GARDEN CITY LIFE~annex~

お越しいただきありがとうございます。当ブログは清水玲子先生の『秘密』のレビュー(時にネタバレ)と二次創作(こちらは一部BL要素含)のざっくり二部構成になっております。記事は単純に日付順に表示されておりますので、お読み頂く際はサイドバーや記事一覧などでカテゴリーをご確認またはセレクト頂けますと安心、安全です<(_ _*)>

漫勉(清水先生登場)見ましたw 

録画を消さなきゃいけないんで、とりあえず2度見ました(笑)この問題、DVDとかディスクにやけばよくない?という指摘を頂き調べてみたらできそうだったんで今朝挑戦(このデッキ購入してかれこれ10年、初めてやりました;;;;)無事にダビング終了しました!やったーっ(笑)Tさん、ありがとうございました!
とにかくかっこよかったです、作画風景。薪さんのあのサラサラヘアができるまで、がコマ送りとかじゃなく滑らかな動画で見られる!テンション上がりましたw
私はどうもあのGペンの先が紙を滑っていくときのガリガリガリ、ザッザッザッ、という音が苦手(←黒板を爪でやられるのに近い;;;;)なんですが、それも忘れて見入ってしまいました(笑)薪さんの髪はGペンの後、細かい線を丸ペンで描き加えて(毛流れに応じて紙を細かく何度も回転させて)出来上がり。先生曰く、髪で顔が引き締まり男前度が上がるんだそうです。しかしまぁ、漫画読んでる時も思いますが薪ヘアのこの線の多さ、作業の細かさ。このひとコマだけで30分とか聞くと、改めて50P〜70Pのありがたさ、重みを感じます…( ;∀;)漫画って作画だけじゃないですもんね、ここに至るまでのネームとかの段階から考えるともう( ;∀;)

対談は前号のメロディ2月号の作画風景をお二人で見ながら進められていく形式でしたが、清水先生に「最近端役の人の目が小さくなりましたよね」とつっこむ浦沢先生に吹きました(笑)清水先生も一部で薪以外は全部モブ顔にして描いていると言われる、と笑っておられましたが、先生的には薪さんが秘密の世界観の中では突出して綺麗な顔のキャラだから、薪さんとその他キャラとの差へのつっこみはさほど気にされていないようで…ここらへんのやりとり、面白かったです(⌒-⌒; )
やはりいろいろ巷の声はお耳に届いているのですね(笑)このモブ顔問題(^▽^;)なんですけど、要は(薪さん以外の)他のキャラに差がある(いい加減になっている)っていうより、単に薪さんを他の誰とも違う(隔絶した)存在として描き分けている、というだけのことなんでは、と思いました(^^;;
まぁ、その後ナレーションであの青木の上着ガバッ、のシーンが「『美しい男性ふたり』のシーン」と紹介されていたので…大丈夫よ青木、キミは美しい(笑)モブ顔とか気にしない気にしない(笑)
ここのシーン、修正前の薪さんの袖捲ってる腕が見られたの、良かったですよねぇ~(*゚∀゚*)浦沢先生が仰ったとおり、萌えですよ〜wスジ!スジがいい!(笑)服の皺が綺麗とか、生地がピンと引っ張られているところが美しいというのもすごく同感でした。質感が言い方が悪いかもですが生々しく感じられる絵だといつも思います。質感だけじゃなくて温度とかも。

作画のことですけど、清水先生表裏何度もひっくり返してデッサンの狂いを修正されてたじゃないですか。なんかもう、熟練の職人ワザみたいにバババッ、って一発で洗練された線が描けちゃうんじゃないかって想像してしまうんですが、細かい歪みや違和感やアングルのズレなんかはあれだけキャリアのある漫画家さんでも生まれ、またそれが気になるんだ?というのが驚きでした。それだけ妥協がないということの証なんでしょうけれど。
で、さらにそうしてできた下絵(そう、下絵の段階なんですよ…下絵であの完璧の追及ぶり;;;)をペン入れ後細かい修正…浦沢先生が何ミクロンかのズレとおっしゃってましたけど、はっきり言って私には凝視しても部分的に見ているのもあってほとんどビフォーアフターの差はわかりませんでした(笑)。でもそういう微細な調整が、私たち読者に伝わってくるキャラクターの細かい心の動きであったり画面をパッと見たときの印象を左右しているんだろうな。
美しい線へのストイックなこだわりぶりに感動しましたが、それはそうやって考えると伝え方(伝わり方?)へのこだわりのような気もしました。線への執念って、頭の中で生まれる映像的な世界をいかに正確に紙に移し、脳内を流れていくストーリーや思い描くキャラクターをそのままに伝えられるか、なんだろうな、と思います。

あと…作画、というとこからはずれますが個人的には青木のことを「薪が厳しく指導しながら密かに大切に想う」、と紹介してくれていたり、「青木を大切に想うが故の薪の怒り」、なんてことをサラッと(笑)ナレーションしてくれていたりしてそこは正直にニヤニヤしてしまいましたすみません(^^;;

MRI画像の描き方は大まかには前のオンライン配信の番組で見ることができていましたが、細かく見ていると自分が今やってるデッサン画とほぼ同じなので時間かかるっていうのがリアルにわかりました(^^;)確かにあのデッサン画が連載中に何コマもあるのか、と思うと…;;;;考えただけでしんどい(笑)
デッサンといえば歌舞伎の映像を一時停止して、それが再び自動で動き出すまでの間にそこをデッサンして絵を練習した、というのに感服いたしました。私、自分が描くデッサンはごちゃごちゃ線が多くてよく先生に怒られたんですが(^^;)清水先生のデッサンは本当に無駄な線がなくてすごいな、と思います。きっとものすごい集中の中、究極のラインが自然に描けるのを目指して練習されたんじゃないかなぁ。
あの流れるように美しい月の子のバレエのシーンや輝夜姫や秘密のアクションシーンは漫画の中でもものすごく実写に近い躍動感があると思うんですが、それが生み出されるまでの努力の地道さ…。このデッサン帳、浦沢先生が展示会しましょうっておっしゃってましたけど、どうですか白泉社さん(笑)羽海野先生の展示会だとありそうですけど(^^;)清水先生も見せて下さらないかなぁ、原点的なの。

だいたい以上でしょうか。

貴重なものを見せて頂きました。清水先生、本当に毎号毎号お疲れ様です。これからも買ってきたメロディは車中でない限り初読正座で読ませて頂きますm(__)m

関連記事
スポンサーサイト

Comment

Name - eriemama  

Title - Re: ぼちぼち復活……

たきぎさんも、遅くなっちゃってすみません(^^;)

> このところよそ様の記事に全くコメント出来ていませんでしたが、そろそろ復活しようかなと思い、まずはこちらにお邪魔しました♪

お仕事少し落ち着かれました?みなさんここのところ随分忙しそうにされていたので、逆に今が暇のピークみたいな自分が申し訳なかったんですが(;^ω^)
復活嬉しいですw

> 漫勉、本当によかったですね!
> さらっと読み流していたコマに、あれだけの執念が隠されていたとは……! もう気軽に誤植誤植って騒げないかも……いや、見つけたら言うけど(笑)。

アハハ(^▽^;)言いますよね?私もつっこみはしちゃいます(笑)それとリスペクトは違うので!(笑)
普段読むときあんまりひとコマひとコマの線までは気にしていませんけれど、やっぱガツンと殴られるような衝撃が来るコマとか、引き込まれてじぃっと凝視しちゃうようなコマはあって…読み進める時ドキドキドキドキするような連続シーンとかもそうですけど、もう降参です!っていうくらいの(笑)今回の漫勉ではあの薪さんの脱がせシーン、あれに時間とってくれてたのが嬉しかったです。他にもここはどんな感じで描かれたんでしょう!?ってお聞きしたいところいっぱいあるんですけど…ワンシーズンまるまる清水玲子、とかして欲しいくらい(笑)
けど、そういうところ以外にもすごいこだわりをもたれて描かれているんですね…さすがはプロだなぁって思いました。青木にもきっと、こだわりとか……ある……んですよね?(^^;)

> 昔英語を習っていたとき、耳で聞いたものをそのまま自分の口で言うっていう練習をさせられたのですが、どんな分野でも上達の道はマネと繰り返しなんだな~と改めて思いました。

あー!それですね~w自分が習ったデッサンや陶芸も真似が一番の上達への近道かなって気がしましたし…ただ、わかっててもなかなかつきつめていけないんですよ、よほどの情熱がないと(^▽^;)そこはやっぱ、先生すごく好きなんだなぁ描くのが、って思いました。

> 紙を回すといえば、地図です! 超がつく方向音痴なので、地図の向きが自分の向いている方向と同じじゃないと読めないのでw 

女性はそういうタイプ多いんじゃ?(笑)最近はよくスマホの地図アプリ使いますが、矢印の向き確認するより画面回したくなります、わかりますよそれ(笑)
けどたきぎさんが方向音痴はちょっと意外でした…(笑)

> 話がそれましたが、期待以上に面白い番組でした! 他のサイトで感想を読んでみると、清水先生を知らない人が結構いたので(特に男性)、これでまた読む人が増えて何かイベントにつながるといいなと思います。
> 浦沢さんもおっしゃってましたが、個展プリーズ!

ハイ個展!需要ありますよね!?白泉社さん、企画して欲しいですね…。
清水作品の中でも秘密は男性が読んでも面白いと思うので読者増えて欲しいですけど、結構番組内では「美しい男性」がリピートされてましたから男性視聴者が引かないかしらってやたら心配してしまいました(笑)
2017.03.06 Mon 08:59
Edit | Reply |  

Name - eriemama  

Title - Re: いや〜

にゃんたろーさん、遅くなりましてすみません(-_-;)
ちょっと今、家の中プチパンデミックです(^^;)

> 面白かったですね〜!

本当に面白くて素敵な45分でしたね!あっという間でしたw

> 思った以上に、線や形にこだわってらして……

あのこだわりぶりを拝見したあとでは、もうあちこちつっこんだりしちゃいけないような気がするんですが(笑)…まぁやっちゃうんですけどね(^▽^;)これからは更に敬意をこめてつっこみたいと思います(笑)

> 私も、薪さんの口は「ええ〜〜?そこまで??」と思ったのですがお鼻は、たしかに直したほうが可愛くなってらした……。

鼻は確かにわかりやすかったですねwちょっと描き加えるだけで印象が変わるから不思議です。ここなんかは表情っていうより微妙な顔の角度が変わっただけなんだけど、伝わってくる気迫みたいなのが結構違いますよねぇ。

> そういった手間暇やこだわりが、清水先生の世界をつくってらっしゃるんですねえ。

貴重な舞台裏が見られて、ますますあの美しい世界が大好きになりましたw

> そしてダビングできてよかったですね!

はい!一生大事にします!w
2017.03.06 Mon 08:16
Edit | Reply |  

Name - たきぎ  

Title - ぼちぼち復活……

このところよそ様の記事に全くコメント出来ていませんでしたが、そろそろ復活しようかなと思い、まずはこちらにお邪魔しました♪

漫勉、本当によかったですね!
さらっと読み流していたコマに、あれだけの執念が隠されていたとは……! もう気軽に誤植誤植って騒げないかも……いや、見つけたら言うけど(笑)。
昔英語を習っていたとき、耳で聞いたものをそのまま自分の口で言うっていう練習をさせられたのですが、どんな分野でも上達の道はマネと繰り返しなんだな~と改めて思いました。当時あのまま練習を続けていたら今頃ペラペラになっていたかも。残念!
紙を回すといえば、地図です! 超がつく方向音痴なので、地図の向きが自分の向いている方向と同じじゃないと読めないのでw 

話がそれましたが、期待以上に面白い番組でした! 他のサイトで感想を読んでみると、清水先生を知らない人が結構いたので(特に男性)、これでまた読む人が増えて何かイベントにつながるといいなと思います。
浦沢さんもおっしゃってましたが、個展プリーズ!

2017.03.04 Sat 23:09
Edit | Reply |  

Name - ねこじゃらしにゃんたろー  

Title - いや〜

面白かったですね〜!

思った以上に、線や形にこだわってらして……

私も、薪さんの口は「ええ〜〜?そこまで??」と思ったのですがお鼻は、たしかに直したほうが可愛くなってらした……。

そういった手間暇やこだわりが、清水先生の世界をつくってらっしゃるんですねえ。

とても興味深かったです。

そしてダビングできてよかったですね!
2017.03.04 Sat 20:32
Edit | Reply |  

Name - eriemama  

Title - Re: 正座で読んでます(笑)

> 僭越ながら私、いくつか
> 「わかる…それ私もわかる…(号泣)…」
> てなったところが。

いやぁ、これは本当にわかるんだろうな、ってとこいっぱいありましたよ〜。先生のお言葉、ところどころ私なんぞよりずっと重く響いて聞こえたんじゃないですか?絵をこれから志そう、或いはかつて志そうとした人へのメッセージ、言葉を選んで真摯に語られてましたものね、一対一な感じで。

> 紙は回しますね。自分に向かってシュッ、と線を引くのはできるけど、跳ね上げるのは難しいので。やっぱり髪を描くとき、回しますね。青木の前髪は別にいいんですけどね。

青木はいいんですね?(笑)
素人の私には紙回しちゃうと見え方が変わるからラインに統一感が出ないんじゃ?っていうように思えたんですが、後で自分で回しながら描いてみたら納得でした(^^;)確かに自分の方に向かう線の方が自然で描きやすいですね。

> あと清水先生の正面カットが見事に左右対称なのは知ってたんですよ、どうやったらそんなに描けるのかわかんなくて、私も裏から見直したりしてたんです(;ω;)そうかー裏から描いちゃうかー!!青木は直さないんだー!!

先生の絵って見事に裏から見ても狂いなく美しさが表と遜色ないんですよねぇ。どれだけの才能なんだろうと思ってましたが、そこは才能プラスものすごく地道な努力…脱帽です。青木はそもそもほぼなかったですね、作画風景(^^;)でもトーンが貼られていない線とベタだけの青木、すごく美しく見えてドキドキしましたよ…あの子はあぁいう子だから、きっと「俺はいいんで、薪さんに俺の分の手間暇かけてあげて下さい!」とか「薪さんの鼻のラインが狂うのよりひどいことがあるんですか?」とか言うんじゃないですかね…(笑)

> それからミリ単位で顔が変わるのもわかります!( ;∀;)

もう肉眼でわかるズレではなく印象の世界でしたけど、大事なところって必ずしもはっきりしているものとは限らないのでしょうね。

> ただ…あのお方は……
> なみたろうがヒイヒイ言いながら一枚仕上げる、それ以上の手間をかけて(すいませんレベルももちろん段違いですが)
> 70ページもの漫画の内のたったひとコマに全力投球してらっしゃるのですねえええ!!
> (死亡)

手間暇は、費やすことができる時間の差だってあるんですし(笑)どうか生き返って下さい( ;∀;)
っていうか、今回先生の描く薪さんの髪、その線の繊細さを見ていて、私はなみたろうさんの色鉛筆マジックの繊細さを連想しておりましたが(^^;)ひとコマで惹きつける力、なみ薪さんや薪にゃんにもありますよ?ここ!っていうこだわりがあるのはやっぱ絵描きさん共通なんだな、って思いました。

2017.03.04 Sat 00:34
Edit | Reply |  

Name - eriemama  

Title - Re: 初読正座!

> あんなに時間と集中力と工夫を重ねてらっしゃるのを見ると、初読正座で読まないとっていう気分になりますね~。

ハイ!(笑)
子供の頃、大事なものと向き合う時は「正座!」で育ったのもあって、集中したい時は自然と正座なんですけど(笑)秘密を家で初読する時は結構前から正座してる気がします(^^;;今後はより一層の敬意を払いながら、やりたいと思いますw

> あのペースで50ページとか70ページとか気が遠くなりますよね…。

ほんまですね…ひとコマ入魂!の世界を垣間見ましたね…。

> 歌舞伎映像のデッサンの話は私もビックリしました!
> そういうことをしよう、と思う発想がやっぱり違うな~って。

そうですね…。なんかこの話聞いてて、昔よく読んでいた作家さんが、子供の頃から好きな作家さんの小説を語り手を変えたり一人称を三人称にしたりして文章の練習をしていた、みたいな話を昔読んだのを思い出しました。ひたすら上手くなりたいっていう欲望は、どんな世界のプロにも共通するんでしょうね。

> 貴重な番組で感動しながらも、ナレーションにちょいちょいツッコミできるのも楽しかったです。青木も美しいんだ(゚▽゚)って私もなりました~

N◯Kが美しい男性認定してくれたんだから自信持っていいと思いますよね、青木(笑)薪さんもご満悦でしょうw

> 楽しかったですね。

ほんと楽しかった、に尽きます。同じ興奮をどれだけの往年のファンが共有してるにかな、とか考えるとまたちょっとワクワクして、素敵な時間でした。
2017.03.03 Fri 23:41
Edit | Reply |  

Name - なみたろう  

Title - 正座で読んでます(笑)

僭越ながら私、いくつか
「わかる…それ私もわかる…(号泣)…」
てなったところが。

紙は回しますね。自分に向かってシュッ、と線を引くのはできるけど、跳ね上げるのは難しいので。やっぱり髪を描くとき、回しますね。青木の前髪は別にいいんですけどね。

あと清水先生の正面カットが見事に左右対称なのは知ってたんですよ、どうやったらそんなに描けるのかわかんなくて、私も裏から見直したりしてたんです(;ω;)そうかー裏から描いちゃうかー!!青木は直さないんだー!!

それからミリ単位で顔が変わるのもわかります!( ;∀;)

ただ…あのお方は……
なみたろうがヒイヒイ言いながら一枚仕上げる、それ以上の手間をかけて(すいませんレベルももちろん段違いですが)
70ページもの漫画の内のたったひとコマに全力投球してらっしゃるのですねえええ!!
(死亡)
2017.03.03 Fri 19:10
Edit | Reply |  

Name - さらし  

Title - 初読正座!

あんなに時間と集中力と工夫を重ねてらっしゃるのを見ると、初読正座で読まないとっていう気分になりますね~。
あのペースで50ページとか70ページとか気が遠くなりますよね…。

歌舞伎映像のデッサンの話は私もビックリしました!
そういうことをしよう、と思う発想がやっぱり違うな~って。

貴重な番組で感動しながらも、ナレーションにちょいちょいツッコミできるのも楽しかったです。青木も美しいんだ(゚▽゚)って私もなりました~

楽しかったですね。
2017.03.03 Fri 02:54
Edit | Reply |  

Add your comment