし

こんにちは。はじめまして〜。コメントありがとうございました(^^)

> 1週間ほど前に友達に教えてもらって秘密(本編)にはまって全巻制覇、
> スピンオフも今出ている巻は既に購入済みです。

いいお友達をお持ちで…T^T
なるほど、絶賛ハマり中なのですね?今が一番楽しい時ではないですか!羨ましい(笑)きっと今出ているところまで単行本制覇したら、次のメロディが出るまでに何度でも読み返したくなりますよ〜w

> 中毒感が半端ないですね!

それです!中毒感(≧∇≦)いつぞやの夏は本当に毎晩今日はどの巻読もうかなぁ→興奮→感動→号泣の繰り返しで、自分の壊れぶりがおかしいと同時にそれはそれは幸せでした(笑)今はだいぶ熱が引いて微熱くらいになりましたけど、それでも冷めないんだから薪さん凄いです…。

> 私は薪さんの「青木も入るのか…。」は、
> 「雪子さんと婚約できたんだからそうでもないんじゃないか」的な意味かと思いました。

アハハ(^◇^;)雪子さんのお眼鏡にかなったんだからイケメンってことだろ?っていうニュアンスですね?そうか…雪子さんが好きなのって鈴木さん、薪さん、とずっとイケメンですもんね(笑)そんな彼女と婚約できたんですもん…でももう岡部さんたち、忘れちゃってるのかな?青木の快挙(笑)

> もうすぐ10月号発売、単行本派ですが、雑誌も買います。
> (大人になってから初!)

沼ってますね?(笑)いや、私も同じですよ、漫画雑誌なんてこのトシで買うとは思わなんだです。付録のついている号買うときとか未だにちょっと勇気いりますし単行本にしても購入者特典のファイルとかカードもらう時ドキドキします(^^;;
でも、欲しい!リアルタイムで追いたい!ってなるのが秘密の凄いとこですよね〜。
次のメロディは是非一緒に盛り上がってください♪( ´▽`)
2016.09.25 Sun 20:53
Edit | Reply |  

Name - 秘密すき  

Title - 

こんにちは。

1週間ほど前に友達に教えてもらって秘密(本編)にはまって全巻制覇、
スピンオフも今出ている巻は既に購入済みです。

中毒感が半端ないですね!

子供の頃に戻ったみたいにハマった漫画です。

私は薪さんの「青木も入るのか…。」は、
「雪子さんと婚約できたんだからそうでもないんじゃないか」的な意味かと思いました。

もうすぐ10月号発売、単行本派ですが、雑誌も買います。
(大人になってから初!)

秘密恐るべし…!
2016.09.25 Sun 12:18
Edit | Reply |  

Name - eriemama  

Title - 拍手鍵コメAさま

鍵コメありがとうございました。追い詰められて泣く青木、そうそう、一期一会のトイレシーンみたいで(笑)私もあれのパロディかのように見えてダブルで可笑しかったです(^^;;
薪さんがいじめられてるの見ると「っくぅー!!>_<」とまるで雪子さんのようにゾクゾクしちゃいますが(笑)青木が薪さんにいじめられるの見るのも大好きです(^◇^;)…なんというか、安定の青薪を見る感じで(笑)

岡部さんの絡み酒シーン、全く酔ってなさげな薪さんなのに妙に色っぽいですよねぇ…どうしてでしょう?素だから?無防備だから?(⌒-⌒; )そして私、この一連のシーンで薪さんの小指が若干立ち気味に見えるのがすごく気になってそんな自分がおかしくて仕方がありません…;;;
2016.05.07 Sat 23:18
Edit | Reply |  

Name - eriemama  

Title - Re: いやいや

> そして、岡部母さんは胸ぐらをつかんでわあわあ言ったあと、薪さんの胸でないて嫌がられていると思います(笑)
> 薪さんが慣れてる風なので岡部さん実は泣き上戸なのか!?

ああそれ、いいっ(笑)嫌がる薪さんが目に浮かびますわぁ(笑)
にしてもヒゲゴリラは一体どこでどういう経緯で言われたんでしょうね(^^;;
薪さん結構岡部さんとは飲み友達っぽいですがよくこの状態だと鬱陶しくないのかな(笑)

> 今回青木&岡部はちょっとダメダメでしたね!

でもある意味薪さんに可愛がられている2人、が見られてこれはこれで良かったですw
2016.04.29 Fri 10:59
Edit | Reply |  

Name - ねこじゃらしにゃんたろー  

Title - いやいや

本当に、「今日の青薪」「今日の岡薪」のようでちょっと嬉しかったです(^0^)

そして、岡部母さんは胸ぐらをつかんでわあわあ言ったあと、薪さんの胸でないて嫌がられていると思います(笑)
薪さんが慣れてる風なので岡部さん実は泣き上戸なのか!?

今回青木&岡部はちょっとダメダメでしたね!

そして後半戦のあのお二人………!!
2016.04.28 Thu 20:47
Edit | Reply |  

Add your comment