GARDEN CITY LIFE~annex~

お越しいただきありがとうございます。当ブログは清水玲子先生の『秘密』のレビュー(時にネタバレ)と二次創作(こちらは一部BL要素含)のざっくり二部構成になっております。記事は単純に日付順に表示されておりますので、お読み頂く際はサイドバーや記事一覧などでカテゴリーをご確認またはセレクト頂けますと安心、安全です<(_ _*)>

メロディ2017年10月号『秘密ー冬蝉 ACT.1ー』感想② 

※昨日は公開時に放送事故的な…本文中にコメントの編集中のコピペなどが紛れ込んでおりました;;;;失礼しました…たまにこういうわけのわからんことがあるんですウチ(ー ー;)Yさん知らせてくださってありがとうですw


続きです。

そんなわけで薪さんの鈴木さんの回想にはどうしても因縁のライバル(笑)雪子さんがチラつくわけですが、根に持つなぁ薪さん(^^;)もうお互い張り合う理由は無くなっているわけで結局2人が結婚したり2人に子供ができたりもしなかったのに、それでもどうしても「負け」を意識せざるを得ない相手、ということなのかな;;;;最終的に鈴木さんの一番近くに居続けたのは薪さんで、薪さん自身が譲りたく無かったものは最後まで薪さんのものだったんではないかと思うんですけれど…まぁ本人が気づいてないというか納得していないんじゃ意味ないってことなのかな(^^;;
前に雪子さんについて書いた時にも書いた気もするんですけど、私はそんなに雪子さんが大っ嫌い!というわけでもなく、むしろ薪さんにこんなに激しい嫉妬という感情を教えてくれた点においてはすごく功績(笑)が大きいんじゃないかとさえ思っております。だって雪子さんが現れるまでの蜜月時代ってただただ楽しく幸福だったんじゃないかと思うんですよね…それが雪子さん、という脅威が現れたことで(笑)ヤキモチや自分の気持ちを抑えたりごまかす切なさを知って、幼い初恋はようやく一丁前の恋心になったんじゃあないかと。それを知ってこその少女漫画の主人公ではないかと(笑)そういうの知れたのは、しんどいことだけど良かったんじゃないですかね…。

で、ですが(^^;)
回想の中、薪さんの脳内をぐるぐる回っていた「大学んときと同じ」「同じ」…鈴木さんがどうだったかはともかく薪さん的にはもうあの頃のようになんの憂いもない、なんてあろうはずもないところに、無神経としか思えない「同じ」、というセリフ。過去のことにもかかわらず、その怒りを向けるべき相手だって既にいないにもかかわらず、今現在のことであるかのように「なわけないだろっっ!!バカ!!」と激しい感情剥き出しにサイドテーブルに拳を振り下ろす薪さん(むしろ今だから、なのか…?;;;;)そしてそこに間悪く帰って来て遭遇してしまった、何のこっちゃかさっぱりわからんだろう気の毒な青木…(笑)
薪線入りまくりで怒り爆発の上司に恐れをなし、これは買ってきた食べ物のチョイスを間違ったに違いない、と慌てて他の買ってきます!!と出て行くあたりがまた可愛いです(笑)
そんでまた、青木の声と逃げて行くときの騒々しさにふと我に返ってキョトンと振り返った30Pの後ろ姿薪しゃんがとんでもなく可愛い…「…………?、?青木?」ですよw←青木も可愛いけどごめん足元にも及ばんわ…キミでかいし(ー ー;)この後頭部に漂うあどけなさは醸し出せまい(笑)

それにしてもなんかあっけらかんとした回想シーンでしたね(^^;)全く暗い影はなく、逆に微笑ましいくらい…読んだとき「ん?んん?」と思ったのですが、薪さん割とふっ切れている…?私まだこの頃は病んでる薪さんが現役だった頃、という認識だったので、なんかこう、危うさのかけらもない感じの回想に嬉しいんだか不安なんだかわからない微妙な感じでした(笑)まぁスピンオフですし、回想に関しては思い出すときの状況や心理状態も結構関係しているのかも知れませんけれど。
あと、単にサービスでヤキモチ薪さんを書いて下さったのかもですが、なぜ彗星がらみの回想なら学生時代の鈴木さんと2人っきりの観測会でいいところ、第九時代の、しかも鈴木さんとの別れも迫る頃の回想なのか…つい最近もデータ紛失番外編でありましたが、薪さんにとってこの頃の鈴木さんの印象がそれだけ大きい、ということなのかな。それとも他に何か…?

さらに付け加えるなら、ポーカーフェイスでがっちりガード固めてる感じだった本編時代初期の中、恩師の前や講演会中は学生時代に戻ったように素の豊かな表情が戻ってきていたのはとっても良かったです…( ;∀;)こんな風に無防備な笑顔を青木の前で見せたひとコマもあったのですね…?( ;∀;)

●薪さんに素で肩車を提案する青木パパ(スゴ過ぎ;;;;)
鈴木さんの回想シーンとともに今回の青薪的目玉といえこれでしょう(笑)
講演会会場に無事に到着し、ごった返す場内を見渡し客観的に見て、これじゃあ俺はともかく薪さんには住田先生見えないんじゃ?と心配した心根がただ優しいだけの青木が思いつきとしか思えない提案を薪さんに向かってナチュラルに告げます。そう、嫌味とか、悪気とか、神経逆撫でるつもりとか一切ないところが小気味いいくらい爽やかに(笑)
「薪さん見えます?オレ肩ぐるましましょうか?」
あまりにも突拍子も無い、そして薪さんの頭の中の会話展開予想には全く候補として無かったのだろうこのセリフに、その瞬間はろくに反応を返せずポカンと青木を見上げる子供のような薪さん(またまた何ともお可愛らしい…( ;∀;))、それを見て引き続き悪びれもせず(なにせ善意しかないから;;;;)、ほら、ここからならよく見えますよ?とばかり自分の肩の方を指して見せる青木。
おまえさん、客観的に見て大の大人が肩ぐるまの不自然さ、とか、子供もいっぱい見てるし!とか、ここJAXA!とか、肩ぐるま中に偶然住田先生にバッタリしちゃった時の薪さんの気まずさとか……考えんのかい;;;;
それ以前にこの提案、薪さんにビビってる部下のものじゃないよね…( ̄▽ ̄;)ビビってる部下は思っても口にできないよ?怖くて(笑)
もうこういう青木の天然に失礼な感じ、すっかり慣れましたが若干初々しい薪さんの振り回しぶりが感慨深いシーンでした。それから、ほら、恥ずかしがってないでおいで?みたいないい笑顔の青木パパに泣きそうでした( ;∀;)←キミはこのままでいて…?(笑)
そしてまぁ案の定そんな青木には薪さんの足蹴りが「しゃがむな!」のひとことと共にお見舞いされるわけなんですが(←ちょっと髪逆立ってる)、そこに住田先生登場(⌒-⌒; )
「君スーツ着てても本当に学生の頃とちっとも変わらないねえ!」←学生時代そんな知りませんが同感です
先生…!と青木の胸ぐら掴んだまま振り返り、赤面する薪さん(笑)恩師に部下と仲良くじゃれている(?)ところを目撃され、照れとるところがこれまたむっちゃお可愛らしいです( ;∀;)ねぇ住田先生、社会人になって立派な地位も得てなお残っているこういう初々しい可愛いらしさなんかもきっと、全然変わんないんですよね!?(笑)
住田先生はけど講演会の主役、ここではたいしたやり取りもなく呼ばれて去って行っちゃいます。。。


(続く)
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Name - eriemama  

Title - Re: 2コイチでお願いします!

> そうなんですよね~(。´・ω・) 本編で、ゆ…雪子さん……?ってなったのは、そのちょいちょい行き過ぎる行動なだけで、薪さん近辺に近づかなければ、むしろいい姐さんなのは当時から感じてたんですよね…(笑)
> だって初登場の雪子さん、スパーンとしててかっこいいですよね(笑)

そうそう、嫌いじゃないんです、スパーンとして裏表なさそうだし、仕事に向かう姿勢も割と好きです。

> 女薪、とかいうから天才系かと思っていたら、めちゃ普通の人だったという…(笑)
> 優秀なんですけどね;;

そこはまぁ…(笑)あの美人でできる人なのに蓋を開けたら普通の人、ってとこも味だと思うんですよ(笑)←なんで私こんなにフォローしてんだろ(⌒-⌒; )

> 本編とのギャップ、それはまさにスピンオフだから、ですね(笑)

でしょうね(笑)
にしてもなんで青薪初期、鈴薪第九時代、京大時代、と過去を色々遡ってお話に出しておられるんでしょうね?本筋と別のテーマが何かあるのかな?薪さんが話の中心に来そうだけど、最初は「俺が第九に配属されーー」って青木の語りで入ってるのも気になるんですけど…お話の最後は増殖後の青木とかに繋がるのかな…???

> あの薪さんの苦悩……もう私は本編で充分かもですねぇ…
> またあそこに戻るのはちょっとしんどいというか。
> 周りを排除、排除な薪さん。
> いや本編より今が好きというわけではなくて、あの本編があるから今が楽しいんですけどね(//▽//)
> あの薪さんだったら、京都ひとりで行きそうな気がします。

ウハ、ゆけさん正直っ(°▽°)またあの甲冑で身を固めたような薪さんを見るのは…、っていうのはちょっとわかりますけど(笑)
で、あのしんどい時代を一緒にくぐり抜けて痛みも共有して来たから今こんなに楽しいの!青薪のもどかしさもクセになってるの!(←言うてないから)っていうのもわかる…(笑)
あの頃の薪さんならおっしゃるとおり過去の自分に絡みそうなことならなおさらお供は無しで単独京都入りしちゃいそうですよね(⌒-⌒; )溜まってる仕事はその間に片付けとけよ、戻ったらすぐチェックするから!って言い置いて(笑)

> 青木は今みたいに余計なこと考えず、こうやって思い付きで行動してる方がいいですよね♪

そうですねw
まぁどっちにしても青木は面白い子でいい子やわ、と最近はほんまに思います(笑)肩ぐるまはグッジョブ!でした…。
2017.09.05 Tue 13:17
Edit | Reply |  

Name - eriemama  

Title - Re: そうなんですよねー

> あれはコピペの何かだったのですね
> (実はみちゃった)
> なんだろう?バグってる??とか思ってました

にゃん先生、ご覧になったんですね?まさにバグってる風でしたよね( ̄▽ ̄;)でも素でした…;;;;

> まあ、明らかに岡部さんのお話の頃のようなひどい幻覚はみてないみたいだし、1巻で真相を知ったことによってちょっと変わったのかなとは思うんですけど。
> 3巻の鈴木さんは恐ろしい感じの幻覚?ではなかったですもんね。

そうなんです…確かに青木のおかげであの救われない感じの幻覚薪さんは過去になったんだとは思うんですけど、本編ではまだ幻覚見たり青木と鈴木さんダブったりフラッシュバックした時はフラッとしちゃったりたじろいだりしてませんでしたっけ…、というのと、あんな楽しかった頃の記憶を何気なく引っ張り出してヤキモチ妬いちゃうような心の余裕を、あのタイミングで既にゲットできちゃってるほどそういう面では強くないイメージが薪さんにはあったもので…(笑)

> でもこんな嫉妬を表せるくらい立ち直ってはなかったような……。

まさにそんなんです、はい(笑)
だって青木のお姉さんの葬儀の際ですら鈴木さんの葬儀やら色々思い出してしんどそうだったじゃないですか…(ー ー;)
薪さんのメンタルが明るく軽いに越したことはないのですが、「引きずる」薪さんに「おいたわしや坊っちゃま( ;∀;)」と密かに涙するのが婆やの常だったものですから、なんかどう接していいのやらスタンス迷います(笑)

> でも青木のまったく悪気のない「肩車しましょうか?」が今回のベストでした。
> ああいうところ、本当青木くんはいいですよねえ〜〜。

いいですよね〜w
あんなん言われたら薪さんもきっと、足蹴にしつつも心ではキュンとしたに違いない…(笑)←どーだか;;;;
2017.09.05 Tue 12:51
Edit | Reply |  

Name - ゆけ  

Title - 2コイチでお願いします!

そうなんですよね~(。´・ω・) 本編で、ゆ…雪子さん……?ってなったのは、そのちょいちょい行き過ぎる行動なだけで、薪さん近辺に近づかなければ、むしろいい姐さんなのは当時から感じてたんですよね…(笑)
だって初登場の雪子さん、スパーンとしててかっこいいですよね(笑)
あの時はけっこうサバけた人だと思っていたのに、あんな女を前面に出して薪さんにまとわりついてくる人だったとは…(笑)

女薪、とかいうから天才系かと思っていたら、めちゃ普通の人だったという…(笑)
優秀なんですけどね;;
当て馬感が徐々に増していった雪子さんなのでした。
でもそこはあんまり突っ込まれないような(笑) 

本編とのギャップ、それはまさにスピンオフだから、ですね(笑)
私はこっち(ギャップあり)の方が楽しいかもしれません(笑) 鈴薪時代、見たかったから(//▽//)
事件が起こらないとお話描かれないだろうし、鈴薪時代にあんまり事件起こらなさそうだし。青木がいないと需要がなさそうな気もするし。

あの薪さんの苦悩……もう私は本編で充分かもですねぇ…
またあそこに戻るのはちょっとしんどいというか。
周りを排除、排除な薪さん。
いや本編より今が好きというわけではなくて、あの本編があるから今が楽しいんですけどね(//▽//)
あの薪さんだったら、京都ひとりで行きそうな気がします。

青木は今みたいに余計なこと考えず、こうやって思い付きで行動してる方がいいですよね♪
でもこの最強青木が出てくるとお話が終わっちゃいそうので、盛大に七転八倒しといてもらいましょう(笑)
お話が終わるまでに私とどっちがいっぱい転ぶかしら……(笑)←…お前だな……
2017.09.04 Mon 01:47
Edit | Reply |  

Name - ねこじゃらしにゃんたろー  

Title - そうなんですよねー

あれはコピペの何かだったのですね
(実はみちゃった)
なんだろう?バグってる??とか思ってました

>それにしてもなんかあっけらかんとした回想シーンでしたね(^^;)全く暗い影はなく、逆に微笑ましいくらい…読んだとき「ん?んん?」と思った

ねー。そうなんですよね。
まあ、明らかに岡部さんのお話の頃のようなひどい幻覚はみてないみたいだし、1巻で真相を知ったことによってちょっと変わったのかなとは思うんですけど。
3巻の鈴木さんは恐ろしい感じの幻覚?ではなかったですもんね。

でもこんな嫉妬を表せるくらい立ち直ってはなかったような……。
想像力豊かに嫉妬する薪さん可愛かったですけどね!本当に鈴木さんのこと大好きだったんですねえ……。

でも青木のまったく悪気のない「肩車しましょうか?」が今回のベストでした。
ああいうところ、本当青木くんはいいですよねえ〜〜。
2017.09.03 Sun 21:57
Edit | Reply |  

Name - -  

Title - 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017.09.03 Sun 13:45
Edit | Reply |  

Name - eriemama  

Title - 鍵コメYさん!(笑)

ぎゃあありがとうございますΣ(゚д゚lll)
何が起こっているの…???(笑)
多分何かの弾みで画面タッチしたんだな;;;;全く確認してないもんだからもうお恥ずかしい( ̄▽ ̄;)

これコピペの前に書いたのも消えてるし最悪ですな;;;;
一旦引っ込めて手当てしますね〜( ;∀;)

> 渦中の人

ホントに(笑)色々すみません(;´Д`A←あれ?なんか長いな?とは思ったんだけど…
ありがとうございましたm(_ _)m
2017.09.03 Sun 04:12
Edit | Reply |  

Name - -  

Title - 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017.09.03 Sun 01:28
Edit | Reply |  

Add your comment