GARDEN CITY LIFE~annex~

お越しいただきありがとうございます。当ブログは清水玲子先生の『秘密』のレビュー(時にネタバレ)と二次創作(こちらは一部BL要素含)のざっくり二部構成になっております。記事は単純に日付順に表示されておりますので、お読み頂く際はサイドバーや記事一覧などでカテゴリーをご確認またはセレクト頂けますと安心、安全です<(_ _*)>

岡部さんの素晴らしさと月蝕のことなど 

夕べは。

月蝕、見られました。ひらけたとこで、と近所の駐車場まで出たけど、家の前からでも余裕で見えることに後で気づきました。…もっとぶっちゃけると、なんと2階の窓開けたら見えてた…🌛

長女は2年くらい前(?)の皆既日蝕も見ていて、意地でも見る!とはりきってたんですが、まあ、月は普段から満ち欠けしてますからね…日蝕ほどの衝撃はなかったみたいですが、月が赤黒くなって暗い影に覆われると、すごい!(感動はほぼすべてこの言葉の強弱で表現してしまうな、キミは)連発。見て見て見て!連発。(←さっきから一緒に見てるよ)

綺麗に晴れていて、見せてあげられて良かったです。まだ20歳になる前に母と実家の柿の木の下から見た月蝕をちょっと思い出して、私も年取ったなあ、としんみりしました。確かあの時は、次見るときは結婚して子持ちかもね、なんて話したもんです。結婚するとも、子供産むとも思ってなかったけど…。次に見るときはおばあちゃんかもなあ(それより無事に生きてられるかな💧)。

ちなみにまだわけのわからない次女はタリッタリッタリッタうさぎのダンス🎵(最近ブーム)と歌いながら珍しく夜に外に出られたことに興奮して躍り狂ってました💦…自由な子や。




最近本当に些末なことばかり書いててこのブログのジャンルや趣旨を忘れかけているようで…しかも多分時々出てくる『秘密』って、それなんですのん?薪さんって?という方の方が多いんだろうな、と思う今日この頃ですが、めげずに、懲りずに、岡部さんのこと書いていいですか…?(いえ書きますけど気持ち的に弱腰…)
※もうジャンル変えたら?とかまた出たよ、と思われた方は広い太平洋のような心で受容する、もしくはスルー、目を閉じるなど何でもござれです。




岡部さんはもう、心の中で兄貴!とか師匠!って呼んでるくらいなんですが、本当に、正直本の中に入れるならこの人になって入りたい、ナンバーワンです。だってうらやましすぎる。あの薪さんと飲みに行けて(しかも多分二人っきり)、薪さんが倒れればお姫様抱っこできて(王子様青木にもここは譲らない😏)、なおかつ入院でもすれば着替えを取りに行けてしまうっていう特権。…どこに?第九のロッカーとか?それともやっぱ薪さんちに?(←さらっとやらしいねん)。それに薪さんを「あんた」呼ばわり…ほらやっぱり毛むくじゃらでも岡部さんになりたい。

そういえば岡部さんって、1巻や2巻の頃は青木と薪さんの雰囲気にやきもきしたり青木にちょっと嫉妬するように苛っとしたりしてませんでしたっけ…。途中から薪さんの気持ちに気づいて、あんたがそうなら仕方ない、って許したのかな。それとも青木の鈍さにちょっと薪さんが哀れになって気がそがれたのか…。まあ青木と薪さんがどれだけ親密になろうと、薪さんの右腕は岡部さんしかいないと思いますが…。
でも岡部さん、やっぱ6巻で手を火傷した薪さんが病院に搬送されたとき、目を覚ました薪さんとびきりの笑顔(プライスレス)にやられてますよね、完全に。かわいい!って思わなきゃおかしいでしょ、あの笑顔。それで、この人についてこう、って覚悟…決めんか💧(余談ですが薪さんて自分の外見に頓着ないようでいて、ちゃんと笑顔とかが武器になることわかっててやってますよね、あれ。確信犯)

前にも書きましたが、私は岡部さんは間違いなく薪さんの青木への特別な感情に気づいてると思うんですが、それでも何も変わらない岡部さんっていう人が好きです。本当に薪さんをただの上司じゃなく人として見て、尊敬して慕って、信頼してるからこそのぶれない視線っていうのが。こう言うと語弊があるかもですが、青木とは違って、自分の理想とか都合に近づけて脳内変換しないでありのままの薪さんを見るその目が、らしいです。

…岡部さんと薪さんって、今の連載では、なんか上司と部下、を越えた雰囲気があって、ひそかに喜んでます。薪さんにとっての親友はやっぱり唯一無二の鈴木さんなんだろうけど、岡部さんは悪友って感じになるのかな。ツーカーの仲なのに、適度にお互いの負担にならない距離感もあって、きっと今の薪さんが一緒にいて一番心地よい相手なんでしょうね。岡部さんには安心してジャケット脱ぐの手伝わせるのに、青木には脱がせてやらないとか、岡部さんどうなのかな😁勝った!とか?いやもう、張り合ったりはしてないよね、青木のこと、ちゃんと認めてるしね。でも今の連載の1話目で、例の手紙の話で薪さんと青木がやっと向き合ったか、って大事なときに何故か(←コラ、きっちり理由はありましたよ)薪さん呼びに来るお邪魔虫岡部さん…いいとこなのに、もしかしてわざとですか?(だから違う)

関係ないけど、岡部さんを漢字一文字で表すなら「仁」だと思う。薪さんも一目置くこの人の美徳、気づいてくれる女性が現れればいいのにね。あ、薪さんが隣にいると無理かな😨

連載再開後は影が薄い気もしますが、頑張ってたくさん登場、いいとこ持ってって欲しいな。なんか薪さん単独行動多くて危なっかしいし…。青木はともかく、タジクとかに持ってかれないで下さいよ(なんとなくそんな気がする…)。月末、期待して待ちたいです🎶
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Add your comment