GARDEN CITY LIFE~annex~

お越しいただきありがとうございます。当ブログは清水玲子先生の『秘密』のレビュー(時にネタバレ)と二次創作(こちらは一部BL要素含)のざっくり二部構成になっております。記事は単純に日付順に表示されておりますので、お読み頂く際はサイドバーや記事一覧などでカテゴリーをご確認またはセレクト頂けますと安心、安全です<(_ _*)>

メロディ2017年4月号『秘密 season0– 増殖–ACT.5』レビューその① 

さて。4月号発売日です。今回もなんとか、大阪のおばちゃんと薪さんを愛でる会、開催の運びとなりました(長女はインフル出ましたがもう熱下がって割と元気です)。
年度末で目が回るような忙しさの皆様も、相変わらずな皆様もいらっしゃいませ、お疲れ様です。うちはこの時期特に記事のひとつひとつが長くって読んでいただくのは時間かかるし大変だと思います。でも、読み捨てで結構ですので気晴らし的に一緒にお楽しみいただけたら幸いです(^^)
では、恒例のネタバレレヴューです。


まずは表紙…これいいなぁ。青木に和みました(舞ちゃん一緒だからね…)。

ほんまに聖母のような青木…(*´ω`)
いや、常日頃から青木には厳しめな私ですが、別に彼を否定しようとか目の敵にするつもりはありません。こういう、舞ちゃんや薪さんを見守る時の滲み出る優しさ、彼の本質的な美しさ(って薪さん以外に改めて言うと痒くなるんですけどぐっと我慢^^;)は素直に素晴らしいと思います。薪さんが目を奪われちゃう、心を持って行かれちゃうの、わかりますよ…(お願い信じて下さいませ;;)。

舞ちゃんの髪型も、いつもちゃんと結っていてええなぁ、と思います。お団子ヘアって難しいですよ?これ、青木がやってるのかな?それともおばあちゃん?
寝かしつけに絵本は、おそらくこの日に限らず仕事で遅くならない限り日課的にしているんだろうなぁ。やらなきゃと思いつつできないっていう人が多い理想の子育て…(^^;)私は寝かしつけというと主に歌派でした。童謡で寝かしつけ。時々流行りの歌や懐メロも入ります(笑)

そしてそして、一番ヒャッハー!!だったのが…皆さまお気づきですよね?////
ねっ?////
このふたりにそうっと上掛け(?)を持って近づく手、その主が誰か…です!!
いや!!わかんないけど(笑)!!でもこのスーツの袖はそうなんですよね先生!?
謎の執事なんかじゃありません…そう、これはきっと……薪さ――――んっ+゚。*(*´∀`*)*。゚+←発見時の模様をお見せしたいくらいです…
うんもうこれ、可視光線事件解決後の青木家お泊りの夜のひとコマ!でええんでは!?泊まった!!…泊ったんですね先生!?( ;∀;)
前髪ちょっと下ろした青木もいい感じ…伏し目がちなのがまたいい!←いや、だってこれなら薪しゃん表情が緩むのを我慢することなくなおかつ青木の実はハンサム(←死語?)な顔ガン見できるでしょ?
お一人手だけではありますが、もうこの時3人を包んでいただろう「家族の時間」を思うと感無量です……。そしてこの後あったのだろう青木と薪さん2人きり、めくりめく大人の時間(?)が、今の妙に親密急接近にも見える空気感を作り出して…ゲホゲホッ。
…すみません、ちょっとむせました。せっかくのいい雰囲気の絵に下世話な妄想を差し挟むのはよしておきます。
とにかくあったかい表紙でした。先生ほんまにありがとうございます(ToT)内容がヘヴィだっただけに胸アツでした…。


それではいい加減レビューに参りたいと思います。

ひとコマ目は、掴まえられる誰かを求めて空を彷徨う手。手の持ち主は、ICUの山城さんです。意識を取り戻した直後でしょうか。
(誰か)
(誰か)
その手に気付いたのは、マスクをした青木。すぐに手袋をした手が、しっかりと山城さんが伸ばした手を受け止めます。そうして何かを訴えようとする山城さんの口許に耳を近づけ、メッセージを聞き取ろうとする青木。
「……え」
コダマ、という呟きを聞き逃したのか、「山城?」と問う頼りになるのかならないのかあやふやな先輩青木に、山城さんが懸命に訴えます。
(コダマのコドモ)
「コドモを」
そこでおもむろに青木の胸ぐらをグイッと力強く掴み引き寄せる山城さん――ってこのへんから実際の記憶というより半分くらい妄想スイッチオンになってると思うんですが…白昼夢?違う?
カッと目を見開き、青木を見据えながら山城さんが口にしたのは「コロセ」という短いメッセージ。
「山…!」
思いがけない言葉をぶつけられ動揺する青木ですが、そこで聞こえてきたのは新たな、「撃て!」という命令です。
ここで前号のおさらいですが…実は携帯している銃が未装填だったことが薪さんの密着プレイによってバレた青木、ざっくり言うとその「自分が殺されても人殺しにはならない」という菩薩のような理想論では誰も守れないんだよ、捜査に関わり続けたきゃ覚悟決めて弾入れて来い!というような指令を薪さんから受けていたのでした。
さっきまでは病室で山城さんと向き合っていたはずが一転、銃を構えた姿勢で選択を迫られる青木。その先には、髪をおだんごに結った女の子と児玉の姿がありました。
「青木!早く撃て!何をしている!!」
引き金に手をかけたまま固まってしまった青木に、振り返ってそう叫んだのは薪さんです。
「早く撃たないと犯人が人質を!!舞ちゃんが!!」
児玉が片手で抱き上げ銃口を向けたのは、青木が最も大事に守りたいと願う相手、舞ちゃんでした。
確かに自分が殺されても、というのはそれが一般人であれば個人的な決意のようなものだからまぁ勝手と言えば勝手。でも青木は刑事で、第九にいる限り戦わなきゃいけない。そしてまさに今がその時でもあります。そんな状況で、もし自分ではない誰か――例えば守るべき対象(人質や被害者)が、大切な誰かがこんな風に目の前で殺されようとしていたら。そうしたらどうするのだ、という話ですよね…。
無抵抗だとそのまま命が奪われるのを見ているしかない。そして自分も殺されかねない。戦う術はあれど、それを拒否してしまえば結果はおのずと決まってきてしまいます。前にも言いましたが、非暴力と無抵抗の決定的な差はそこなんだと思うんです。それを受け容れるか受け容れないか。むざと殺させるわけにはいかない、と受け容れない方をとるなら、戦うための手段は持たなきゃいけない。できるかできないかはさておいても大事なものを守り切る可能性を残すために。その上で、相手を殺すことだけは極力避ければいいんじゃないでしょうか?そのための確かなスキルを薪さんのように身につけて。
にしても…。
例えば咲ちゃん事件の時なんかは囚われたのがもし雪子さんだったら、もし、薪さんだったら、とそれが自分にとって大事な人だったら、という置き換えの想像が簡単に出来ていた青木です。それが…どうしたんだ。
銃に装填しない、というポリシーを作る以前にそういうの、考えて欲しかったよおばちゃんは…。
私、なんだかんだ言っても薪さんは青木を自分と同じ守るべき者を持ち戦う男として認めているんだろうと思って来たのですが…お姉さんの事件の後、もしかすると青木に昔とは違う畏れが芽生えていることに薄々気付いていたのかな?じっと青木を見ていたら。だからこそ、自分の傍で戦わせることに不安があったのかもしれない。青木は強い、と信じながらも、失う怖さはむしろ強くなっていっていたのかもしれない。だとしたら、しんどいですね…薪さんも。
「行ちゃん!!」
助けを求め、泣きながら小さな手を伸ばす舞ちゃん。
待ってて行ちゃんがダメならおばちゃんが今!と思わず走って生きたくなるところですが、これは青木の妄想…。←余裕か;;
「撃て――っ!!」
叫ぶ薪さんの声は届くものの、怯んだまま動けない青木。やがて舞ちゃんの身体が、青木の前で地面に倒れ落ちます。その背中から流れ広がる、夥しい血液――
「青木!」
ガタン!!と音を立てて規則的に揺れる車両の中、名前を呼ばれた青木はハッと我に返ります。…お帰りなさい。
「ぼうっとするな。『つばき園』まで20分、途中管轄の長野県警捜査員と合流する」
向かいからそう声をかけてきたのは防弾チョッキを身につけ装備を固めた岡部さんです。一方の青木はかっちりスーツ…(・・;)え、もしかしてやっぱり「弾は装填できません」で突入部隊から外れたのについてきたとか…?
「現場前線の指揮はSITが執るが『プリオン』散布のテロ集団の本拠地の強制捜査だ。小銃等を使用した抵抗も想定される。青木、後方に付くおまえも用意しておけ、全員武装だ」
なるほど青木、後方部隊なのか…ってそれでもスーツでいいの???(・・;)
ガチャ、と岡部さんが青木に見せたのはライフル…?向こうが小銃使うかもしれないからこちらも備えを、ということでしょうか。
岡部さんの言葉を受け、「はい!」と迷いのなさそうな返事をした青木ですが……それ、本物の銃、銃弾入った銃…ということで本当にいいんだね?実は麻酔銃とか(^^;);そんなんじゃないんだね?(頼むよ?)
ガー、と高速をつばき園に向け走っていくたくさんの警察車両。軽井沢に遊びに行く途中こんなんに出くわしたら一体何事!?って感じだろうな(・・;)

つばき園の強制捜査が決行される、ついさっき青木たちが車両に乗り込み現地に向かっていたのは「見えないともだち」公開から10日後の7月30日のようですが、こちらは当日、もしくはそれ以前の出陣前の第九です。
「15年前」
カチ、とリモコンを操作しながら、メインモニターらしき大きな画面を見つめながら薪さんがあくまでも口調だけは穏やかな感じに語り始めます。
「警察は一度『ストーンヘンジ』に対し強制捜査を断行。教団『ストーンヘンジ』を解体はさせるものの教祖『児玉良臣』の確保には至らず――結果児玉は野放しに――」
一同には背を向け、椅子に深く腰掛けた薪さんが淡々と続けるのを青木を含む捜査官たちが固唾を飲んで聞いております。眉を吊り上げ烈火のごとく怒る薪さんに叱咤されるのも怖いだろうけど、ある意味この静けさも怖い…気が抜けた風を装って斜に構えた薪さんのこのポージング(笑)が怖いです…(ボブにしか見えないサラサラヘアはひたすらお可愛らしいんだけど何故だ;;;;←それが薪さんだからヨ?)。
「この15年前の警察の不手際が水面下での信者の『増殖』、さらには――今回の悲惨な『事件』の遠因になっているといえる」
モニターで見ているのはどうやらその15年前の「警察の不手際」の模様のようです。言うまでもなく薪さんがお話になっていることくらい優秀な捜査官の皆様には周知の事実なのでしょうが、あえて!あえて言うよ剛は!(笑)自虐プレイだよ!←(;´Д`A ```
まるで池上さんのように簡潔丁寧に解説するときの剛は怒っているんだ(決して今月号から本誌を追い始めた読者のためのおさらいではないのだ)!本気なんだ!
……いや、すみません。これは…これは自分たちの失態から目を背けず二度と同じ過ちを繰り返さないため、その光景を頭に焼き付けておけ、ということでしょうか。それとも、「あーあ、まだ優秀な僕が上層部にいなかったとはいえ何やってくれてんの?何これ恥ずかしくない?ありえね~(゚д゚)!まさか今の僕の指揮下にこんな無能なことしでかす輩はいないよな?信じていいんだよ…な!?」……という静かなプレッシャーでしょうか。
「何故こんな事に?」
更に重ねる薪しゃん…( ;∀;)お願いもうやめてあげて?わかった、わかったから( ;∀;)みんな「自分たち警察の怠慢であります!」とか思ってても怖くて答えられないから( ;∀;)
「死体ではなく」
ゴトッ、と芝居がかったタイミングでリモコンをデスク上に落とす薪さん。リモコンはおそらくお値段高いのでペンみたいにそうそう投げつけるわけにもいきません。前科があるだけにね。
「血とか……」
言いながら、コンコン、とその美しい指先が机を軽く打ち始めます。軽く可愛らしい音だけに増すひたひたと迫ってくる恐怖感…必殺コン(狐ではありません)。
「……DNAとか」
コン。←もう合いの手
「骨の一部だけで死んだと満足するから簡単に騙されるんだ…あの」
口許に拳を当てて話していた薪さんが、ここで下々の者たちを振り返ります…。
「動物の肝臓で騙された童話のようにな…」
そう、あのディズニーの名作『眠れる森の美女』の美女…ではなく(笑)お約束魔女(マレフィセントかと思いましたが違ったようです^^;)と化した薪さんが!←一応振り向かれた側の錯覚ということになってますが比喩じゃなく本当です。さすが清水先生、小道具等の美術セットまで超本格的です(公式が遂に本格コスプレ…感涙)。未読で気になる方は是非その目でご確認を(笑)
「今度こそ」
長い爪が美しい手…ではなく、拳をドンと机上につき、薪さんが厳しく言い放ちます。
「児玉の首をとってこい…もちろん、生きたままでな」
肝臓とか肺とか心臓とか…脚とかじゃなく本人をとっ掴まえて連れて来い、とお命じになった所長の静かな凄みに思わず青ざめる青木。ここにいるということは…銃はやっぱ装填で携帯?

「あんな風に」
記憶に新しい薪剛劇場最新作を思い返し、そう言ったのは只今高速道路を一路信州へ向け移動中の岡部さん(白雪姫の小人コス)です。
「薪さんは冗談めかして言っていたが」
あれを可愛く冗談めかしていた、と言えるのが岡部さんのすごいところです…。
「えっ、冗談…?じゃないんじゃ…?」←今回ばかりはあんたに賛同するよ青木…
こちらは「薪さんは冗談は言わない」を信じている青木(同じく小人コス。小人失格なデカさだけどカワイイ)。
「あの人は気にしてるんだ」
青木のつっこみはスルーして話を進める岡部さん。
「15年前の強制捜査の際44人もの集団自殺を出した事。その中に自らの意志で死を選んだとは思えない幼い子供が多数含まれていた事を」
警察の失態を繰り返すことではなく過去の悲劇で払われた犠牲に胸を痛め、それを再び許してしまうことを一番に恐れている、ということなんだろうな。
今回の事件、いちいち子供が絡むのがひっかかると言っていたように、最大の懸念は再びの教団の隠れ家への強制捜査の舞台が児童養護施設――当然子供がたくさんいる場所である、ということで。その証拠に薪さんは岡部さんや青木に、最優先事項として首謀者児玉はもとより30人の園児の無事確保を命じていました。今回の強制捜査では一人の子供の死体も出すな、と。


(つづく)

関連記事
スポンサーサイト

Comment

Name - eriemama  

Title - Re: 表紙、よかったですよね〜♪

> いやでも、このレビューの最後のところもよかったですよー ////〜*
> 薪さんの、これ以上犠牲者を増やすな、一貫してますよね。1巻からずっと!
> 今回は大勢の子供たちっていうのに目を奪われがちですが、薪さんが警察官である理由なのかなーと思います。

そうですね、一貫してますね。
薪さん自身犯罪の被害者で、ご両親は犠牲者、そういう生い立ちだから人一倍、そこへの思いは強そうだし、私も今の仕事を選んだ理由として大きそうな気がします。

> そんなんだから辛くなるんですよね。……そこが好きなんですが(笑)
> 薪さんが傷つかないためにも、子供たち助かれー!←おいこら

うんわかります、そこが好きっての(笑)←ファン心理って時に残酷ですね(^^;)
また薪さんが泣かなくてもいいように、青木には強い男になって欲しいところです…銃、撃ちますかね?(^^;;マンツーマン指導の成果が出るといいんですが。
2017.03.01 Wed 22:42
Edit | Reply |  

Name - ゆけ  

Title - 表紙、よかったですよね〜♪

いやでも、このレビューの最後のところもよかったですよー ////〜*
薪さんの、これ以上犠牲者を増やすな、一貫してますよね。1巻からずっと!
今回は大勢の子供たちっていうのに目を奪われがちですが、薪さんが警察官である理由なのかなーと思います。
そんなんだから辛くなるんですよね。……そこが好きなんですが(笑)
薪さんが傷つかないためにも、子供たち助かれー!←おいこら
2017.03.01 Wed 22:12
Edit | Reply |  

Name - eriemama  

Title - Re: ノリノリの……

わー!にゃんたろーさんお久しぶりです!!
いやお邪魔したんですけど、速報wきっとコメ欄すぐいっぱいになるんだろうな(^^;)、と思いましてそのまま引き返してきてしまいました、すみません何もご挨拶せず;;;;

> ノリノリの清水先生でしたね……。

ほんとノリノリでしたねw漫勉もノリノリで青薪さんについて語ってくれませんかね?(ナイナイ)

> 岡部さんの小人コス、もうハイジのオンジにしかみえなくて苦笑でした(^^;)

オンジ!(笑)どうしよう私もそうにしか見えなくなりそう(笑)
岡部さんにしても青木にしてもビッグサイズだから余計に小人コス可愛かったですね(^▽^;)

> 今回なかなか(いつもか?)ヘビィな展開でしたが、ほんわかな表紙、よかったですね。
> 私もあの日泊まったものと信じております!!

ほんわかでしたね~w
内容がいくらへヴィでも時々ユーモアやほのぼのを挟んで下さる、このさじ加減が大好きです(笑)
青木のピタTにボディタッチとかサービス(?)ショットもありましたしね( ;∀;)

> そしてインフルエンザ大変でしたね。早く治りますよう。
> 次女ちゃんにもうつっていませんよう……!!

ありがとうございます!
にゃんたろーさんも早くほっとひといきできるといいですね…。
レヴュー、気長に待ってますのでwというか、自分も今続きどうなるかわからん感じになってきてるんですが…(^^;)頑張ります…。
2017.03.01 Wed 17:15
Edit | Reply |  

Name - ねこじゃらしにゃんたろー  

Title - ノリノリの……

ノリノリの清水先生でしたね……。

岡部さんの小人コス、もうハイジのオンジにしかみえなくて苦笑でした(^^;)

今回なかなか(いつもか?)ヘビィな展開でしたが、ほんわかな表紙、よかったですね。
私もあの日泊まったものと信じております!!

ちょっと自分とこのレビューはいつになるかわからないのですが(^^;)

えりちゃんのレビューお待ちしております!

そしてインフルエンザ大変でしたね。早く治りますよう。
次女ちゃんにもうつっていませんよう……!!
2017.02.28 Tue 17:00
Edit | Reply |  

Name - eriemama  

Title - Re: 大阪のおばちゃんと薪さんを愛でる会、会員にしてください

ふわふわさん、いらっしゃいませ!あ、もう勝手に会員になって頂いてる気でおりました(笑)どうぞどうぞ、お好きな席におかけください。

> こんにちは!お子さんインフルダメージ少なめで良かったです。
> eriemamaさんも、気をつけてくださいネ。

ありがとうございます(^^;)インフルにしては軽い方だと思うんですが、咳がすごいんで…;;;;吸入の機械借りてこようかどうか迷ってるところです。夕方出るのはいいんですけど、待合でなにか病気もらいそうでこの時期怖いんですよ(;・∀・)

> 今回は単行本待ちで連載は読まないでおこうと思ってたんですが、

結局本誌を?(笑)
そうですよね、なんか…盛り上がりをちょっとでも目にしたら買っちゃいますよね(^^;)私が同じ立場ならきっとそうなってます。端から無理だと諦めてるので毎号買ってますが(^▽^;)

> 追伸:LaLa40周年記念原画展 いきますよ!土日になると思いますが。
>   (多分「通りがかったら偶然開催してて」的な雰囲気を醸し出してると思います)
>    関西チーム、集いますね〜。

やっぱ土日ですか。うーん私もなんとかして行きたいんですが…どうなるかなぁ;;;;
行けたとしたら同じく偶然発見して時間つぶしに立ち寄ってみたよ!的オーラ出して入ろうと思います(笑)←素直になって!?
…いや、偶然立ち寄ったレベルの人グッズ買ったりしないと思うんですけどね(笑)もうそこで醸し出してるの意味なくしそうですよね(笑)必死か!みたいな(^▽^;)
お互い楽しめるのを祈ってますw
2017.02.28 Tue 15:43
Edit | Reply |  

Name - ふわふわです。  

Title - 大阪のおばちゃんと薪さんを愛でる会、会員にしてください

こんにちは!お子さんインフルダメージ少なめで良かったです。
eriemamaさんも、気をつけてくださいネ。

今回は単行本待ちで連載は読まないでおこうと思ってたんですが、
eriemamaさんのレビューが面白すぎてですね、
結局挫折してメロディ買っちゃうんだな〜。
今日も帰りに本屋へGO!です、我慢できません。

レビュー続きお待ちしてます!

追伸:LaLa40周年記念原画展 いきますよ!土日になると思いますが。
  (多分「通りがかったら偶然開催してて」的な雰囲気を醸し出してると思います)
   関西チーム、集いますね〜。
2017.02.28 Tue 14:52
Edit | Reply |  

Add your comment