メロディ2016年8月号『秘密 season0– 増殖–ACT.1』レビューその⑦(笑)

ひとつ前のネタバレ⑥号が通算400目の記事でした。ほぼメモ程度でアップしていない下書きなども含めてカウントされているので実際表に出しているのはもっと少ないんですが、長いこと続けてきたなぁって気がしました。そして無駄に長いいつまでかかっているんだっていう今回のレビューですが……。

すみません、今度こそ、今度こそ最後です、ネタバレラストです…←ちっさ(笑)





「薪さん!」
明らかにコンパスの差はあるはずですが、青木を放っぽっていつものようにスタスタと先に帰っちゃう薪さんを追いかけてきた青木です。きっと薪さん、ちゃっちゃと先に行きはしても後ろを必死で追ってくる来る青木を感じて安心、青木はやっぱり可愛いな、とか思っておられ――ないですか?そうですか…。
薪さんはゲートくぐってその向こうのドアを出て行くところ…。また律儀にタジクにさようならとかして刑務所の方には薪さんの粗相のお詫びでもしていたんでしょうか?青木、遅い…ちょっとでも目を離しちゃダメだからねー…。すぐどっか行っちゃうんだからねー。
さすがにあのヒビはやりすぎたか…まぁ仕方ない待ってやるか、と思ったのかはいざ知らず、走って追いかけてきた青木をちょっとだけ待ってあげる薪さん。もうさっきまでのお怒りモードは引っ込んだようです。一過性です。(かといって機嫌が良さげなわけでもないですが)。
「待って下さい…本気ですかタジクに…受刑者に捜査協力なんて。捜査資料を見せることになるんですよ?上層部の許可が出るとは思えません。もし――」
でかい身体全体を使い、本気なんですか?ちょっと落ち着きましょ?とでも言うように薪さんを思いとどまらせようと説得に当たる青木ですが、熟考してから一度決めたんだろう決定を薪さんが覆すとも思えません。
「青木」
表情を変えることもなく青木の言葉を聞いていた薪さんがそこで遮ります。
「おまえ忘れているようだが僕はもう上層部なんだが」
何をおっしゃるのかと思えばつっこみでした(・・;)
最近妙に馴れ馴れしい青木に不安を憶えたんでしょうか(笑)。警視長という肩書きに加え科警研所長でもある薪さん。最近では総監はじめ警察官僚のお偉方を笑顔で脅すほどにまでおなりあそばして、鈴木さんも天国でさすが俺の薪、って鼻が高いのではと思うのですが(^^;;
「知ってますよ!今が緊急事態だってことも!私服を着ると未だコーコーセーみたいな薪さんだけどすっげエライ人だって事くらいみんな知ってますよ!!」
あ、一応わかってはいるのね…ええ~~~っ、とか言ってたけどわきまえてはいるのね…。そりゃあそうです、だいたい薪さんが帰国する前だって海外で華々しく活躍しテレビにも出まくりな薪さんを、ホエー…、と見ていた青木ですから。アメリカで再会した時だってみんなが薪さんを囲んでいて近づくことさえできず、手が届かない人オーラ凄かったですもん。充分雲の上の人感は植えつけられております。
が、そのすっげエライ、私服でなくとも下手をするとコーコーセーに見えかねない高官に若者言葉も交えつつ背丈だけでなく態度もデカく接するようになってきた青木。そう、偉い人なのはわかっているけれど、最近の青木は一味違うのです。お行儀よくわきまえているだけではないのです。原罪編の冒頭あたりでは「言い返したり反論したりしない賢い男」だという認識を薪さんも持っていたようですが、事実そういう子だったわけですが、今はほら、違うよ?っていうところを見せるのが今の青木の新しいスタイルのようです。←突然に思えたキャラ転向、そろそろちょっと受け容れないとついてけません(笑)
「でも」
しつこいですが上層部のすっげエライ人に食いさがる青木。
PPPPPPPP…
電話ですよ薪さん。その場に響いた着信音に青木も口を噤まざるをえなくなり、薪さんもコーコーセーみたいとか言われたけどブチ切れたりせず平常モードをキープできました。…ホッ。
カチッとボタンを押し薪さんが応答…となるのかと思いましたが、画面を見て耳には当てないところを見ると今の着信音はメールのもの?(長かったよ?)
しばらく画面に目を走らせてから大きく目を見開く薪さんの変化に気付き、どうしたんです?とスマホを覗き込もうとする青木。コラコラ上層部の携帯ー!!←やっぱりまだ受け容れられていない(笑)
「今の着信音は岡部さんですよね?」
…普段は別々に仕事していても異様に薪さんについて詳しい青木(・・;)そして薪さんのまつげの本数が数えられそうなくらい顔を接近させる青木(・・;)←近眼だから…
「31人」
「え?」
ポツンと呟かれた数字は新たな犠牲者が出たことを示していました。鋭い目で前を見据え、カッと靴音も高く再び歩き出しながら、まだ何が起きたのか呑み込めていない青木を振り返ったのは、冷静な捜査官の仮面の下に渦巻く感情や思考をひた隠した、静けさをまとった薪さん。もたらされたばかりの事件に関する最新情報は、ひどく短く…けれど薪さんたちにとっては極めて重いものでした。
「死者が31人に増えた」



グシャッという何かが潰れるような湿った音に続いて響いたキャーッ!という悲鳴。それを聞きつけ、数人が廊下の突き当たりにある窓の方へと駆けて行きます。
「何だ今の音!」
「外だ!」
「とび降り!!」
「7階から!!」
俄かに騒然となったここは、圭介さんが運び込まれていた病院です。廊下で岡部さんと電話中だった山城さんも騒ぎに気づき、そちらに目をやります。
「患者だ!腕に点滴つけたまま!」
腕に点滴、という声に、ハッとして背後を振り向く山城さん。電話が来て病室を出た時に閉めたはずのドアは開かれており、奥には開いた窓から吹き込む風にはためくカーテンが見えています。そして、ドアと窓との間にあるベッドに寝ていたはずの圭介さんの姿がないことに気づいた山城さんの手からはスマホが滑り落ち、床を打ったその画面に亀裂が走ります。



「昨日病院の7階からとび降り自殺を図り、ICUで集中治療を受けていた佐野圭介(25)が亡くなった」
廊下を進みながら、後ろをついてくる青木に薪さんが説明します。ということは圭介さんのとび降りは7日、亡くなったのは8日ということで即死ではなかったのですね…。
「この男は『第九』の山城の友人で、佐野は仕事で都合がつかなくなった山城からチケットを譲り受け映画祭に参加していた。責任を感じた山城はずっと病院に付き添っていて、この飛び降りの現場にも居合わせたらしい」
山城さんには青木も面識がある――のですよね?薪さんの説明を聞き、青木が蒼ざめます。知人でなくとも事情を聞けば壮絶な話です。

飛び降りの直後、混乱する現場で飛び降りたのが誰なのか、空になったベッドは見たもののそれでも山城さんは確かめなくてはなりませんでした。いや、たくさんの人が押しかけ下を覗き見ている窓の方に彼が足を向けたのには、そんな義務感のような意思はもうなかったのかもしれませんが。
電話を受けるほんのわずかな時間目を離した隙に起きたことを、おびただしい血を流し地面に横たわる友人の姿を目の当たりにして確認した山城さんを襲ったショックは、いかばかりだったことか――
そうして、彼が突き落とされた地獄を知らない薪さんではありません。それはまた、青木も……。
――山城
あのチケットを渡す直前までは、当たり前に元気だった友人の笑顔。
――コレチケット
――サンキュー。でもいいのか?
山城さんが好意で譲ったチケットをたまたま彼の友人だったというつながりで受け取って、飛び降りで命を落とした圭介さん。圭介さんに誘われたことで苦手なホラー映画を観に行き、死んでしまったその恋人。
偶然が繋がって死に至った2人…少しでも途中の事情が変わっていたら、死んでいたのは山城さんだったかもしれません。
そして、SNS上では「とびおり」「また1人死んだ」「31人目」「あの映画を見たら死ぬ」という傍観者たちによって煽られ、広げられていく恐怖…。



刑務所を後にした薪さんたちは、話をするためか休憩なのか、どこかの喫茶店に落ち着いていました。…いや、落ち着いている、のかな…。
バン!と今度大きな音を響かせたのは…青木です。テーブルの上に置かれたディスクの上に乗った大きな手。その手の主は、目の前で片肘をつき額に手を当てて上体を支える美貌の上司を見据えます。
「薪さん!」
正義感が強く、使命感にかられると自らの危険を省みるのを忘れるところは青木も薪さんにひけをとりません。事件はそれまでも許し難いものだったと思いますが、身内が関係者になったとあれば青木がヒートアップするのは目に見えています…それがわかっている薪さんの胸中ですよ(・・;)手で庇うように隠された薪さんの瞳は強い光を失ってはいませんが、ということは事件のことを考えつつもその裏では密かに青木対策を練っているのでは……こういうことするからうっかり上層部だってこと忘れ去っているのはあなたなのでは?とつっこみたくもなるわけですが、元々、単品で動くつもりだった薪さんですから(あの緊迫の咲ちゃん誘拐事件の最中でさえ青木と雪子さんのことに気を回していた人ですからね…同時進行大得意ですからね;;;;)。
「今すぐこの映画を見ましょう!」
…はじまりましたよ?2人とも基本デスクワーカーだから地味ですが青木vs.薪さん…。
「何故映画祭でウイルスがばらまかれ次々と人々が死んでいくのか。何故それをさらに煽るようなこんなSNSが拡散されるのか。何故『見ると死ぬ』とおどかさないといけないのか」
何故何故何故ってそんなに連呼して薪さんになったつもりでしょうか…。
「この『映画』を見られたくないからです」
もうどうでもいいけど、青木、目が白い…。ほぼ中抜きの丸です(・・;)眠っているときは結構ある?と思えたまつ毛も消え…(ーー;)
「全国公開され沢山の人々の目にふれては『不都合』な『何か』がうつっているからです。『それ』が何なのか、見ないと事件は解決しません!!事態は収拾がつきません!!」
青木、自信たっぷりに熱弁。その根拠やいかに、とか言っちゃダメですか?
相変わらず額に添えた手の隙間から青木をチラ見し、黙ってそれを聞いていた薪さんですが…。
「怖くないのか」
よし見よう、でもなく、いや見るな、でもなく。薪さんの口から出た台詞に一旦言葉を切る青木。
「この『オリジナル』を見たら本当に死ぬかもしれないぞ?おまえ噂は怖くないのか」
おまえは巻き込みたくないから捜査からはずれろ、とか、何かあったら舞ちゃんはどうなるなんて言うわけにもいかず、そうなると青木が自主的に身を引きでもしない限り、彼を危険から遠ざける術は薪さんにはありません…多分。でも、仮にそんな本音や脅しめいたことを言ったとしても、青木なら「だって薪さんは見るんでしょう?」とか「構いません」と笑って言いそうな気もします。何でもないことみたいに。青木にとっては薪さんは一緒に闘ってくれる人ーーだったら、その人が闘おうという時に自分だけ安全なところに避難しようなどという気にはなれないはずです。それに、薪さんは青木にとっては、それどういう意味?とは思いますけど(^_^;)大切な「家族」だから…。だから手を伸ばそうとする者の手を全て拒むようなあの背中を見て、九州から飛んできたんだものね…。←ちょっとしんみり…
「貝沼の脳を見た薪さんが、まさかそんなの怖がってるわけじゃないですよね」←薄笑い
出た!!あーおーきーっ;;;;;!!!!
お、己はぁ…っΣ(゚д゚lll)←すみません青木ファンの皆様…
いや、薪さんはいたって真剣にものすごくあんたの身を案じているのよ今。それを「薪さんもしかしてビビってます?」的に切り返してんじゃないよーっ;;;;←なんちゅうかもう、時々青木ってどうしてこんなに軽くなるんだろう…どうして?冗談のつもりなのかもしれないけど、ここからかっていいところか?(ーー;)
このくだり、4巻特別編の中で薪さんが悪夢にうなされ、寝ている間に「何か喋らなかったか」と冷や汗浮かべて真剣に問う前で、それじゃあまるで『外科室』ですよ、とクスッと笑いながら青木が悪意のない無神経な一言を口にするかつてのひとコマを彷彿とさせます。この2人の微妙な温度差。肝心なところで喰い違う歯がゆさ。どうしようもない通じなさ…。
そんな青木はでも、青木らしい青木でもある。あぁこいつはこういう男だったな、とでも言うように、ふっと笑みを浮かべる薪さん…。
「僕は怖くない」
…そうでしょうとも。薪さんが恐れるのは、最初から自分に迫るかもしれない危険などではないんですから。
「僕は死ぬのは怖くないが…」
ここで言葉を切り、困ったな、というようにうっすらと綺麗に微笑み目を伏せる薪さん…まるでそのことを考える自分を、心に内包するその感情を愛おしむような優しい顔に、見ているこっちは胸がつぶれそうです…。
「…が……」
顔を伏せ、目を瞑る薪さんの言葉を聞き取れず、青木が前傾姿勢になってそちらに顔を寄せます。
「え?はい?何ですって?」
その時、目を閉じた薪さんの瞼の裏に浮かんできたのは、やはり舞ちゃんと青木の仲睦まじい姿でした。どうしても守りたい、守り切りたい大切なもの――目は瞑ったまま僅かに表情を険しくした薪さんでしたが、次の瞬間強い輝きをたたえたその瞳は再び青木を捉えます。薪さんの言葉を聞き取ろうと近づいてきていた、眼鏡の向こうの青木の目がその変化に一瞬釘付けになる――そうして。

ガッ、という音だけのひとコマで終わっていますが、薪さん、思い切りましたね…実力行使です。どうして「ついて来るな」の時「その気になればおまえをのして行くことだって出来る」って言われたあたりも一緒に思い出していたようだったのに忘れるかな、青木……(ーー;)
薪さんの考えはだいぶ見通せるようになったようでそこに僅かに青木の成長を感じなくもなかった今回でしたが、残念です、薪さんは青木のこと、ほぼ全部お見通しでいらっしゃいます…これは敵わないよ、青木…だから油断するなよ…( ; ; )

はい、青木、あっけなく伸されちゃいました。体格差なんかなんのその。薪さんも桜木さんに大金星とった頃とはレベルが違ってるんでしょうし(笑)というか青木、隙だらけ…。何か小道具(鈍器?)使ったのかもしれませんが、急所というやつがありますからね…手近に何もなくても経験と知識があればこんなものなのかもしれません。昔保健体育の先生がこういうの研究している人で、小柄な人だったんですけどね、どんな流れでそんなことになったのかは忘れましたが、トンって首の後ろあたりを手刀で突くだけでクラスで一番ガタイのいい男の子を一瞬でくたっとさせてみせたことがあるんですよ;;;;今そんなんしたら大問題になるでしょうが(笑)あの時はみんな「おおーっ」って感じでした。…余談でした。

気絶しちゃった青木の身体を背もたれに凭せるようにして座らせ、テーブルの上のディスクをそっと手元に引き寄せる細い指…。ありがとうございましたーっ、という店員の声にも、チリーン、という店のドアが開く音にも、青木が目をさます気配はありません。
絶賛気絶中の青木にちょっとアンタ、最近寝顔多すぎ…(-_-;)とがっかり感が凄いんですが、一方ではちょっと、もしかしたら「一緒に見ましょう」はポーズで先に一人で見ちゃってました、とかはないかしら…、と期待していたりもします。薪さんならいつものごとく青木を追い払おうとするだろうからそこまで見越して…なんて、ないかな?そこまでできる子ではない?(笑)

そうまでしてそれを見せまいとした薪さんの心を占めていた恐れとは、そのディスクを見ることで自分が死ぬかもしれないことではなく……

――部下(おまえ)が死ぬのは怖い

薪さぁぁぁん!!。・゜・(ノД`)・゜・。その心の声を録音して、眠っている青木に延々聞かせてやりたいです…眼が覚めるまで(^^;;
知ってたけど…そうですよね、それしかないですよね、でも、そうですか( ; ; )その言葉を聞けただけでももう、ウウッ←号泣
相変わらずそこはメロディ、『秘密』です(笑)「おまえ」に「部下」持ってきました(^^;;ぬぬぬ、やるなぁ(笑)でももう、そんなん気にしません。タジクだって公認してくれたわけだし(笑)誰がなんと言おうと薪さんの青木への気持ちはlikeじゃなくloveですから!(^◇^;)

あ、あと、おまえが死ぬのは怖い、とキュンキュンな心の声を残して下さった薪さんに言うのは憚られるんですが、薪さん、いくら頑丈そうな青木でも、打ち所悪いとヤバイですから(~_~;)…次回からはそこんとこ忘れずご配慮ください、ネ?(笑)←だって結構な音してたもの…(しかも画像カット(笑)されてたし)。


(終わり)


フーッ、終わりました。長かった…最後まで読んでくださった皆様、お疲れ様でした(。-_-。)
途中、お見苦しいところ多々あったと思います、まとめてお詫び申し上げます。あと、相変わらず青木に対しては特にあたりが強くてすみません。決して嫌いなわけではなく、応援もしているんです。説得力ないかもしれませんが、うちのツッコミは、誰に対してのものも、きっつぅと思われるかもしれませんが、全部愛情をベースにしたツッコミでございます。

最後になりましたが、この数日、うちのブログにしては珍しくたくさんの方にご訪問いただいたようです。コメントくださった方、読みにくい文章を拾ってくださった方、皆さんありがとうございました。しばらくは放浪させていただき、平常運転に戻りたいと思います。


関連記事
スポンサーサイト

Comments 10

eriemama  

Re: 400!

> 通算400記事、おめでとうございます!
> レビューもお疲れ様でした~。

ありがとうございますw
たきぎさんも連日の更新、情報収集(笑)、お疲れさまでした。ついに青木の地元福岡でも試写会決まったんですね…っていうかもう一カ月なのか(-_-;)早いですね。

> はしかとか水疱瘡とか大人になってからかかると命に関わるって聞いたような気がしますが、おたふくは大丈夫なんですね? よかったよかった~。

それが今…えらいこっちゃになってます(笑)夕べは熱はひいたけど、痛みがひどくて激痛に首も動かせず深夜から明け方まで眠れませんでした…;;;;痛みのピークやったんですかね。あ、まだちょリスです(笑)

> でも自分の母子手帳って……私、どこにあるか知らない。っていうか見た記憶ないなあ。あれ、何歳位までの記録が書いてあるものなんですか? 今度聞いてみよう。

うちの母がくれた私の手帳には6歳くらいまでは色々書いてありましたよ。私も長女の分、細かい記録は6歳までくらいで、後は予防接種の追加分の記録程度です。ちなみに私、夫の分も義母から長女の出産時にもらって持ってます(笑)

> ダ・ヴィンチまでによくなるといいですね。
> 間に合わなかったら雑誌読み放題サイトに登録して、無料お試し期間中にキャンセルするとか……。読み放題なかなか便利ですが、ジャニ系の写真だとグレーかまいたち状態になってしまうのが玉に瑕です。

アマゾン予約したから、明日か明後日には読めると思います。まだ間接痛くて座っているのしんどいし頭痛もするので、ちょうどそれくらいに着くのがいいのかもです。お気遣いありがとうございました<(_ _)>のんびり待ちます。

2016/07/06 (Wed) 09:26 | EDIT | REPLY |   

eriemama  

Re: 400記事!!

> 素晴らしいです!
> その数で秘密愛が分かりますね…ヽ(;▽;)ノ

はい秘密愛!…って言いたいところなんですが、実は半分くらい日記や雑記だという(笑)
一時期ホントに雑談ブログだったんです(笑)ドラマネタも多かった…

> 青木、そういえば4巻でもKYでしたね(笑)しかも、はんっ?的な笑いで…

そうなんですよ、あそこの青木はホント、「ハアン!?」でした…
薪さんを鼻で笑うかのような…(^^;)あんたこんな子だっけ?と思わずにいられませんでした。
被害者にも加害者にも寄り添えるはずの子が薪さんに寄り添わんかいっ!みたいな…

> しかし、青木は薪さんが青木を想うようには薪さんを想わないんですねー。

そこが最大のもどかしさですよ…。
鈴木さんには言えず、青木は気付かず…何と不憫な…;;;;(その想い、いっそ私がまるっとまとめて受け止めて差し上げたい…)

> まぁ、青木としては何も考えてないんでしょうが…深くは…(;▽;)
> 薪さんの方がずっと愛が深いのかもですね。

青木は考えてない…(笑)ほんといつ考えるんでしょうね?薪さんみたいにぐるぐる考えている青木も気持ち悪いですが(^^;)
薪さんの方が愛が深い、は私も思います。その他大勢にも薄情なわけじゃないけど、限定の愛ですよね…。「おまえにだけ…」ってやつですよw

> 部下推しは聞かなかったことにして、次号更なる2人の急接近を期待したいです!(←もうそこばっか)

部下推し(笑)皆さんそこは見なかったこと、聞かなかったことにしてらっしゃいますよね(笑)あれはもうある意味お約束だから(笑)でもあの2人の特別感は斗真くんですら気づいてらっしゃいますから(^▽^;)

2016/07/06 (Wed) 09:14 | EDIT | REPLY |   

たきぎ  

400!

通算400記事、おめでとうございます!
レビューもお疲れ様でした~。

はしかとか水疱瘡とか大人になってからかかると命に関わるって聞いたような気がしますが、おたふくは大丈夫なんですね? よかったよかった~。
でも自分の母子手帳って……私、どこにあるか知らない。っていうか見た記憶ないなあ。あれ、何歳位までの記録が書いてあるものなんですか? 今度聞いてみよう。

ダ・ヴィンチまでによくなるといいですね。
間に合わなかったら雑誌読み放題サイトに登録して、無料お試し期間中にキャンセルするとか……。読み放題なかなか便利ですが、ジャニ系の写真だとグレーかまいたち状態になってしまうのが玉に瑕です。

2016/07/03 (Sun) 23:13 | EDIT | REPLY |   

BON子  

400記事!!

素晴らしいです!
その数で秘密愛が分かりますね…ヽ(;▽;)ノ

レビューお疲れ様でした!
これこそがレビュー!という内容でさすがです(*^^*)

青木、そういえば4巻でもKYでしたね(笑)しかも、はんっ?的な笑いで…
しかし、青木は薪さんが青木を想うようには薪さんを想わないんですねー。
薪さんはあんなに心配してるのに( ; ; )
飛んでは来てますが(笑)
まぁ、青木としては何も考えてないんでしょうが…深くは…(;▽;)
薪さんの方がずっと愛が深いのかもですね。

部下推しは聞かなかったことにして、次号更なる2人の急接近を期待したいです!(←もうそこばっか)

2016/07/03 (Sun) 20:14 | EDIT | REPLY |   

eriemama  

Re: オッオウオウ…!;;

> 怒涛の…!!
> コメントする前に終わっておりました!!;;;
> 7部作ですよ!STAR WARSと並びましたよ!快挙です!

終わりましたーw
そんな超大作と並べられると…;;;;;うまくまとめる技量がないんです、そんでそのまま、しかもツッコミ挟む(笑)

> ところで、おたふく風邪って一度やったらもうならない的なシリーズのアレじゃなかったでしたっけ???(←日本語;;;)

そうなんですよ、一度やったらやらない。でもウイルス(?)はそのまま潜んでて、体力落ちたり弱ってるとき出てくるのが帯状疱疹なんですってw
私、かかってなかったみたいです。自分の母子手帳見ても記載ないからもしかしたら?と思ってはいたんですが、潜伏期間長いもんだから。多分潜伏期の次女の食べ残しとか飲み残し平らげてたのから感染したんでしょうね(笑)←自業自得

> かかったのが昔すぎてなにひとつ覚えてないのですが、痛いんですね!?そしてそんな腫れるんですね?;;;
> 6日のダヴィンチまでには治まるといいですねぇ~~~~

今日はすごいことになってます。左右大体同じになって来て、あれです、いいように言うと、平安時代とかの下膨れの女官みたいな(笑)←いいの?;;;
6日…うーん、どうだろ。でも外には出られるようになってるかなー。早く痛みが引いてほしいです。

2016/07/03 (Sun) 12:23 | EDIT | REPLY |   

eriemama  

Re: お疲れ様でした~(*≧∀≦*)

> うちなんか1記事ですよ(笑)

いや、数では…(笑)

> 今回のラストはキュン死でした~( ;∀;)
> どうも薪さん、前回のご実家挨拶から少~しだけ青木に対して感情見せるようになってません?
> 青木も図々しいキャラで押してきてるし。

6月号では鈴木さん相手に、今回は青木相手に…薪さん、やってくれます(笑)どれだけキュンキュンさせたら気が済むんでしょう(笑)
感情、見せてますよね。タジクにもすっかり打ち解けて…(って言うのか?)。青木のふっくら図々しいキャラにはまだちょっと慣れませんが、あれも作戦なら、ええ、大丈夫(笑)

> 「おまえが死ぬのは怖い」なんてちっちゃい声でも言っちゃってるし。正しく理解する心配はないですけどね、青木だし。聞こえて構わなかったの?やだ告白近い!?( 〃▽〃)
> あ、妄想です気にしないで下さい。

青木、肝心なところになると耳が遠くなる…というか、薪さん声ちっさすぎ(笑)。本編ラストの「待ってるから」といい、なんでほんとの気持ちを伝えるとこは小声(「好きだ」なんてストレートすぎなもんだから声出てませんでしたからね!)…もうっ、照れ屋さんなんだから~////え?告白近い!?Xデーはいつでしょう…(ソワソワ)。

2016/07/03 (Sun) 12:17 | EDIT | REPLY |   

eriemama  

Re: おつかれさまでした!!

> 詳細なレビュー、お疲れさまでした!
> うちなんて2記事ですよ(笑)

にゃんたろーさんも体調万全じゃない感じなのですよね?そんな中、お疲れさまでした。
記事の数より中身ですよ!(笑)うちは喧しいだけですから…;;;;

> お体お大事にされつつ、ほらもう鈴木王子のお誕生日が目の前ですよ!!

そうなんですーっ!ヤダどうしましょう!って王子は別に何かしてくれとは言わんでしょうが(笑)
今ストックも青薪さんしかないんですよね…何かネタはないものか…。

2016/07/03 (Sun) 12:04 | EDIT | REPLY |   

ゆけ  

オッオウオウ…!;;

怒涛の…!!
コメントする前に終わっておりました!!;;;
7部作ですよ!STAR WARSと並びましたよ!快挙です!

ところで、おたふく風邪って一度やったらもうならない的なシリーズのアレじゃなかったでしたっけ???(←日本語;;;)
あれ?この情報古いですか??
かかったのが昔すぎてなにひとつ覚えてないのですが、痛いんですね!?そしてそんな腫れるんですね?;;;
6日のダヴィンチまでには治まるといいですねぇ~~~~

2016/07/02 (Sat) 23:12 | EDIT | REPLY |   

なみたろう  

お疲れ様でした~(*≧∀≦*)

うちなんか1記事ですよ(笑)

今回のラストはキュン死でした~( ;∀;)
どうも薪さん、前回のご実家挨拶から少~しだけ青木に対して感情見せるようになってません?
青木も図々しいキャラで押してきてるし。
「おまえが死ぬのは怖い」なんてちっちゃい声でも言っちゃってるし。正しく理解する心配はないですけどね、青木だし。聞こえて構わなかったの?やだ告白近い!?( 〃▽〃)
あ、妄想です気にしないで下さい。

ほっぺお大事に!

2016/07/02 (Sat) 22:23 | EDIT | REPLY |   

ねこじゃらしにゃんたろー  

おつかれさまでした!!

詳細なレビュー、お疲れさまでした!

うちなんて2記事ですよ(笑)

お体お大事にされつつ、ほらもう鈴木王子のお誕生日が目の前ですよ!!

2016/07/02 (Sat) 22:13 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply