GARDEN CITY LIFE~annex~

お越しいただきありがとうございます。当ブログは清水玲子先生の『秘密』のレビュー(時にネタバレ)と二次創作(こちらは一部BL要素含)のざっくり二部構成になっております。記事は単純に日付順に表示されておりますので、お読み頂く際はサイドバーや記事一覧などでカテゴリーをご確認またはセレクト頂けますと安心、安全です<(_ _*)>

メロディ2017年10月号『秘密ー冬蝉 ACT.1ー』感想① 

感想(という名のツッコミ?または悲鳴?)です。ひたすら一方的に喋りますが、ご容赦ください。。。



今回のお話で一番心に響いたのは、夏でも半袖のフードつきのトップスを着ている、フード好き疑惑が一段と濃厚になる薪さんを相手に住田先生(ですよね?)が独白した台詞でした。

“もし私が一週間で死ぬ蝉だったなら、他の生き物が80年も100年も生きる事など知りたくもない。
生まれてこのかた、この大学構内の土と木しか知らないまま今死んでいくのに、
世界はこの狭い大学構内が総てだと思っていたのに、
その外に広がる山の高さ、海の深さ、地球に広さ美しさなど知りたくもない。
神がもしたわむれに蝉に真実を知らせたなら、何故そんな残酷な事をなさるのか。
なぜ。何故神は人間に身に余る英知をさずけたのだろう。
なぜ我々はいけもしない何億光年も彼方の宇宙にこんなに憧れるのか。
「蝉」なのに”

「この狭い大学構内」と言っておられるのでつまりここは京大、なのでしょう……薪さんは東大入学前に京大を出ているので、飛び級で入学したのがいつかは知りませんが、だとすれば17歳以下……ほんと、少年ですよ?少年!今の「少年にしか見えない」薪さん、ではなく、ホンモノの!////←いや、今つっこむべきなのそこと違う(ー ー;)

すみませんいきなり脱線して(^^;;
なんか重い独白ですよね、普通なら10代の少年相手に口にするようなものじゃないんでしょうが、それが薪さんならね……どういう状況でかは知りませんがついこぼしたくなっちゃったんでしょう。薪さんも、よほど心を許されていたのか、可愛がられていたのか。
何のために知ろうとするのか、知って何になるのか、なのに何故諦められないのか、とか。人類の歴史上前例がなく誰にとっても等しく未知なものに挑み続ける者だけが辿り着く孤独な嘆きなのかもしれません。宇宙なんて、挑むものが壮大すぎるもんな……。

それで「冬蝉」というサブタイトルなのですが…どういう意味なんでしょうね?相変わらず解釈が何通りもできてしまいそうです。季節を間違えて生まれちゃったもの?それとも仲間は次々死んでいくのに、冬までその意思だけを託されて生き残ったもの、ということ?まだまだありそうです;;;;

話的にはもう大筋では何が起きて誰が関わっていたのかはわかっていて、犯人探しがメインではないのかな?という印象でしたが、お話の中ではかたや「人類の英知と倫理」かたや「人間の正義と倫理」で、住田先生と薪さんは似たような葛藤と向き合うことになった者同士なのかもしれません。法的にどうとかじゃなく、人に正しくそれが裁けるのか。恩師相手に、薪さんは自分が正しいと信じられる判断を下すことができるのか…折しも第九は職員の自殺に薪さんの鈴木さん射殺事件、その元凶たる貝沼の置き土産のような少年連続死事件、天地事件なんかがあったばっかで社会的な評価も決して高くはなかったのだろう頃、立て直しの時期のお話です。一度は墜えそうになった信頼を取り戻し、これから組織をより磐石なものに育て上げていかなくてはならない薪さんに迷いは許されないでしょうから、厳しい展開を予想しちゃったりもするんですが……多分そこは天使青木がフォロー…して…く、くれる、よね…?;;;;←信じろ(というか勝手な想像)



さて。ここからはいつものレビューの代わりにツッコミなどを順にまとめていきたいと思います。

●先生、蝉リアルすぎです(^◇^;)
そもそも虫がダメなんですが、蝉って突然こっちに向かって猛突進してきたりもするしかなりなレベルで苦手なんです。蜘蛛、Gの次にムリかも…ルックスもムリです(ー ー;)たまにベランダで息耐えていますが、夫に「後は(←?)頼んだ」できるまでは見て見ぬ振りで過ごします(男の子がいたらなぁ…)。なのである意味、頭ぱっくりの絵よりリアルすぎる精密さで描かれた各所の蝉の絵が怖くて(笑)その完成度と言ったら芸術的な域に違いないにも関わらず正視できませんでしたすみません。。。

●総監に「五月蝿い」発言するもクビが飛んだりはしない、やはりただ者じゃない薪しゃん
単に変わり者で通っているから許されるのか長官様の寵愛が後ろ盾になって許されちゃっているのかわかりませんが…ハイ、普通に類い稀な才覚をお持ちだから代わりはいない、ということなんでしょうね(^^;;すごいです(笑)
でも、総監に対しては今でこそ邪険にもできちゃってますが、この頃ってもっとでかい壁というか、恐れ入る感じじゃありませんでしたっけ…?;;;;それを大した失言の後「なんだ捜査のお話でしたか…大変失礼しました」とか「それならそうと早く言っていただかないと」なんてしれっと流してしまう薪さんがちょっぴりスピンオフテイスト(^^;;←いやこれ実際スピンオフ(でも本編の時期…ああ混乱;;;;)

●青薪さん婚前旅行?////新幹線京都への旅
…にも関わらず甘さのかけらもないことが不思議に見えちゃうのは最近の親密さのせいでしょう(笑)まだこうして捜査中だと特に部下と上司、普通にそれだけな感じ…薪さんの青木への恋のバロメーターは今後急激に上昇すると思われます。「俺が支えますから」があったりしたチャッピー事件はやっぱ大きいのかな?それともその前に何かあったのかな?////
それにしましても、最初は京都にもJAXAってあるんですか?なんて薪さんに訊いていたのに、薪さんの京都行きに同行できるとなったら「はやぶさ」の映画見たりちゃんと勉強してくる青木、可愛いですね(あ、若い新人、部下として、です(笑))。でも、JAXAについて色々語っていますが多分それくらい薪さん知ってる(^^;)そして2人きりだとやはり若干態度が砕ける青木。姉キ、とか言ってるし…当然だけどお姉さんまだ生きてるんだね( ;∀;)今のうちに仲良くしておくんだよ( ;∀;)
一方的に喋り続けるものの、沈黙を続ける薪さん(じわじわと彗星絡みの鈴木さんとの思い出を真顔で回想中で上の空だったんだとしたら青木が憐れ…;;;;)にいたたまれず、もしや何か怒ってる?とでも思ったのか弁当を買いに退散する青木……相互理解が進むまでは苦労したんだね(笑)そう言えば最初はちょっと怖がっていたみたいだけど、チャッピーの頃にはだいぶ薪さんの扱いにも手慣れた感じになってましたよね?やはり何かあった…?この旅行が2人の距離を縮めたのか…?////←もういい

●薪さんの回想with克洋(すみませんここ個人的趣味により尺を取らせていただきます←みなさんご存知だ?(^^;))
さぁさぁ鈴木さんですよ〜w恋する薪さんですよ〜(笑)←いろいろおゆるし下さい
ありがとうございます先生!念じれば通じるのか回想シーン再び!に興奮しました。鈴薪祭りももう終わりだわ、としんみりしていたらこんな飴が!(笑)
ハレー型の言いにくそうな彗星の名前にさすが!な反応を返す薪さんを、さっすが薪君オンナノコみたいだけどちゃんと男のコ!!と揶揄う鈴木さん。2059年の6月って言ったら2人にお別れが訪れる2ヶ月前、あの「またおまえと一緒に捜査できる」の1ヶ月前ですよ( ;∀;)←余談ですが回想の2人、心の中はともかく第九的には結構平和そうに見えるので、ほんまに鈴木さんも薪さんも急激に追い詰められて行ったんだな、と悲しくなります。
口ではガサツなんだ、なんて言いつつもこの頃には鈴木さん、きっと雪子さんとの結婚も考えていたんでしょうから、親密さを増していく2人をずっと耐え忍びながら見てきた薪さんは、何とか吹っ切ろうとたまに火遊びなんかもしつつ(笑)仕事に精を出すことで紛らわせていたのかもしれません(口では早く帰りたいフカフカお布団に包まれて眠りたいとか言いながら…けど本当に家で待っていて欲しいのはお布団じゃなく誰かさんのぬくもりだったんだよね薪しゃん( ;∀;)←妄想です)。
大学の頃と同じ場所にドライブデートして星の観測しようぜ、と誘いをかけてくる鈴木さんに、雪子さんが知らない彗星の知識を教えてやれば「克洋君流石ーっ」って惚れ直すよ!とそうなることなど望んでもいない台詞を素っ気なく口にする精一杯気丈な薪しゃん( ;∀;)……こういうの、言いながらグッサー!って自分で自分の胸突き刺すようなもんよね(T ^ T)辛いね薪さん…一体こういうの何回経験させられたのやら(;ω;)
で、すぐさま背を向けた薪さんの背後に立ち、その表情を伺いながら「おまえ、つきあいわりーな最近」と言う鈴木さんがちょっと怖い目というか若干悪い男に見える…(ー ー;)なんか、単純に態度の変化、親友がつれなくなったことを寂しく思い「何でだよ!」って責めているだけには見えないんですよねぇ。だってその変化の理由には絶対気づいてると思うんですよ、鈴木さんなら。その上で「だったら…」っていう思いがあるんじゃないのかなぁ。そんな風に離れて行って、おまえほんとにいいのか?みたいな。後のお話の「こんなのはもう今だけなんだ」とかもそうだけど、薪さんの気持ちを試しているように見えるのは私だけでしょうか;;;;何ちゅうか、薪さんは離れようと心を決めて懸命に今までのポジションを降りようとしているのに、むしろ鈴木さんの方が懸命に薪さん繋ぎとめようと、引き戻そうとしているように見えるんです。もう全然思ってないでしょうにわざと「オンナノコみたい」って言ってみたり怒らせたのも、自分のことを敢えて意識させようとしている風で…ちょっとズルいぞ克洋君…。
そして、つきあいわりーな、には無言のまま逃げるように退室しようとする薪さん…似たような退場のシーン前にどこかでも見たような(笑)
胸の内を押し隠したポーカーフェイスが痛々しいです( ;∀;)
あたりまえだろ、と心中で返事を返し出ていこうとする薪さんの背中に、「こいよ!薪」と追い討ちをかける克洋君…苦しげに表情を歪める薪さん…←少女漫画(;ω;)
薪さんが懸命に堪えているのを知ってか知らずか近い距離なのにわざわざ口元に手を当て、「あそこに、大学ん時と同じところにカギおいとくから!」と鈴木さん…いやいやいや、薪さんが無言なのは聞こえてないからじゃないからね?わかってるよね克洋?しかもあんたいくつ薪さんの地雷踏めば気がすむのさ;;;;←ついにあんた呼ばわり(^◇^;)
だって大学時代と言えば鈴薪蜜月の象徴、麗しの青春時代、恋にせよ友情にせよ一番キラキラしていた頃ですよ?それを強調した上(大学ん時、2回言うた)、オンナノコみたいだの雪子だの女はダメだだのつきあい悪いだの能天気にもほどがあるよ…( ̄▽ ̄;)しかもこれ、能天気装っている疑惑が…←私だけ?;;
まるで天然青木のようですが、鈴木さんはそういうのとは違うと思うんですよねぇ。この人は天然じゃない、ちゃんとわかっている人だと思うんです。無神経でもないと思うし。
一応ポーカーフェイスで退室しようとしていたのに、さすがに最後のダメ押しに堪えきれなかったんでしょうか?バン!と思いっきり荒々しくドア閉めてく薪しゃん…抑えたはずの「あたりまえだろ」など諸々がダダ漏れたかもしれないことにお気づきでしょうか?(笑)
…まぁよくわかりませんが、鈴木さん的には薪さんが来ようが来るまいが、この反応さえ見られればよっしゃ!だったんじゃないのかな(ー ー;)
飄々と廊下を歩きながら(でもきっと早足に違いない…)大学ん時と同じ、同じ、とグルグルしだす思考回路をもう止められない薪さん(笑)←カワイイ…
2人毛布に包まって見上げた星空、君の横顔、一緒に彗星を観測できた時の興奮…でも、キラキラのお星様に負けないくらいキラキラな思い出に、チラチラとノイズのように割り込んで来るのは恋敵の面影。そして。
「僕の鈴木」を掠め取り、独占しようとする雪子さんと鈴木さんとのイチャイチャ画像(笑)←これあくまでも薪さんの脳内イメージなんですよね(笑)薪さん想像力絶大だから…(笑)
克洋君…、と鈴木さんの首に腕を絡めしなだれかかる雪子さん(胸大きい(笑))、彼女の腰に添えられた鈴木さんの手、薪さんが好きな腕の筋肉が見える袖捲りな鈴木さん…バックの点描トーン(笑)
なんかもう、お見事、完璧すぎてどこをどうつっこめばいいのやら…(^◇^;)薪さん、ほんとに好きなのね?鈴木さんのこと…めっちゃヤキモチで悶々としてたのね…?( ;∀;)



長くなりました(笑)普通にレビュー書いた方が短いかも(笑)←あかんやん;;;;
まだ書きたいところですが、一旦切らせていただいて新学期始まったらぼちぼち続き書かせていただきます(^^;;


関連記事
スポンサーサイト

Comment

Name - eriemama  

Title - Re: 沼よりの愛!?

> 鈴木さん、いい男だなーと感じていたのですが、なぜ私は、この人とお友達になりたいのかが、うまく説明できなかった。
> ゆけさんの”それで壊れるオレたちじゃないだろ”に、おおおーこれだーと燃えたのですよ。
> いかし、私は萌えるじゃなく、燃えるヤツ。

きこさん、男前…(笑)燃える方なんですね?燃焼系…?(笑)←ちょっと違う(笑)
雪子さんの「あの中に入って一緒に戦いたかった」に近い感じでしょうか?

> おふたりのような、愛のフィルターは、どうかなあ(笑)

愛のフィルター?////いやそんな、照れますやんっ////
でもこんな感じでキャッキャしているのが毎日を乗り切る何よりの活力になってます。活用法間違ってるかもですが、愛は大事です、はい(笑)
2017.09.02 Sat 22:13
Edit | Reply |  

Name - eriemama  

Title - Re: 鈴木さん

> 読者の熱心な要望??によるのか、鈴木さん登場で嬉しい回でしたね〜。

ハイw
季節的にも鈴木さんと言えば、な夏で(笑)嬉しかったです( ;∀;)

> そしていくつか思うところあるお話です。
> どうしてわざわざ、旧第九時代なのか、とか。
> なんで鈴木さんの回想が1回目に出てきたのか(回収はあるのか??)とか。

そうですよね、旧第九時代が読めるのは嬉しいんですけど、今まで一応進んでいた時間がまたバックしたので(しかも大幅に)なんか意味あるのかな?とか思ってしまう…。鈴木さんの回想は、回収がなかったらサービスということでしょうか?(笑)

> それにしても鈴木さんも薪さんも、回想の中ではなんていうかちょっとこう……
> 普通の男の子っぽいですね。
> つきあいわりーなとか。

そうですね、なんか普通に他人の目がないところでは室長、副室長になっても学生の頃のノリが残ってたんですね。まぁ普通そうなのかな…いくつになっても昔からの友達と集まると、昔と変わんない感じになりますもんね(⌒-⌒; )
そしてこのちょっとくだけた感じ、ルーズな雰囲気がまたツボだったりします…扉絵の絵も然りですけど、やんちゃな感じイイです(笑)

> それにしても薪さんのヤキモチがあんなしっかり描かれたのは初めてじゃないですか??
> あの頃の薪さんがあんな悶々としていたのかと思うと、落涙(笑)

鈴木さんに対しては、隠した気持ちを突かれてキレる、っていうのはありましたけどはっきりしたヤキモチは初めてかもしれませんねぇ(笑)
対青木ではちょいちょいそれらしきもの見てきましたけど、これは相当嫉妬深そうですね薪しゃん(笑)というか、いかに鈴木さんの存在が薪さんにとって大きかったのかってのを考えると、まぁ仕方ないのかな…(^^;;

> 薪さんの明るさが、本編と比べると「あれあれ??」と思うとこもあるんですが本編のままの無表情でキリキリしてたらスピンオフだけ読む人は「???」って思いそうだし、そういうのもあるんでしょうか?
> かなり『スピンオフテイスト』ですよね〜

なるほど、言われてみればそうですね(笑)原罪〜増殖までの表情豊かになった薪さんとのギャップ、確かにあの頃のままだと相当大きいかも(⌒-⌒; )

> 青木くんへの感情変化とか描かれるのかな〜。
> 次回も楽しみですね!

感情変化、見たいですねw
ある瞬間恋に落ちた、とかじゃなくじわじわ系のそれではないかと思うのでわかりにくい気もしますが、いろんなドキッ!を経て今に至っているんだろうから、そういうのを小出しにしていただけると…(笑)
先が楽しみですw
2017.09.02 Sat 22:02
Edit | Reply |  

Name - eriemama  

Title - Re: ひぃ~~~;;;;

> eriemamaさん、体面上とはいえそんなのおそれ多いですよ!;;;; ←ちゃっかり見てる

こそっと奇襲してみました(笑)いえ、本心ですが(笑)
ゆけさんの読み込み方はいつも一歩先行ってるので色々気づかされて視野が広がります。…にしては相変わらず狭いですが(^^;)

> そもそもeriemamaさんがこう言うからじゃあこうかもですよ、ぐらいの、私こんな感じで楽しんでますよ、ぐらいの、だって鈴木が薪さん好きだったら楽しいんですもん~~。゚(゚´Д`゚)゚。

鈴薪さん、あそこはもう完全に真っ黒なんでしょうね…(笑)
いやぁ、なんか楽しくなってきたなぁ…(笑)←完全に沼の中

> きこさんのおっしゃる通り、よくもそこまで曲解できるなっていう希望的観測にすぎません~~

いえいえ、曲解だなんて思われてませんよ?きこさんもホラ、目を細めて微笑んで下さってますw←妄想すみません(笑)
2017.09.01 Fri 22:59
Edit | Reply |  

Name - eriemama  

Title - 拍手コメント下さった、かわいそう過ぎる…さんへ

すみません、拍手コメへのレスだと文字数すぐオーバーになっちゃうのでこちらでお返事させていただきました。加えて、レスが遅くて申し訳ありません(-。-;

レビュー、読んでくださってありがとうございます。今回の連載はいつもの文字起こしレビューじゃないので、私の偏った印象だけが伝わっちゃいそうでコミックス派の方には申し訳ないやら若干怖かったりもするんですけど、大丈夫でしょうか(^^;)

薪さんの回想シーンは切なかったですね…あくまでも一瞬の表情ひとコマだけなんですけど、そこに凝縮された伏せられた想いがもう…。
でもリアルには青木と新幹線旅行で、一応守られたりもしていて、あぁそうか、この時期って雪子さん登場までの束の間の平穏期だったわ(。-_-。)としんみりしてしまいました(笑)まぁ青木を挟まなくても雪子さん、薪さんの記憶の中で薪さんをざわつかせているわけですが…そりゃあネチネチいびったりもしたくなりますよね(^^;)決定的に想像力ないんだよ!とか言い放ちたくもなりますよね…(笑)

書き手のメンタルの強度…どうなんでしょう?でも、読者よりは客観的でないとなかなか幅広い読者層の共感を得る描き方ってできない気がするから、書いていて辛いとしてもそれはキャラクターに感情移入してっていうより産みの苦しみ?という気もしますが…うーん、やっぱタフってことなのかな?(⌒-⌒; )清水先生の内面の書き込み方って創作物だってことを忘れさせるくらい、あの繊細な線でできた絵さながらに緻密で迫ってくるものがあるから、確かにどんな心理状態であんな壮大なストーリー考えてるんだろ、って気になることは私もあります(笑)物語の動機は何かに対する何らかの心の動きなのだろうと思うので、そこが知りたい、といつも思います。…はい、お話を読めって話なんですけどね?(笑)直接あとがき的な言葉が聞いてみたいなぁ、みたいなことなんです。

増殖編は救いが見えにくい終わりでしたから、今回は少しお手柔らかにお願いしたいですねぇ(笑)
2017.09.01 Fri 22:39
Edit | Reply |  

Name - きこ  

Title - 沼よりの愛!?

ここでコメントも何ですが・・・
いやいや、私は、鈴木さんへの深い愛と理解に、得心したのですよ。
鈴木さん、いい男だなーと感じていたのですが、なぜ私は、この人とお友達になりたいのかが、うまく説明できなかった。
ゆけさんの”それで壊れるオレたちじゃないだろ”に、おおおーこれだーと燃えたのですよ。

いかし、私は萌えるじゃなく、燃えるヤツ。
おふたりのような、愛のフィルターは、どうかなあ(笑)

おばあちゃんになっても!
愛ですね!
2017.09.01 Fri 18:31
Edit | Reply |  

Name - ねこじゃらしにゃんたろー  

Title - 鈴木さん

読者の熱心な要望??によるのか、鈴木さん登場で嬉しい回でしたね〜。

そしていくつか思うところあるお話です。
どうしてわざわざ、旧第九時代なのか、とか。
なんで鈴木さんの回想が1回目に出てきたのか(回収はあるのか??)とか。

それにしても鈴木さんも薪さんも、回想の中ではなんていうかちょっとこう……
普通の男の子っぽいですね。
つきあいわりーなとか。

それにしても薪さんのヤキモチがあんなしっかり描かれたのは初めてじゃないですか??
あの頃の薪さんがあんな悶々としていたのかと思うと、落涙(笑)

薪さんの明るさが、本編と比べると「あれあれ??」と思うとこもあるんですが本編のままの無表情でキリキリしてたらスピンオフだけ読む人は「???」って思いそうだし、そういうのもあるんでしょうか?
かなり『スピンオフテイスト』ですよね〜

青木くんへの感情変化とか描かれるのかな〜。
次回も楽しみですね!
2017.09.01 Fri 17:35
Edit | Reply |  

Name - ゆけ  

Title - ひぃ~~~;;;;

eriemamaさん、体面上とはいえそんなのおそれ多いですよ!;;;; ←ちゃっかり見てる
褒められ慣れてないので萎縮してコメントできなくなりますよぅ~~~;; ←めんどくさいなお前…
そもそもeriemamaさんがこう言うからじゃあこうかもですよ、ぐらいの、私こんな感じで楽しんでますよ、ぐらいの、だって鈴木が薪さん好きだったら楽しいんですもん~~。゚(゚´Д`゚)゚。
きこさんのおっしゃる通り、よくもそこまで曲解できるなっていう希望的観測にすぎません~~
でもそう思ってた方が鈴薪楽しいですよね……?(//▽//) ←こら
ひとりでは何にもまとまらないので、みなさまに色々ヒントもらいながらつぎはぎして楽しんでます……(//▽//)
またいろいろ妄想して遊びましょうね~~ ←鈴木スト仲間貴重です(//▽//) ←何言いに来たんだお前
2017.09.01 Fri 03:15
Edit | Reply |  

Name - eriemama  

Title - Re: 同じです!

> Gの次に蝉が嫌いって同じです! 蝉も時々ひっくり返っているのを見るので(何故我が家に……?)片付けようとするのですが、新聞紙とかでちょっと触れたら断末魔のごとくジジジジッ!って言われてぎゃあっ!ってなることが多々あります。なので心の平和のために二週間位は放置しますw 

蝉放置、わかります〜(^^;;そうなんですよ、動かないだろうと思ったらいきなりジジジジッ、蝉あるあるですよね?あれ怖いです…蝉の苦しみを思いやる余裕もなくヒィィィッ!って逃げます(笑)

> 総監への態度とか鈴木さんを思い出しているところとか、確かに本編と比べるとあれってなる部分もありますが、いいんです!! スピンオフなので、楽しめれば多少の矛盾はオールオッケー♪
> まっさきに誤植だのなんだのツッコミいれてたくせに、私も人間が丸くなりました(笑)。

寛大ですね(笑)なんかジェネシスはともかく原罪以降のお話は本編の続きなのになんでスピンオフ?って思っていたんですけど、スピンオフだからまぁ、と思えば流せそうですね(笑)

> 今回は扉カラーも含め鈴木さん大放出でしたね。そのうち第九発足当時のお話とかもやってくれそうな気がしてきました。読みたい。

読みたいですねぇ…読めるんなら10年でも待ちます。おばあちゃんになってもメロディ買います(笑)

> しかし鈴木氏が出てくるたびに薪さんは怪しくなるなぁ(爆)。

怪しくって(笑)
おかげで私、鈴木さんが出てくるたびにグフフのフ、ですw
2017.08.31 Thu 22:28
Edit | Reply |  

Name - eriemama  

Title - Re: 愛読書その1・ファーブル昆虫記

きこさん、こんばんは。

> 私、昆虫好きなので、蝉、OK。Gも平気。素手でも、いけます(笑)蜘蛛も、好きです。

ここにも強者が!
蜘蛛、いけるんじゃなく好きなんですか?Σ(゚д゚lll)スゴイっす。。。

> 蝉は実は、成虫になっても、1週間より長く生きるものがいるようですよ。それでも、短いですけどね。

そうなんですか?1週間って平均寿命…???
短命、というところでは儚いのかもしれませんが、もうちょっと控えめに綺麗に鳴いてくれたらなぁ、と思います。うちの近所、蝉が好きらしい木を植えてあるお宅があって、朝からめっちゃうるさいんです…年々夕方過ぎても鳴くようになってきていて、静かな時間が短い;;;

> 人類の叡智を伝えるために脳を取る?データは別の方法で、伝えられると思います。
> 献体と臓器移植というのが、ひっかかります。

宇宙とか臓器とか、清水作品のキーワードが目白押しですが(笑)確かに記憶をデータとしてとりたいだけならリスクのない他の方法ありますよね。一体何を頼まれたんでしょうかね…。

> そして、愛というフィルターを通すと、鈴木さんってこうなるんだーと、eriemamaさんとゆけさんのコメントに、おおーと感じいりました。
> 鈴木さん、俠気溢れる、ナイスガイですもんね。

えへへ、ありがとうございます、ナイスガイでしょう?////……とか他人なのに言ってみました(笑)すみません(^^;;
ゆけさんはやっぱ、私なんぞより年季が入った秘密ファンで鈴木ストでもいらっしゃるので、鈴木さん語らせたらさすがですよ…。

> 新学期、ほっとするような、不安なような、忙しいし・・・
> どうぞ、ゆっくり、です。

明日は久々に朝1人なんですが、健診で出なきゃいけなくて家でゴロゴロ、ができません( ;∀;)
なんか最近、休みとなると病院だなんだで時間が消えてくんですよねぇ;;;;
早朝からの朝食&昼食(お弁当)作りも再開で、なんのかんの言っても夏休みは少し楽だったのかな、と思います。支えてくれた友人と母に感謝ですw
2017.08.31 Thu 22:17
Edit | Reply |  

Name - eriemama  

Title - Re: ノイズ…(笑)

> (び、びっくりした…ここのコメント欄の「URL」に勝手にメアド入ったし…Googleさんに狙われてる)

そうなんですか?っていうかそれってGoogleさんに狙われてるってことなんですか???←そういうの疎いんですけど、勝手にってコワい…

> えりりんは蝉苦手ですか?(゚∀゚;)

苦手ですね…最近はトンボも苦手です(^^;;たまに自転車こいでると伴走してくるとこなんかが特に(笑)なみたろうさん確かGも平気でしたよね?今年はうち、1匹しか見ることなく経過しております。平和(笑)

> 私は平気ですが、小さい頃によく死骸に蟻が群がってるのは見かけて恐ろしいイメージが残ってたので、清水先生うまいなぁ~と。

むしろ蟻の方が残酷で怖いのかもしれませんが…

> で、「ノイズ」って!!(゚∀゚ 三 ゚∀゚)
> それそれそれですよ!あのちらつく雪子のイメージ、なんて言えばいいか分からなかったんですけど、ノイズだわ…

特にぐるぐる考えたわけでもなく流れで書いたんですけど、ハマりました?良かったw
まだあの頃は鈴木さんとの楽しい思い出と雪子さん、セットだったんですね(^^;;どうしてもチラついちゃうという…薪さんったら不憫な(⌒-⌒; )

> って、前のコメントの方…こちらのコメント欄、お名前伏せてあるのでどなたかわかりませんが、鈴木さんが「恋人でも夫婦でもなくずっと一緒に」に固執してる説、しゅごい( ; ゚Д゚)

すごい説ですよね!鈴木さん、だいぶ回想で出番が増えていますけどまだまだいろんな王子像を思い描く余地があってほんま魅力的です…(笑)

> だとしたら雪子は偽装結婚?だって明らかに誰よりも愛してるのは薪さん…ええ?怖い…昼ドラ展開?
> 雪子さんが実は薪さんを好きで婚約指輪渡せず、のシーンも、「おまえ、薪を好きなのか」じゃなくて「おまえも薪を好きなのか」でしたか?
> だって恋人が他の男をって揉めた形跡が今んとこないんですよね……

昼ドラ展開ですねぇ…(笑)
雪子さんの想いを知っても揉めるというか責められなかったのは自分も後ろめたいものがあったからで…って;;;;

この三角関係、クローズアップして欲しいです(笑)仙台旅行とかどんな感じだったんだろう(^^;)←それ以前によく薪さんが3人で、ってOKしましたよね。
2017.08.31 Thu 21:58
Edit | Reply |  

Name - たきぎ  

Title - 同じです!

Gの次に蝉が嫌いって同じです! 蝉も時々ひっくり返っているのを見るので(何故我が家に……?)片付けようとするのですが、新聞紙とかでちょっと触れたら断末魔のごとくジジジジッ!って言われてぎゃあっ!ってなることが多々あります。なので心の平和のために二週間位は放置しますw 

総監への態度とか鈴木さんを思い出しているところとか、確かに本編と比べるとあれってなる部分もありますが、いいんです!! スピンオフなので、楽しめれば多少の矛盾はオールオッケー♪
まっさきに誤植だのなんだのツッコミいれてたくせに、私も人間が丸くなりました(笑)。

今回は扉カラーも含め鈴木さん大放出でしたね。そのうち第九発足当時のお話とかもやってくれそうな気がしてきました。読みたい。
まさかシーズンゼロで旧第九のお話が読めるとは思ってなかったので、もうテンションあがりっぱなしです。
しかし鈴木氏が出てくるたびに薪さんは怪しくなるなぁ(爆)。

2017.08.30 Wed 23:19
Edit | Reply |  

Name - eriemama  

Title - Re: 蝉……

> の件、書いたらまたちょっとコメントにしては鬼みたいになったので、詳細はまた別途で書くことにしますね…;;(。-_-。);;
> すみません。

了解です!鬼みたいなのはホームで、ってことですね?詳細待ってますw

> まぁどうあれ薪さんが傷つくのは避けられないでしょうねー……。←一緒に傷つきたい人(その名もドM)

一緒に傷つきたいって(笑)あぁでも、結局そういうことなのかな?最終的には幸せになって欲しいんですけどね…もう着地点が見えないです(^^;;

> 私、蜘蛛だけが異様にダメですよ!;;; もうこの漢字をタップするのもゲー…;;;;

わかりますわ…この漢字不気味ですよね?フォルムとか何もなぞってないのになんでだろ。もう見ただけで脳内で画像変換されるからかな;;;;
ちなみに私は足がダメです…グワー足って書いただけで鳥肌立ちそうっ(笑)彼らについては、あんまり深く追求するのはやめましょう…うん(笑)←できることなら完全に別世界で生きたい

> 一時期、お店のゴムおもちゃで触る練習してましたが、無理でした。心臓が止まります;;;;;;; あ…蝉?

うちにもそれありますよ、シリコンみたいなのでしょ?捨てたいんですけどね、町会の夜店でもらったのだから置いておきたいんだって( ;∀;)イヤだー…

鈴木さんについてですけど、

> 薪さんの気持ちも自分の気持ちも知ってて、それでもそれ乗り越えて一緒にいようぜって言ってるように私は思えて、ばかだなぁ……鈴木。って(。-_-。)

さすがゆけさん、目線があったかい…(*´-`)

> どれだけ険悪になっても一緒にいることを諦めたりしないからな、っていう強情さを私は感じてしまうんですよねぇ……。

なんと!そういうこと?そういう愛なの?(//∇//)…ならイイw←単純か
でも、どういう愛にせよつくづく気の毒なの雪子さんですよ(^^;;まぁ今はお幸せそうだからいいと言えばいいんですけど、こんな鈴薪さんをそばで見つつ関わり続けるなんて私にゃムリです(-。-;タフな人だ…(そういうとこは好き)。

> やだまじ語りしちゃったーーーたはっ(//▽//)

楽しいです鈴木語り(笑)鈴薪過去編、今回だけのサービスに終わらずお話に絡んでくるといいんですけどね。そうしたら毎号語っちゃうぞw…あ、ゆけさん逃げないでね?(笑)
2017.08.30 Wed 22:26
Edit | Reply |  

Name - きこ  

Title - 愛読書その1・ファーブル昆虫記

こんばんは。
蝉、まだまだ鳴いております。
私、昆虫好きなので、蝉、OK。Gも平気。素手でも、いけます(笑)蜘蛛も、好きです。
蝉は実は、成虫になっても、1週間より長く生きるものがいるようですよ。それでも、短いですけどね。

人類の叡智を伝えるために脳を取る?データは別の方法で、伝えられると思います。
献体と臓器移植というのが、ひっかかります。
もしかしたら、脳を移植、データを移植することで、無念の内に死んだ人々を蘇らせるプロジェクト!?考えすぎかなあ。
どう、展開していくのでしょうね。

そして、愛というフィルターを通すと、鈴木さんってこうなるんだーと、eriemamaさんとゆけさんのコメントに、おおーと感じいりました。
鈴木さん、俠気溢れる、ナイスガイですもんね。

新学期、ほっとするような、不安なような、忙しいし・・・
どうぞ、ゆっくり、です。
2017.08.30 Wed 19:32
Edit | Reply |  

Name - なみたろう  

Title - ノイズ…(笑)

(び、びっくりした…ここのコメント欄の「URL」に勝手にメアド入ったし…Googleさんに狙われてる)

えりりんは蝉苦手ですか?(゚∀゚;)
私は平気ですが、小さい頃によく死骸に蟻が群がってるのは見かけて恐ろしいイメージが残ってたので、清水先生うまいなぁ~と。
あと住田先生の「知りたくなかった」はなんかわかります。泣くほどじゃないけど(笑)
その辺、マッドサイエンティスト的なお話になるのかな、と思いましたがちょっと違うみたい(゚∀゚;)

で、「ノイズ」って!!(゚∀゚ 三 ゚∀゚)
それそれそれですよ!あのちらつく雪子のイメージ、なんて言えばいいか分からなかったんですけど、ノイズだわ…
やっぱり、私が雪子さん苦手なのは薪さんのこの感情を感じてのことと合点がいきました。清水作品の女性って「邪魔者感」醸す人多いっすよね。

って、前のコメントの方…こちらのコメント欄、お名前伏せてあるのでどなたかわかりませんが、鈴木さんが「恋人でも夫婦でもなくずっと一緒に」に固執してる説、しゅごい( ; ゚Д゚)
だとしたら雪子は偽装結婚?だって明らかに誰よりも愛してるのは薪さん…ええ?怖い…昼ドラ展開?
雪子さんが実は薪さんを好きで婚約指輪渡せず、のシーンも、「おまえ、薪を好きなのか」じゃなくて「おまえも薪を好きなのか」でしたか?
だって恋人が他の男をって揉めた形跡が今んとこないんですよね……

うわ~色々と疑わしい。
2017.08.30 Wed 13:46
Edit | Reply |  

Name - ゆけ  

Title - 蝉……

の件、書いたらまたちょっとコメントにしては鬼みたいになったので、詳細はまた別途で書くことにしますね…;;(。-_-。);;
すみません。

冬蝉ですよね……(。-_-。) 脳だけ残して、本来生きるべきではない季節まで生き残る異形のもの、っていう感じですよねぇ……今んとこ…(。-_-。)
まぁどうあれ薪さんが傷つくのは避けられないでしょうねー……。←一緒に傷つきたい人(その名もドM)
こういうテーマを真っ向からレビューのトップに持ってくるeriemamaさんがやっぱり好きです!(//▽//)

私、蜘蛛だけが異様にダメですよ!;;; もうこの漢字をタップするのもゲー…;;;;
あいつら(言葉;;)、頭中に眼があるじゃないですか!!
昆虫のフォーマットに則った、頭、胸、胴、脚6本てやつは、まず平気です。
脚は8本あるし、胸がなくて頭-胴だし、きもい無理~~~~~~;;;;;
カラダの半分近くが眼とかナイ!です~~~~;;;;
一時期、お店のゴムおもちゃで触る練習してましたが、無理でした。心臓が止まります;;;;;;; あ…蝉?

鈴木談義ができるの嬉しいです!(//▽//)

鈴木は、別れのこない友人に、を誓ったやつですからねぇ…(。-_-。)
こうと決めたら、どれだけ自分を偽ってでも貫こうとするかもしれないですよ……?
薪さんの気持ちも自分の気持ちも知ってて、それでもそれ乗り越えて一緒にいようぜって言ってるように私は思えて、ばかだなぁ……鈴木。って(。-_-。)
どれだけ険悪になっても一緒にいることを諦めたりしないからな、っていう強情さを私は感じてしまうんですよねぇ……。
外面柔らかくても頑固者や……。
それで壊れる俺たちじゃないだろ、笑って過ごそうぜ、ぐらいの。
まーどうなっても薪さんのことは鈴木に任せとけば安心か…って気になるんですけど(笑)

でもそれが安心じゃなかったっていうねーー!!(鬼…あ、ちがった神…)
でも…鈴木も人の子だから許してあげてほしい!!というのが、私の見解です…(笑)
やだまじ語りしちゃったーーーたはっ(//▽//)
2017.08.30 Wed 03:27
Edit | Reply |  

Add your comment