FC2ブログ

メロディ2017年12月号『秘密ー冬蝉 ACT.2ー』レヴュー①

eriemama

こんにちは。
久しぶりのネタバレレヴューです。既読の方、未読だけどオッケー、という方のみおつきあいくださいませ。単行本派でネタバレNGの方は間違って迷い込まれませんよう…。

ところで昨日は「初恋の日」だったそうですが…初恋と言えば、今は薪しゃん…(笑)
いやぁ、前回の記事にも書きましたが、今回の彗星観測のくだり、ほんまに切なかった…( ;∀;)でも、ぽつねんと膝抱えて座り込む寄る辺ない感じの薪さんがなんかカワイくって(笑)まるで迷子のコドモ^^;
そんなん見ているとだんだん、そうかもうこのイタイ思い出はいっそ笑いに昇華してしまえばいいんじゃないの薪さん!とこっそり提案したい気分になったりしたのでした(笑)←人の大切な思い出をアンタ;;;;
あ、そうそう、そういえば鈴木さんへの気持ちが初恋かどうかははっきりした根拠は何もないのであくまで想像です(^▽^;)もしかしたら住田センセとか、隣のクラスの○○くん、とかだったかもしんないですね(笑)←そこ女子ではないのか

それでは、以下レヴューです。



10月号は涙ダラダラで「ここで君に逮捕されるわけにはいかないのです…!」の住田先生とええーっ!?って感じの薪さんで終了したわけですが…そして読者も、ええっ!?何なのこのセンセどうするの薪しゃんいつもの反撃が全くできない感じじゃないのー!?というオロオロした感じで置いていかれたわけなんですが。
当然のことながら、今をときめくJAXAの「すいせい2」プロジェクトの中心人物である住田夫妻が起こした事件(?)はマスコミの注目を一気に集める事態になっていました。
世間が注目したのは「死んだら脳を見てくれ」という科学者たちの遺言に基づき、遺族の許可を得ないまま行われた数件の脳の摘出(その後オリジナルのMRIにかける)が合法と判断されるのか否か、というところで。
実際に2人が問われる可能性があるのは、死体損壊罪と窃盗罪です。
前号のラストから2日後。
地検前には、検察で取り調べを受けるため現れた住田夫妻をとらえるべく、たくさんのカメラや記者たちが集まっていました。おふたりはあの後、そのまま身柄を拘束されこの日を迎えたようです。
『その成功に世界中の期待が集まる探査機「すいせい2」ですが、そのプロジェクトマネージャーの住田教授と妻でありJAXA京都支部部長でもある冴子夫人、この2人にどのような判断がなされるのか!!』
「この住田冴子って…8年前お父さんと一緒に被ばくしたJAXAの部長さん…?」
テレビに映る夫妻の画を見た娘と思しき女性からそう声をかけられたのは、先日の葬儀にもいらしていた細川教授です。
「まだ若くて健康だからだ…」
約束したからな…、と続けながら、教授は住田夫妻がMRIで仲間の脳を見ることになったきっかけを回想していました。
そもそも自分が死んだらMRIで脳を見てくれ、などという遺言を残し優秀な研究者たちがこの世を去らなければならなくなったのは、1つの事故がきっかけでした。
放射能に汚染された研究所内に5時間待機しなければならなかった、探査衛星シールドの開発実験中に起きた8年前の被ばく事故。その時、それ以上の汚染拡大を防ぐため所内に留まった7人の研究者と技術者たちは、最初の犠牲者が出た時に1つの約束を交わしたのでした。
『明日は我が身です。あの被ばく事故の日から私達は運命共同体です。生き長らえた者は先に逝った者の脳を見る、そうやって宇宙工学の発展に少しでも貢献していく事こそ、もはや余命の限られた私達に最善の方法かと…』
その後さらに7人のうち4人が放射性障害が原因で起こるガンや腎不全により亡くなり、現在も存命なのは細川教授とこの時「約束」を切り出した冴子夫人。でも、細川教授はご高齢のようなので、故人の遺志に従い行動を起こしているのは当事者である冴子さんと夫であり「約束」が交わされた場にも立ち会っていた夫の住田先生、ということのようです。
――お茶をどうぞ…細川教授
そして。
先日の葬儀で冴子さんがそう声をかけてきた時、教授の目に入ったのは喪服の袖口からのぞく彼女の腕でした。内側が変色した細い腕。
(あの腕)
(イヤな色の痣だった)
(冴子さんまさかあんたまで)
前号で薪さんは残った2人は今のところ異常所見なしと診断されている、と仰っていましたけれど…それにしてもよくお気づきになりましたね、教授。ご自身の体調の変化にも敏感にならざるを得ないだろうから、他人の些細な異変にもパッと気付けるのかもしれないですが。
「あらやだ!!お父さん大丈夫?ちょっと熱が…」
体温計を確認した娘さんが言い終わらぬうちに、杖を持つ手がぐらっと揺れ、教授はそのまま倒れてしまいます…。
「お父さん!お父さん――っ」



一方地検に入ろうかという住田夫妻…。
「冴子さん?」
じっと自身の手首のあたりを見つめる妻に目を止めた住田先生が声をかけます。
「大丈夫」
クールかつ気丈に応じ、ジャケットの袖でさっと露わになっていた部分を隠すようにして、さあいくわよ、と出陣する冴子さん…そちらに向けてすっと住田先生が手を差し伸べていますが、ほんとに仲良いんですね。

「薪さん」
同じ頃、テレビの正面に立ち画面を食い入るように見つめていた薪さんに気づいた青木が声をかけます。その口元にはいつものように左手が添えられ、集中モードなのが見てとれます…。
『2人揃って今地検に入ります。住田さん!』
中継するリポーターの声が2人に向けられます。
『「脳」を見る事は牧野博士の遺言だったというのは本当ですか!?』
『何故このようなことを!?』
『「すいせい2」の打ち上げに影響は!?』
矢継ぎ早に繰り出される記者からの質問には黙ったまま答えず、俯き加減に住田先生に続く冴子さんですが…。
『教授コメントを……!』
そこで不意に、立ち止まった冴子さんがくるっと記者の方を振り返ります。
『住田さん?』
夫妻に付き添っていた男性が背後から声をかけますが、冴子さんはスルー…気づいた住田先生も振り返っておられます。
『何故?』
その様子を画面越しに凝視する薪しゃん…。
『あなた今私に何故とおっしゃった?』
どうでもいいですが私、冴子さんの喋りを何故だかデヴィ夫人に変換して読んでしまいます(^^;;すみません、ホントどうでもいい…( ̄▽ ̄;)
『では何故私達は「臓器移植」を?何故「献体」を?』
『…………え…?は?』
めっちゃ質問責めにしたけど、てっきり無視したまま地検に入ってくんだろーなー、っていう気でいたんでしょうか(⌒-⌒; )突然切り返されて、しかも話の繋がりが見えにくい逆質問されて戸惑うどこかの記者さんがちょっとかわいそう(笑)
唐突に臓器移植や献体なんて言葉を出され記者の男性は苦笑しか返せませんせしたが、この2つは先日も脳の摘出中に乗り込んできた薪さんたちとのやりとりの中で彼女が口にしていたものです。薪さんたちと住田先生は固唾を呑んで見守ります。
『…「献体」や「臓器移植」はケースにもよりますが、死んでそのまま荼毘に付され土くれに還るだけならばせめてその前に自分の体を人の役に立てたい――立てて欲しい。そういった沢山の人々の「思い」「犠牲」から生まれ発展した素晴らしい制度で、今私達が高い医療技術と薬を享受出来ているのはその制度のおかげでもあるのです』
カメラの前で熱弁を振るう冴子さん――これ、ここだけ聞く限り言っていることはよくわかるし皆だいたいウンウン、だと思うんですよねー…。ただ、薪さんの前で献体や移植の話を出してきた時も思ったけど、今回の事例は別に医学の発展とか人命とかに結びつくケースではないんじゃないの?という引っかかりを憶えてならないわけですよ;;;;それとも科学の発展のため自身の脳をMRIで見てくれ、というのも広い目で見れば「献体」よ、って言うんですかね?一緒にしていいものなの…?(・・;)
『ならば何故、何故今「脳」だけが「使われない」のか?何故未だに脳だけは使っては「いけない」のか?』
冴子さんの発した問いに、ハッと息を詰める青木と、険しい表情の薪さん…。
唯一死者の「脳」を「使う」ことを許されているのが第九です。犯罪の真相を暴き正しく罪を裁くためという大義名分だけが通り、どうして人類全体が広く恩恵を受けられる医学や科学の発展のためにはその使用が許されないのか。そうは言っていませんけど、これってそういう挑戦的な台詞にもとれなくないですか…?(・_・;
ただ、そういう問題提起をするならするで、献体云々、遺言云々っていう免罪符を手に実際に「脳を使って」からではなく、もっと前にきちんと世の中に問うべきだと思うんですけどね…。何故なのって問いながら誰とも議論さえせず、おかしいでしょ、っていう持論だけで直ちに行動しちゃうのは危険すぎる…そもそも第九が許されている「脳を視る」という行為自体倫理的問題や様々な危険性を孕んでいるからこそ、MRI捜査は慎重に導入されなければなかったわけで、そこに身を置く薪さんたちはこの先も存在意義や正当性を問われる機会と無縁ではいられないわけですもんね…そういうの、薪さんと親しくして何度も第九に出入りさせてもらっていた住田先生なら察しがつくと思うんですけど。夫婦間ではそういう話、しなかったのでしょうかね?
『冴子さん…!』
住田先生が制するように声をかけますが、耳に入らないのか綺麗にスルーする夫人…。
『同じように「脳」もまた後世のため「役」に立てるべきだとは思いませんか!?しかも、今回はしかも「故人」が自ら「そう」望んだのです!!』
そりゃあ最終的には心からそう望んで亡くなっていった人もいたのかもですが、最初にそういう流れに持っていったのは彼女のような気もするんですけど…;;;;(だって細川教授の回想シーンの中では、神妙に冴子さんの言葉を聞き入れている風のおじ様もいれば、え?みんなそれでいいの?みたいな戸惑い気味なおじ様もいたような^^;)
『津久井先生、長田先生――それから牧野先生達偉人が、自分達の「脳」を見て宇宙工学の研究に役立てて欲しいと願った。「だから」こそ住田はその遺志を汲み――「脳」を見、そうやって奇跡ともいえる「すいせい2」が「ようやく」完成した…NASAでもASE(欧州宇宙機関)でも造れなかった「すいせい2」を日本で造れたのはあれが、あれが文字通り複数の「偉人達」の知識と情報量の――「思い」の結晶だったからです!』
見事なスピーチを大勢のマスコミの前で堂々と繰り広げる冴子さんの様子を、口元を引き締め拳を震わせながら見つめ続ける薪さん…青木も小さくひとコマ(笑)←12月号のこのついで感(笑)
『それでももし、もしこのあと住田と私の行いが間違いだと――非合法であるとの判決が地検で下される事になればその時は――その時は、非合法の産物である「すいせい2」の打ち上げも中止にすべきと!』
『冴子さん…!』
奥さんえらいこと言いだしましたよ?センセイ(^^;)中止だって。
それにしても冴子さん、犯罪捜査以外の目的で他人の脳を視ることの是非と今や日本中、世界中の注目を浴びる壮大なプロジェクトとを天秤にかけるつもり…?;;;;
『それが「筋」というものだと考えますが、皆様いかがでしょう!!』
強気にスピーチを締めくくった冴子さん…なんだかすっかり事件の当事者側の主役が住田先生から彼女にシフトした印象です(^^;)
「『すいせい2』を…中止……?」
薪さんの背後からテレビを見つめながら、唖然とそう呟く青木。
「何て事。出来るわけない、そんな…宇宙センターではもう打ち上げ準備の最終段階に入ってるのに…」
そうやんね青木…それにしても今回台詞も見せ場もからっきしだね(笑)
今さら何言い出してくれてんねんおばちゃん!!ってきっとJAXAのお偉いさん達大騒ぎになっている事でしょう( ̄▽ ̄;)これまでにとんでもない額のお金だって注ぎ込まれてるでしょうしね、何も計画の中心にいた科学者や技術者に限らず、ほんとにたくさんの人たちの努力と夢の結晶でもあるんですからね、こういうのは。
けど。
薪しゃんの気がかりは微妙に別のところにあるようです。
(何て事を)
画面の向こうの冴子さんを、鋭い目で見据える薪さんなのでした…。

(つづくー)
天才同士の対決は住田先生vs薪さんかと思いきや冴子さんvs薪さんの様相を増して来ましたね…。
そしてなんてコッタ、パンナコッタなところで切ってしまいましたが、監査入ってバタバタ、次のお休みは義実家帰省など入っておりゆっくりな更新になりそうな予感です(・・;)
早く萌えコマに辿り着きたい…引き続き、宜しくお願い致しますm(_ _)m
関連記事
スポンサーサイト
Posted byeriemama

Comments 2

There are no comments yet.
eriemama  
Re: ねえねえねえねえ

> ちょっと奥さん、
> レビューの内容にほぼ関係ないんですけどね?
> この冒頭テレビ見てぶるぶる薪さん震えてる場面だけどォ、どこかしらね?( ゚∀゚)
> ホテル?ホテルかな?ホテルだといいなあ!と思って追いかけると、少しだけ青木の後ろにソファーらしきものが見えるんですけどホテルかしら!?

いやだ奥さんってば目の付け所が!(*゚∀゚*)
ちょうど私も一体2人とも何日連泊するのかしらそんなんしてたら嫌が応にも関係も深まるってもんでしょうだから3巻の「オレが支えますから」なのかしらもうそれでいいよって思っておりましたの〜!(´∀`*)

> お二人はこの間お泊まりだったのかしら?
> お部屋は?ツイン?順番にお風呂入ったの?一緒でもいいけどいきなりはねえ。

まぁまだ知り合って1年ですしねぇ、順番ってところですかしらねぇ?でも次の日、同じシャンプーの匂いとかちょっと良くありません?∩^ω^∩
その後はバスローブで2人きりの捜査会議…からのー…////

…って(^◇^;)
立派なテレビの横にホテルにしてはごちゃごちゃしたファイルっぽいものが入った棚があるんですよねぇ;;;;なので先に到着した地検の一室かしら?とか思ってたんですけど。この後夫妻と…いや検事と(?)やりあってますし、薪さん(笑)←冷静か

> 隣の奥さん風にお届けしました。( ・ω・)ノ

井戸端会議風(笑)ありがとうございました、楽しい…(笑)
ところで奥さん、帯状疱疹やったんですって?ピリピリ痛は要注意ですね(笑)
余談ですけど、うちのチビがよくなる水イボ、あれも最初汗疹とか虫刺されと区別つき辛くて、うっかりステロイド使うとかえって酷くなるんですよ(・・;)病院行くの大層やしなぁ、って私もつい自己診断で常備薬や市販薬使っちゃうんですけど、薬ってそういうのあるから厄介なんですよねぇ(←悪化させて皮膚科で怒られた子)。まぁでも、後は日にち薬…とりあえずは良かったです。お大事に(^^)

2017/10/31 (Tue) 23:08 | EDIT | REPLY |   
なみたろう  
ねえねえねえねえ

ちょっと奥さん、
レビューの内容にほぼ関係ないんですけどね?
この冒頭テレビ見てぶるぶる薪さん震えてる場面だけどォ、どこかしらね?( ゚∀゚)
ホテル?ホテルかな?ホテルだといいなあ!と思って追いかけると、少しだけ青木の後ろにソファーらしきものが見えるんですけどホテルかしら!?
お二人はこの間お泊まりだったのかしら?
お部屋は?ツイン?順番にお風呂入ったの?一緒でもいいけどいきなりはねえ。

隣の奥さん風にお届けしました。( ・ω・)ノ

2017/10/31 (Tue) 22:36 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply